諸般の事情で、Windowsを急遽、20H2にした。75分で終わった。前のSSDだったら、1日かけても終わっていなかったな。ていうか、たぶんSSDの寿命が尽きていた。ほんと、交換してよかった。

 で、関連付けが初期化されていたらいやだなと思っていたが、そういうことはなかった。IMEの登録単語も引き継がれていて、とくに問題なし。この文章は新MS-IMEで打っている。ミスタッチは、すごく多い(トホホ)。

 トラブルは、エディタの「起動時にIMEをON」が無効になってしまうことなどいくつか。ちょっと困るが、まあなんとかなる。とりあえず、もう少し使ってみないと、いろいろ書くことはできないね。さて、どうなることやら。

 11月16日。

 10時に出撃。気温、あがったねえ。連光寺はやめて、いろは坂を1本。3分30秒は、たぶん自己ベスト。補給はカレーパンといつものチーズクリームパン。

undefined

 愛宕を2周して帰宅。一部着替えて、神金さんへ。いろいろ相談して、結局、スプリンタースイッチは外すことにした。バーテープを巻き直してもらって、またまた帰宅。走行距離は50.4km。

undefined

 パソコンの異音、きのう友人から、「電源ファンのベアリングがヘタって、低温でグリス粘性が低くなるときれいにまわらなくなっているのではないか。それで、(ケースの開閉等により)ファンに刺激が加わったり、風圧でファンがかすかに逆回転したりすると、するっとまわる状態になっているのでは」というアドバイスがあり、めちゃ納得した。なので、今朝、ヨドバシカメラに電源を注文した。

 ヨドバシ、すごい。午後7時半に届いた。じゃあというわけで、夜の8時過ぎから電源交換手術。こんなのすぐにできるはずと思っていたら、コネクタがやたらと固くて抜けない。マザーボード割ったらおしまいなので、超慎重に作業し、時間をかけて引き抜いた。予定まる狂いだよ。明らかに睡眠時間が減る。

undefined

 午後9時に手術完了。神に祈りながら、スイッチオン。あっけなく動いた。しかも、びっくりするくらい静か。やっぱりベアリングがへたったことで発生した偏芯でけっこう音がでていたんだね。

 11月17日。

 一夜明けて、パソコン、すげー静か。稼動していないみたい。朝の起動時にでていた異音はほんの一部だったんだね。ほかにも、細かい音がいっぱいでていて、それがけっこうな騒音になっていたらしい。でも、耳が慣れてしまっていて、そんなものだと思っていた。前の電源は、メーカーの保証期間が2年って書いてあった(単体で買った場合はね)。2年と5か月で交換なら、まあ仕方がないか。

 友人がWindowsの20H2ではMS-IMEのカスタマイズができないと教えてくれた。それは、やばい。WX時代から、フルカスタマイズしたキーアサインで何十年も原稿を書いてきた。でも、それはけっこうたいへんだった。パソコン買い換えのたびにキーアサインのやり直しが必要だったから。

 実は、ちょっと前まで、ローマ字入力も独自仕様だった。しかし、それはなんとか標準に直した。直ってみれば、標準はいろいろと楽でいい。

 問題は、IMEのキーアサインはローマ字どころの違いではないこと。この年で、身に染みついた指の動きを修正できるのかどうか、いささか自信がない。しばらくどころか、かなりの時間、ミスタッチがつづくことになる。それに耐えられるのだろうか。

 でも、絶対に標準にしたほうがいいと考え、MS-IMEの標準キーアサインで行くと決めた。となると、もう20H2にしちゃったほうがいいかなと思いはじめた。20H2なら、いざとなったとき、旧バージョンのIMEに戻せるし。心配なのは他のソフトで不具合がでるかもしれないこと。そこは、ちょっと心配である。

 11月18日。

 キーアサインを一部だけMS-IME標準にしてみた。しかし、がんがん書かないと、馴染むことができないと考え、真面目に執筆。こういうことがないと、原稿を書こうとしないやつ。>わし。

 だが、ずうっと原稿を書いていると、どんどん具合が悪くなっていく。仕事は、からだによくない。シャイニングでジャック・ニコルソンが言ってたとおりだな。

 11月19日。

 通常は金曜日に走るんだけど、あしたが爆風予報っぽかったので、きょう出撃した。気温が高いので、秋のウェア。連光寺を1本走ったら、向かい風で、それに負けた。なので、すぐに補給。

undefined

 気をとり直して、愛宕。風、どんどん強くなる。2周回して尾根幹へ。公園で撮影して帰宅。走行距離は42.6km。ちょうどいいくらいかな。尾根幹の紅葉はほぼ終わっていて、道路は落ち葉だらけ。滑りそうで、怖い。

undefined

 ところで、うちのパソコンだ。異音は消えたが、もうひとつ懸念があった。少し前から全般に動きがもっさりしてきたのだ。ていうか、あからさまに反応が悪い。テキストファイルのひらく閉じるすら異様に時間がかかる。

 Windowsの蓄積疲労で遅くなるという話があったのでそれかなと思っていたが、なんか違う。わたしの勘が、「これはSSDの老化だ」と告げている。500GBのSSDだけど、ファイルも増えて、容量的にも不安があった。

 じゃあ、1TBに乗せ換えだと決断し、ヨドバシに注文。例によって、朝頼んで夜に到着した。昨夜のことね。しかし、この前、夜作業で懲りているので、きょう街道走行してからはじめることにした。

undefined

 午後、開始。はじめてのチャレンジだったが、うまくいった。クローンコピーして入れ替え。なんということでしょう。何もかもきびきびと動く。もっさり感は皆無。そうだよ。このPCを買った直後がこうだったよ。やっぱりSSDが寿命を迎えようとしていたんだ。HDDに比べると、SSDは短命だね。いろいろ勉強になった。