日々是口実

日々是口実

HOME
BACK NUMBER

 2007/06/30 (Sat)

 6時半起き。……のはずだったが、10分ほど粘ってしまった。6時15分に自然覚醒したとき、そのまま起きなかったのが失敗だったな。朝食のあと新聞を読んで、書斎へ。8時5分から朝のアニメタイム。

 10時半から日本テレビ「打鐘! バンクに賭ける青春 愛と涙の競輪学校物語」を見る。ああ、競輪学校の33バンクだ。わたしと蛮ちゃんの指導を担当してくださった関谷敏彦教官も最後の最後でちらっと登場。中身は、長いタイトルのとおりである。並行して前橋競輪のGI、「寛仁親王牌世界選手権記念トーナメント」をインターネット中継で視聴する。

 12時40分、駅前のスーパーまでちょっと行ってくる。13時過ぎに帰宅。書斎で執筆&アイデア構成。BGVは引きつづき前橋の競輪である。風に影響されない335メートルのドームバンクは、予想がむずかしい。逃げが決まらないのはけっこう意外だった。

 15時から競輪はテレビ中継に移動。しかし、この放送、第11レースが佳境(残り3周)に入ったところでいきなり終了してしまう。唖然。あわててインターネット中継で補完する。競輪中継は油断ができない。

 夕方から、またアニメタイム。メジャーは第3シーズンの最終回。今シーズンは本当に最初から最後まで作画がよかった。大貫健一作監の力だろうね。すばらしい。夕食後、リビングではアンダルシアの夏。わたしは入浴。書斎に戻ってからはアド街を横目視聴で執筆を続行する。22時40分に店仕舞い。23時に寝た。

 2007/06/29 (Fri)

 6時半起き。曇り。予報がよくないので、きょうは早めに多摩サイ走行をすませるつもりで動いた。食事をして、書斎へ。メールチェックだけをして、出発準備に入る。8時半くらいに家をでた。多摩サイだけを走り、10時半に帰宅。ちょっともがいてみたりしたので、10分だけローラー台でクールダウンをする。そのあと、頼まれものを買うため、すぐにママチャリで再外出。ホームセンターとスーパーをまわる。

 12時に帰宅。足だるだる。さすがに動きすぎた。昼食を食べ、書斎でぐったりする。しばらくしてからもろもろの片づけと原稿執筆を開始。15時ころからBGVをインターネットの競輪中継に変える。宇都宮がきのう終わったため、きょうは熊本と立川だけ。ボス、強い。ビノクロフも強い。ニムケ選手、惨敗。立川は最終レースが雨。外を見たら、調布も雨になっていた。予報よりは降りだしがちょっと遅かったかな。

 夜も執筆。BGVはポチたまSP。アイドル犬ネロが異様にかわいい。21時からは適当にザッピング。22時45分までつづけて、店仕舞い。23時5分に寝た。

 2007/06/28 (Thu)

 6時半起き。曇りっぽい晴れ。やはり、少し早めに目が覚める。寝汗のせいもあるんだけどね。食事をして書斎に入る。眠い。うつらうつらしながら、もろもろの片づけをする。で、そのあとは原稿を書く。外出予定は、なし。書斎に終日ヒッキーである。

 昼食以外はこもりっきりで15時になった。インターネットで競輪を見る。宇都宮、立川、熊本と3か所の競輪中継をつぎつぎと追っかける。そこで国際競輪がおこなわれているから。しかし、立川の中継は本当によくない。こんなF1グレードのレースで、放送がしばしば途切れる。というか、途切れっぱなしになる。サーバの強化をお願いしたいなあ。これではまともに視聴できないよ。

 21時からK-1ワールドMAX。うん、やはりミドル級のほうがおもしろいね。もう少しKOが多いと、観客的にはもっといい。でも、これだけハードな試合を見せてくれるのなら、文句はない。最後まで見て、店仕舞い。23時10分に寝た。

 2007/06/27 (Wed)

 6時半起き。しかし、少し早く目が覚めてしまい、結局、鳴る前に目覚ましを切って起きだしてしまった。もっと熟睡したいなあ。食事をして書斎へ。もろもろを片づけて、9時半過ぎくらいから出発準備。10時10分に家をでて多摩サイに行く。まだ疲れが残っているので、多摩サイだけを走る。途中でシートポストの高さ調節をする。ちょっと高くしすぎていたので、1.5ミリ下げた。12時15分に帰宅。陽焼け止めを落とすため、クレンジングしてシャワーを浴びる。

 14時、ちょいと駅前に行き、銀行に入る。用をすませて、即帰宅。以降は書斎にヒッキー。午後はうだうだと原稿を書く。15時くらいからネットで国際競輪の視聴。きょうは3か所で開催されているので、ザッピングが忙しい。

 夜も原稿書き。テレビは邪魔にならないテレ東の旅と温泉。店仕舞いは22時半。22時45分に寝た。

 2007/06/26 (Tue)

 6時半起き。曇り。眠い。7時まで寝ていたかったが、目が覚めてしまった。疲れきっているという感覚はないが、からだの深いところに強い疲労感がある。まあ、遠出をしたあと起きる、いつもの現象なのだが。

 朝食を食べて書斎へ。もろもろを片づけたいが、ぐったり。とりあえず、テレビはツール・ド・スイスの最終ステージにしておく。でも、つづけて見ていられない。すぐに眠くなる。ちょっと寝ては起きて視聴の繰り返し。もろもろもぜんぜん片づかない。

 で、気がつくと、昼。昼食を食べて書斎に戻り、うだうだと作業をする。競輪学校レポートもまとめなくてはいけない。原稿も書かなくてはいけない。だが、からだは動かない。そんな感じで、時間だけが過ぎていく。もちろん、外出はいっさいなし。完全ヒッキーである。

 夕方、宇都宮国際競輪のラスト3レースだけ見る。これまで絶好調だったムルダー選手ひとりが着外に沈んだ。あしたからは立川でもはじまる。きのう競輪学校で会ったニムケ選手が出場するため本場に行きたいのだが、いまはそれどころではない。残念。

 夜はヒストリーチャンネルと鑑定団。22時過ぎに店仕舞いし、22時40分に寝た。23時まで粘るつもりだったが、それは無理だった。

 2007/06/25 (Mon)

 4時起き。曇り。必死で起きた。雨はやんでいた。まず食事。それから書斎へ。急ぎ出発準備をはじめる。時間があまりにも早いので、サスケはおとなしい。ぐっすりと寝ている。

 5時半に家をでる。自転車で駅前に行き、そこから京王線。6時半、新宿で待ち合わせである。着いたらすぐに蛮ちゃんがきた。しばらく待つと、月刊競輪のWさんが車で到着。伊豆に向け、出発する。途中、東名高速で小雨になった。ちょっとまずい。

 10時過ぎ、競輪学校に着いた。雨はやんだ。でも、雲が低い。気温も低い。きょうは競輪学校そのものの取材である。生徒たちの環境や生活、日常のあれこれを拝見させていただく。この詳細は「月刊競輪」で連載中の「けいりん日記」で書くことになる。

 で、競輪学校のもろもろを見学し、授業風景を見て、昼食を生徒たちと一緒に食べ、33バンクをコーチ付きで疾走してきた。競輪学校のみなさん、本当に親切である。バンク走行は、すごく楽しい。クールダウンを兼ねて、3本ローラー台もしっかりまわしてきた(これは、自宅でふつうにやっていることだけど)。

 校内施設では、やはり登坂走路が圧巻であった。勾配は最大で約30%(よくテレビのバラエティ番組で30度などと紹介したりすることがあるが、あれは%と度の区別がつかないから。30%は16.7度である)。しかし、30%というのはすごい。生徒たちはここをギヤ比3.2以上のピストで登りきる。坂も坂だが、登るほうも登るほうである。

 競輪学校の登坂走路

 17時くらいに取材終了。帰路についた。調布駅に戻ったのは21時過ぎ。まだ本屋があいていたので、アオバ自転車店の20巻を買った。帰宅し、着替えて荷物を片づけ、風呂に入った。それから書斎にこもり、アオバを読んでしまう。眠いのに。

 アオバ、今回はノンブレーキ・ピストの公道走行問題を扱っている。さっき、それで33バンクを走ってきたばかりだ。あれで公道を走るなんて、とんでもない話である。競輪選手並みに走れるようになっても、ノンブレーキではやりたくないね。

 しかし、アオバで解決策のひとつとして示されているONブレーキ・ピストは、ちょっと微妙だと思う。ブレーキなしのピストで公道を走りまわっている連中は、ピストそのものをかっこいいと思っているわけではない可能性が高いからだ。かれらはノンブレーキのピストで、スキッドやウィリーなんかをしたりするのをかっこいいことだと思っている。こういうブログなどを読むと、それがはっきりとわかる。こちらとかこちら

 だから、どんなにブレーキの存在を目立たなくしても、そういうピストを見て「かっこいい」とは言わないのではないだろうか。そんな気がしている。やるべきことは、やはり警察当局による徹底した取り締まりだけじゃないかな。これは、本当に困った話である。この漫画をきっかけに、当局がその状況の深刻さをはっきり認識してくれることを強く望む。

 などとつぶやきながら読んでいたら、いつの間にか23時を過ぎていた。いかんいかん。あわてて店仕舞い。23時20分くらいに寝た。あしたは朝寝してやる。

 2007/06/24 (Sun)

 4時半起き。晴れ。着実に調整は進んでいるが、眠い。リビングにいられないので(サスケが起きてしまうから)、さっさと書斎に入り、ツール・ド・スイスを見る。6時45分まで視聴ともろもろの片づけ。その後、朝食を食べ、サスケもごはん。

 8時半から日曜朝のアニメタイム。グレンラガンから鬼太郎、ワンピース、ハヤテ。合間に5500のチェーンを洗う。見終えてから、あしたの準備をはじめる。いろいろ持っていくので、けっこうたいへんである。

 昼食後、ちょっとスーパーまで。すでに雨が降りはじめている。急いで往復。帰宅後は、またあしたの準備のつづき。夕方以降は書斎にヒッキーとなり、競馬と競輪と執筆。競輪は別府記念の決勝戦。

 夜は執筆。BGVはK-1 アムステルダム。つい手が止まってしまうほどの試合は見当たらない。というか、最後2試合はどーしようもない内容だった。もうヘビー級はだめかもね。見終えて、すぐに店仕舞い。21時に寝た。

 2007/06/23 (Sat)

 5時起き。晴れ。眠い。時間調整をしている。いろいろあるんだよ。起きても、サスケの生活時間が狂うからリビングには留まれない。書斎でメールチェックなどをしてから、6時前に自転車部屋に行き、ローラー台をまわす。45分。足だるだるだった。で、7時から朝食。サスケもごはん。Jさんが来宅。とあるものの受け渡しをする。

 8時からアニメタイム。「精霊の守り人」、ルチャなんだから覆面をかぶればいいのに。そうすれば、顔を見られることはない。彩雲国はゲストトークで1回お休み。ケロロのあと、10時半過ぎに家をでて駅前に行く。整形外科で首の牽引。ついでにユニクロによって帰宅。

 家に戻ってからは書斎でヒッキー。とりあえずツール・ド・スイスを見る。見ながら、もろもろをやる。やりたいこと(やるべきこと?)はいろいろあるが、動きたくないので、書斎からでない。途中、森下一仁さんが来宅。掘りたての新鮮じゃがいものおすそわけ。ありがたい。家内はすごく喜んでいた。

 夕方から、またアニメタイム。ラブ★コン、メジャー、電脳コイル。夕食後は執筆に専念。21時ちょい前に店仕舞い。しかし、寝るタイミングをミスり、就寝時刻が21時20分を過ぎてしまった。あしたの4時半起き、ちょっとつらそうである。

 2007/06/22 (Fri)

 6時起き。目が覚めたところで起きた。小雨。曇りの予報だったが、もうぽつぽつと降っている。まずはリビングで新聞を読む。ゆっくり読んで、6時45分くらいから朝食を食べる。食後は書斎に入り、ツール・ド・スイスを見る。見ながらもろもろの片づけ。昼すぎからDVD-R焼きもはじめる。

 14時を過ぎたところで見たい番組がなくなり、さっき見終えたばかりのTDSの再放送をつけておくことにする。2度目だから、執筆の邪魔にはならない。雨は本降りになった。テレビは16時半からジロの再放送。これも見てしまう。

 夜まで執筆。完全ヒッキーになった。夕食後は、ポチたまから所さん。所さん終了と同時に店仕舞い。時間調整に入ったので、21時半に寝た。

 2007/06/21 (Thu)

 6時半起き。曇り。食事をして書斎に入り、ツール・ド・スイスを見る。見ているうちに、天気がどんどんよくなっていく。きょうは息子の頼まれものを探しに、多摩サイ脇にある自転車ショップに行かなくてはいけない。それなら、そのまま走ってしまおうというわけで、9時半から出発準備。

 2往復目の途中でショップに入るためストップする。そこへ年配のローディがやってきた。声をかけられる。わたしの本を読んで自転車に乗りはじめ、体重も落とすことができたと言われる。実にもう喜ばしいことだ。

 ショップに入って、ブツを探す。ない。残念。多摩サイに戻り、走行をつづける。稲城大橋の下での現場検証、まだ3人ほど警察官がいた。詳細は新聞で読んだ。やはりホームレスが襲われたらしい。右腕骨折だとか。物騒である。

 12時15分に帰宅。書斎に戻ってスイスのつづきと競輪の視聴。そして、もろもろの片づけと原稿執筆をする。14時過ぎにちょいと近所のスーパーまで、帰宅後は競輪と執筆を再開。

 夜はNARUTO。それと松戸のナイター国際競輪。20時からはジロの再放送(他に見たいものがなかったから)。21時半くらいからとんねるずに移動。22時に時間を間違えて店仕舞い。ちょっと早かった。でも、眠いからいいやということで、22時半に寝た。

 2007/06/20 (Wed)

 6時起き。いや、10分くらいはこぼれたかな。よく覚えていない。喉はかなりよくなっていた。違和感が残っているものの、痛みはほとんどない。食事をして、書斎に入る。まずはツール・ド・スイス。途中まで見たところで、多摩サイ出発準備に入る。調子がいいので、きょうは走ることにした。天気もいい。晴れて気温が高い。

 9時半過ぎに家をでた。途中で、帰宅するJKさんと遭遇。稲城大橋の下で警察が現場検証のようなことをやっているという情報をもらう。なんだろう? とにかく行ってみる。

 稲城大橋の下は、警察官だらけだった。まさしくこれはけっこう大きな事件の現場検証である。ここは、以前、ホームレス同士の殺人事件があった場所だ。というか、わたしがホームレスのママチャリに進路をふさがれて頭から落車したことでもよく知られている(嘘)。

 12時ちょい前に帰宅。天気予報を見る。それから着替えて、書斎へ。ツール・ド・スイスのつづきを見る。16時半、家内と駅前のスーパーへ。ソックスを1足だけ買う。戻って、原稿執筆。BGVは松戸のナイター競輪。テオ・ボスが小嶋選手と対決する。これは見逃せない。結果は小嶋選手の1着でボスは2着。小嶋選手、強い。

 夜のテレビはザ・ベストハウス123から世界バリバリ☆バリュー。途中で視聴を打ち切り、22時半に店仕舞いして、22時45分に寝た。

 2007/06/19 (Tue)

 6時半起き。喉、寝る前より少し悪化している。なかなかよくならない。天気は晴れ。こういうときに限って好天がつづく。食事をして書斎へ。まずはツール・ド・スイス。寝違えたのか、首も痛い。

 スイスを見終えたところで、駅前のドラッグストアに行き、薬を買ってくる。店員、レジ打ちをミスった。おかげで時間がかかった。11時前に帰宅。ニュースと競輪を見ながら、もろもろの片づけに入る。

 昼食後、夏物と冬物の入れ替えをする、前にも半分だけやったのだが、もう気温的にも大丈夫だろうということで、すべてを入れ替えた。これで冷えこんだら、ちょっとまずい。終わったところで書斎に戻り、執筆。BGVは高松競輪とRAWの二本立て。RAWはたまたまやっていたから、つけておいただけね。あまりおもしろくない。

 夜まで執筆。夕方から川崎の国際競輪の最終日を見る。21日からは鑑定団。喉の痛みがとれないため、鑑定団を見終えたところで店仕舞い。きょうも21時半に寝た。

 2007/06/18 (Mon)

 6時半起き。喉、ひじょうによくない。曇り。食事をして、薬を飲む。多摩サイ走行は無理と判断する。書斎に入り、とりあえずツール・ド・スイスの録画をたらたらと見る。10時半からは、パソコンで高松記念も流しておく。

 午後、14時くらいから症状がさらに悪化する。さすがに思考能力もなくなってきたので、システムダウンを選択。ベッドに倒れこむ。17時まで寝た。寝汗びっしょり。暑かった。起きると、かなりからだが楽になっていた。喉はまだイガイガしているが、思考能力は戻った。書斎に移り、競輪をBGVに原稿を書きはじめる。

 夕方、競輪は高松記念から川崎の国際競輪に移る。夜のテレビはコナン。軽く入浴し、21時に店仕舞い。とっとと寝て、早く風邪を癒したい。21時半に就寝した。

 2007/06/17 (Sun)

 6時半起き。6時くらいからうとうと状態。喉は少しだけ楽になった。晴れ。いい天気だ。軽い朝食を食べて書斎に入り、アニメを見る。グレンラガン、アディーネの「氷の微笑」が印象的である(おい)。

 10時半ちょい前くらいに家をでて、産經新聞販売店経由で神金さんまで行く。神金さんでメンテを頼んでいたホイールを受け取る。しばらくしたら、JKさんがきた。本を借りる。11時2分前にNさんとGさんが車でやってきた。Nさんに頼み、ホイールを家まで運んでもらう。ホイールを置き、すぐ神金さんにUターン。すでにGさんのロードのメンテがはじまっている。11時20分にいったん神金さんをでて、下布田のガストに向かう。

 ガストで栂池の反省会。あれこれ話す。声、どんどんしわがれていく。しゃべりすぎて、ほとんど掛布状態だ。まずい。反省会は12時半くらいに終了した。神金さんに戻る。Gさんのロードを使い、神金さんでメンテ講座。すごく勉強になった。

 13時半くらいに散会。わたしは近所のドラッグストアに行く。そこでバッグを神金さんに忘れてきたことを思いだし、とりに戻る。やれやれ。で、帰宅したら、息子のママチャリに異常が起きていた。あちこち電話して、パーツの在庫がないか訊いてみる。どこにもない。規格が古いのだ。仕方がないので、ごまかして組み直す。

 夕方、戻ってきたホイールを5500に装着した。17時に試走を兼ねて神金さんへ。ディレイラーの調整をお願いする。18時前に帰宅。書斎に入る。ようやく執筆開始だ。22時までつづけ、店仕舞い。早く寝るつもりだったが、けっこう遅くなり、22時半過ぎに就寝した。

 2007/06/16 (Sat)

 7時半起き。やはり喉の痛みは悪化している。でも、休んでいるわけにはいかない。朝食を食べようとする。しかし、電子レンジが動かない。スイッチを入れても、まったく反応なし。もしやコンセント? と思って、コンセントを変えてみたが、だめ。ということは、電子レンジ本体の故障である。で、とりあえず、べつの方法で食材を温め、食事をすませた。

 書斎に入って、アニメ視聴。ケロロ軍曹を見終えたところで、どうするかを家内と相談。電子レンジの買い換えしかないということになり、自転車で三鷹のコジマに行く(ちょうどチラシが入っていたから)。

 電子レンジを買う。かなり大きくて、重い。さすがに自転車の荷台で運ぶには無理がある。諦めてタクシーで運び、自転車はあらためてとりに戻ることにする。しかし、タクシーがこない。この道路、タクシーがあまり通らない。

 このままではいつ帰れるかわからないので、やむなく、三鷹にいる友人、Uさんに電話してみる。Uさん、うれしいことに、助っ人を快諾してくれた。いやあ、大助かりである。感謝感謝。

 Uさんがきたので、電子レンジを預け、わたしは自転車で家に帰る。玄関に入ると、ちゃんと電子レンジが届いている。Uさん、ありがとう。本当に助かった。

 昼食を食べ、それから電子レンジを入れ替える。だが、新しい電子レンジも動かない。よく見ると、ブレーカーがひとつ落ちている。そのブレーカー、電子レンジのプラグを挿していたコンセント専用のブレーカーらしい。おそらく電子レンジの故障で過電流が流れ、それでそのブレーカーが落ちたのだろう。ということは、ブレーカーをオンにすれば、問題は解消されるはずだが、それがちょっと怖い。過電流でコンセントに損傷が生じている可能性があるからだ。そこで、工務店に電話し、電気屋さんにチェックしてもらうことにした。

 電気屋さんは夕方にきてくれた。それまで、わたしは書斎で競輪と執筆。高松記念である。電気屋さん、テスターで調べてコンセントに異常がないことを確認。ブレーカーをオンにして、コンセントはあっさりと復活した。わたしは一安心。この安心感は重要である。火が吹いてからでは遅いのだ。

 ほっとしたので、書斎に戻り、夕方のアニメを見る。ラブ★コンからメジャー、電脳コイル。そして、ジロの再放送。夕食、入浴。風呂からでたら、もう眠い。少し執筆をして、22時に店仕舞い。22時半に寝た。

 2007/06/15 (Fri)

 6時半起き。曇り。喉は少しだけよくなった。朝食をとり、書斎へ。もろもろを片づけ、天気を見ると、晴れている。こ、これはどうしよう。悪天候に備え、きのう1時間ローラー台をまわしたので、きょうも1時間だけローラー台をまわそうと考えていた。でも、こんな晴天で室内走行はかなりさびしい。喉の痛みがまだあるけど、ここで行かなきゃ、ローディじゃない。……てなわけで、多摩サイに行ってきた。

 1往復だけの短縮コースのつもりでいたが、10時に家をでて、ついついフルコースの60キロを走ってしまう。はじめて2時間を切り、12時前に帰宅。着替えて書斎へ。競輪を見ながら、原稿を書く。15時に来客。弥生美術館の方である。武部本一郎さんの絵を受け取りにきた(インタビューも)。この絵は、弥生美術館の武部本一郎展で展示される。詳細は5月25日の記述を読んでいただきたい。

 武部さん関連のインタビューを終え、16時から書斎に戻る。大垣競輪の最終レースを見てから出発準備。市ヶ谷でおこなわれる「日本SF作家クラブ40年史刊行祝賀会」に出席するためだ。まずは新宿まで行き、ヨドバシカメラによる。FAXのインクなど、小物を買い、市ヶ谷へ。

 祝賀会は盛況だった。人ごみに入ると喉の痛みが悪化しそうだったが、それを懸念している余裕はない。酒を控え、烏龍茶を飲み、食事をする。二次会はパス。しかし、永井豪ちゃんに誘われ、喫茶店でコーヒーを飲む。一本木蛮ちゃんも一緒。自宅着は22時くらい。声がでない。完全にかすれている。やはり、悪化してしまったみたいだ。ま、これは自業自得だね。

 入浴し、メールチェックなどをしていたら、あっという間に23時を過ぎた。あわてて店仕舞いして、23時45分に寝た。喉痛いのに、早寝できなかった。これは厳しい。あしたの体調がすごく心配である。

 2007/06/14 (Thu)

 6時半起き。曇り。意外にも、降っていない。起きたら喉が痛い。かなり痛い。まずいなあと思いつつ、薬を飲み、走ろうかどうしようか迷ってテレビの予報を見てみると、まもなく降りそうだと言っている。それを信じて、のんびりする。朝食を食べて、書斎へ。きょうも録画在庫を片づける。平行して、執筆。

 10時半からローラー台に乗る。雨はまだ降っていない。というか、外はけっこう明るい。1時間まわした。雨、降っていない。完全にだまされたね。昼食を食べ、書斎に戻る。

 夕方まで、執筆やらなんやらをする。15時からインターネットで競輪を見る。国際競輪の第2戦がはじまった。やはり、ブルガン選手が強い。夜は執筆に専念。テレビは適当。21時からとんねるず。そのあとダウンタウンDXに移り、22時30分に店仕舞い。23時に寝た。

 2007/06/13 (Wed)

 6時15分起き。多少は早く起きたというところか。晴れ。食事をして書斎へ。とりあえず、録画番組の在庫を整理する。9時半に外出して、スーパーに行く。帰宅して、今度は駅前のドラッグストア。11時前に家に戻り、以降は書斎でヒッキー。

 午後からインターネットで競輪を見る。富山記念競輪の最終日だ。16時からはテレビ放送に移動。小嶋選手、惨敗。夜のテレビは、愛エプロンからテレ東の旅と温泉。特筆すべきこともなく22時になり、22時半に店仕舞い。23時ちょい前に寝た。

 2007/06/12 (Tue)

 昨夜22時に寝たので、5時半くらいには目が覚めちゃうなと思ったが、念のため、目覚し時計は5時45分にしておいた。でも、そんな時間にはまったく起きられなかった。結局、起きだしたのは6時半。天気は晴れ。気温が高い。

 軽い朝食のあと、書斎に入る。8時半から出発準備。9時ちょい前に5500で家をでる。多摩サイの手前で、友人と遭遇。JKさんである。いつもはもっと早い時間帯に多摩サイを走っている人だが、きょうは会社が休みなので、この時間になったという。それなら、一緒に走ろうということで、多摩サイに入る。是政橋から川崎街道へ。ゆるい坂を登る。わたしの足、ぜんぜんまわらない。栂池のダメージが残りまくりである。でも、天気がいいから、でてきてしまった。

 2時間ほど、JKさんと多摩サイを中心に走る。11時くらいに帰宅。着替えて、昼食を食べる。陽焼け止めも落とす。書斎に戻る。競輪中継を見ながら、もろもろの片づけに入る。以降は夜までこの調子。とにかく、あれこれ溜まりまくりなのだ。ビデオも消化したいが、その時間がない。

 夕方に入浴。夕食後は、執筆開始。でも、眠くて進まない。テレビは鑑定団からガイアの夜明け。ガイアの途中でダウン。22時半に店仕舞いし、22時45分に寝た。

 2007/06/11 (Mon)

 6時半起き。眠い。だるい。曇り。いましがたまで雨が強く降っていたらしく、道路はびしょ濡れ。食事をして、すぐに書斎へ。友人が送ってくれた写真、自分が撮った写真をチェックし、編集する。産經新聞掲載用だ。

 写真チェックのあと、5500をもとに戻す作業に入る。けっこう手間である。9時50分、いったん中断して鬼太郎ミニバスに乗り、駅前に向かう。5500の前後ホイールを神金さんに運ぶためだ。電車で柴崎まで行き、歩いて神金さんに着く。ホイールを預け、調布に戻る。スーパーで買物。重い。バスで帰宅。

 昼食を食べ、14時過ぎに5500でまた神金さんに向かう。今度は5500の調整。ブレーキレバーをいじってもらう。帰宅して、自宅周辺を試走し、チェック。オッケイ。書斎に入り、富山の記念競輪を見ながらもろもろの片づけに入る。片づけ、終わらない。夜までつづく。

 21時、もう眠い。なんとか粘り、21時半に店仕舞い。22時ジャストに寝た。

 2007/06/10 (Sun)

 5時前に起きた。すぐに天気を確認する。どんよりとした曇り。テレビで予報を見ようとする。でも、日曜日なので、なかなかやらない。食堂に行き、Jさんにインターネットでの情報を聞く。きのうの予報よりは少しましで、終日曇りだという。ただし、その曇りには小雨も含まれている。どしゃ降りならやめると決めていたが、こういう中途半端な予報だと、出場準備をしなくてはならない。

 朝食を食べ、自室でストレッチング。7時半くらいから最初のローラー台。肉体を目覚めさせる。15分で終了。着替えに入る。外は小雨状態。でも、ときどき雲が薄くなったりする。

 8時過ぎから2度目のローラー台。今度はウォーミングアップ。やはり15分で終了。手抜きである。8時半から、民宿びわくぼの前で写真撮影。出場者5人そろってスタート地点に向かう。このころから晴れ間が見えてくる。気温もあがりだす。

 スタート地点、空が明るい。これならいいかなと思い、アームカバーを外す。念のためトイレに行き、男子Gクラス(51歳〜60歳)のスタートに並んだ。そのころからまた黒雲が流れてきて、雨が降りだす。気温も下がる。だまされた感じだ。かなりトホホ。

 9時10分、実業団がスタート。そのあとが女子クラスで、9時20分にわたしもスタートする。スタートしてすぐは10%の坂が2.4キロほどつづく。そこを軽めに流し、中盤に備える。……はずだったが、やはり予定よりも少しオーバーペースになった。10%が終わり、わずかに下ってから、また登りになる、そのあたりで腰に痛みがでてきた。まずい。このままだと去年の二の舞である。

 林道手前が痛みのピークになった。仲間の応援団がいる。「痛い」と叫んで通過。7%くらいの坂が12キロつづく林道に入った。ここでマイペースを取り戻し、腰の痛みに対処する。

 中間地点を通過。このあたりから腰の痛みが消えた。マイペース走行がようやく効を奏したらしい。どんどん抜かれるが、気にしない。今回は完走できればオッケイ。腰の痛みが消えなかったら、リタイヤも考えていたが、幸いにもそれは忌避できそうだ。

 残り5キロを過ぎたところでペースをあげてみようかと思うが、やめる。ここで痛みが再発したら、馬鹿である。とにかく淡々と登る。で、なんとかゴール。タイムは1時間21分44秒。去年よりも2分ほど縮めた。この体調でこれなら、完璧である。不満はない。

 ゴール地点で参加者に配られた牛乳を飲み、冬用装備の服をたっぷりと重ね着して、いま登ってきた林道を下った。ぜんぜん寒くない。着替えにはすごく時間がかかったけど。えんえんと下って、びわくぼに戻る。去年よりも6分ほどタイムを縮めたJさんが先に帰っている。Jさんには下りの途中で抜かれた。下りが得意なのである。でも、林道での追い抜きは禁止のはずだったが……。

 着替えて、他の仲間を待つ。しばらくしてつぎつぎと帰ってきた。1時間30分台がひとりと同40分台がふたり。この3人は今年が初出場である。全員がそろったところで、昼食のカレーを食べる。うまい。

 食べ終えて、体育館に向かい、完走認定証をもらってくる。そのあと、林道入口にまわり、実業団の2本目、個人TTのスタートを見る。午前の部の優勝者は田代恭崇選手だ。タイムは49分台。当たり前だけど、速いなあ。

 ●スタートを待つ村山利男選手と野寺秀徳選手。野寺選手はスタンディングスティルをしている。

 つがいけサイクル2007の1

 ●野寺選手のスタートと、スタートを待つ田代選手。小雨が降っているが、傘を差しかけられていたのは田代選手だけ。

 つがいけサイクル2007の2 つがいけサイクル2007の3

 全員がスタートしたところで、先に電車で帰る仲間を送るため、白馬駅に行く。見送ったあとで、また体育館に行き、実業団の総合成績を見る。表彰式も見ようかと思っていたが、それはちょうど終わったところだった。総合優勝は、田代選手だった。

 宿に戻り、出発準備をする。自転車と荷物を車に積み、帰路につく。まずは高速で諏訪湖SAまで。SAの温泉に入る。ヒルクライムのあとの汗をここで流す。そのあと、双葉SAに移動し、夕食を食べる。ここで、車組も解散。わたしとJさんは一路、東京をめざす。

 21時くらいだったかな。わたしの家に到着。荷物を降ろし、すぐ片づけにかかる。洗濯もする。さすがに自転車だけは手つかず。それでも時間がかかる。就寝は23時になった。

 2007/06/09 (Sat)

 5時前起き(よく覚えていない)。とにかくたくさん寝汗をかいた。天気は曇り。しかし、予想したよりも明るい。7時の朝食まで、ぼおっとして過ごす。朝食のあとも、ぼおっとして過ごす。ぼおっとしっぱなしである。

 11時前、車と電車で到着する友人たちを迎えに、白馬駅まで行く。11時半くらいに全員が集合した。輪行してきた友人の自転車を自動車に移し、温泉に向かう。前日も行ってきた道の駅小谷にある温泉だ。きのう、そのことを書き忘れていた。記憶、ぼろぼろだよ。

 道の駅で温泉を堪能し、昼食も食べる。晴れ間がでたり、小雨が降ったりと、天気はめまぐるしく変わる。しかし、おおむね天気はよい。まったりしたところで、びわくぼに戻る。戻って書類を持ち、体育館に行く。レースの出場受付だ。ナンバープレートと参加証をもらう。旅館街のそこかしこに実業団の車が停まっている。試走しているローディも多い。下り坂を高速で飛ばす、マナーの悪い人も何人かいる。困ったものだ。

 受付を終え、びわくぼに帰って友人Gさんの自転車整備をする。Gさん、仕事が忙しくて、まったく自転車の整備をしてこなかった。タイヤ交換やら、チェーン洗浄などを他の友人に指導してもらい、やる。わたしはそれを見物。

 夕方から、また京王閣のレースを見る。自転車整備であちこち汚れた友人たちは、民宿の風呂に入る。18時から夕食。メインは豚しゃぶである。これは本当にうまい。食事の間も、競輪視聴は欠かさない。海外選手、めちゃくちゃ強い。

 21時前に競輪終了。わたしは、もう眠い。あしたはいよいよレースである。天気予報は最悪。朝から大雨などと言っている。21時、自室に入り、就寝準備。21時半くらいに寝た(たぶん)。

 2007/06/08 (Fri)

 4時50分起き。曇り。最後の荷物詰めをして、Jさんの到着を待つ。6時20分くらいにきた。自転車やらなんやらをごっそりと車の荷台に詰めこみ、出発する。調布ICから中央高速。八ヶ岳SAで横浜からきた友人Nさんのの車と合流。2台で栂池に向かう。

 昼くらいに栂池着。天気、予想外にいい。陽射しもあったりする。民宿びわくぼに入る。1年ぶりだ。今年もお世話になる。JさんとNさんは急ぎジャージとレーパンに着替え、試走にでた。わたしは一休みしてから室内で固定ローラー台。10分ほどまわしていたら、Jさんが戻ってきた。体調がいまいちらしい。ふたりでローラー台をまわす。わたしは30分でおしまい。以降は、食堂でパソコンをいじって過ごす。Nさんは、じっくりと試走してから戻ってきた。

 夕方から、インターネットで京王閣の中継を見る。国際競輪の初日だ。ナイターなので、この時間からはじまる。18時から夕食。いつもながら、びわくぼの食事はとてもおいしい。夕食後は競輪と雑談。21時に部屋に戻り、15分後くらいに寝た。

 2007/06/07 (Thu)

 4時50分起き。目が覚めたところで起きた。10分粘っても、寝起きが悪くなるだけだから。晴れ。7時朝食と決まっているサスケ、わたしが起きてくると、もう7時になったと思って騒ぐので、そのまま自転車部屋に入って5500の整備をする。しかし、6時をすぎると、わたしもおなかがすいてたまらない。必死で耐えて、6時半に朝食。飯くれと啼くサスケは7時まで無視。

 9時前、整備が終わったので、眼科に行く。ホームセンターにも寄る。ついでにスーパーで軽食も調達。帰宅してから、あしたの荷造り。たらたらとやる。昼食をはさんで、14時ころに一段落した。荷物、あいかわらず多い。2泊だし、自転車用品もあるから、小さくならないんだよな。

 午後は国際競輪をインターネット中継で見ながら、あれこれ。広島と久留米は、きょうが初日。第9レース、広島のベンちゃんは2着。久留米のムルダーも2着。第10レース、広島のダミアンは1着、久留米のブルガンは圧勝。めちゃくちゃ強い。第11レース、広島のエスクレドは6着と惨敗。久留米のマクリーンは快勝した。

 夕方以降は執筆。その合間にも荷造りのつづきをやっている(細かいものがいろいろとあるのよ)。20時半にはすべてを終わらせ、21時に早々と就寝した。あしたからは栂池である。

 2007/06/06 (Wed)

 5時起き。晴れ。ようやく調整が完了した。まだ起きたときちょっと眠いけど。調整なので、朝食もすぐに食べる。それから書斎に入り、もろもろを片づける。きょうはちょっと早め、8時半くらいから多摩サイ出発準備。9時に家をでる。脚慣らしと、自転車点検の確認のみなので、多摩サイだけを2往復。神金さんの整備、まったく問題なし。わたしの脚、問題だらけ。11時過ぎに帰宅。

 13時、駅前に行く。書店とスーパーをまわる。帰宅後は書斎にヒッキー。もろもろの片づけ、原稿の執筆を夜までやる。特筆すべきことは何もない。BGVは録画してあった番組。夜のテレビは、テレ東の旅と温泉。21時過ぎに店仕舞い。21時半に寝た。

 2007/06/05 (Tue)

 5時半起き。曇り。起きるタイミングが悪くて、眠い。睡眠が深いときに目覚ましが鳴ってしまった。まあ、これを合わせるために調整しているのだから当然なんだけど。7時まで書斎で新聞を読んだりする。ジロも見る。7時ちょい前に食事。で、また書斎に戻り、ジロのつづきを見る。

 9時、動物病院に行き、サスケのフードを買ってくる。帰宅して着替え。10時ちょい前に神金さんに行く。5500のレース前点検をお願いする。できあがったところで、試走。自転車は快調である。わたしは……ノーコメント。

 11時くらいに帰宅。書斎に入って、ジロを見終える。競輪も見る。宮杯の最終日だ。原稿も書く。午後、ちょっと必要なものができて、駅前のスポーツショップに行ってみる。でも、置いてなかった。

 15時からテレビで競輪。宮杯の決勝戦。小嶋選手が優勝した。すばらしい。ケロロ軍曹も喜んでいることだろう。しかし、北津留翼選手の落車がひじょうに残念。小嶋選手とのガチンコ勝負はぜひ見たかった。

 夕方以降は書斎で執筆。テレビはニュースが中心。21時から鑑定団。しかし、30分で視聴を打ち切って店仕舞いする。あすは5時起きの予定なので、とっとと寝るのだ。21時45分に就寝。

 ●国際競輪2007。

 世界一流のトラック選手が集まり、日本の競輪を戦う国際競輪の季節がやってきた。今回の顔ぶれも強力である。テオ・ボス、ニムケ、ブルガン、エスクレド、マクリーン等々、トップクラスの選手がそろっている。むろん、京王閣にもくる。わたしは栂池と日程が重なっているので、いけない。残念。6月8、9、10日、京王閣にやってくるのは、テオボス、アンドレイ・ビノクロフ、シュテファン・ニムケだ。ナイトレースなので、海外選手の登場は19時以降である。8日(金曜日)であっても退社後に行けるんじゃないかな。詳細は、こちら とか、こちらを見ていただきたい。

 2007/06/04 (Mon)

 5時50分起き。晴れ。週末に向けての起床時刻調整で6時に起きるつもりだったが、早めに目が覚めた。朝食を食べ、書斎に入る。ジロをBGVにして、すぐに原稿を書きはじめる。8時、ちょっとわからないことがでてきたので、蛮ちゃんに電話して教えてもらう。助かった。

 9時、駅前のスーパーに行く。すぐに帰宅。戻って多摩サイ出発準備。10時前に家をでた。尾根幹を走る。いつもは時間計測をしたりするのだが、きょうは調整走行なので、それはやらない。いろいろ確認しながら走る。

 12時25分、帰宅。一息ついて、競輪(宮杯)を見る。見ながら原稿を書く。ジロを見ようかと思っていたが、ジロはBGVにならないので、やめた。手が止まってしまうのだ。15時から、競輪はテレビ中継に移行。夕方まで、その状態。ジロはあしたにまわす。

 夜のテレビはコナン。そのあとはボクシング。21時からニュースで、21時45分に店仕舞い。どんどん早寝になる。22時に寝た。

 2007/06/03 (Sun)

 6時50分起き。時間を間違えた。晴れ。起きたときは快晴だった。軽い朝食をすませて、書斎に入る。きょうもまずはアニメ視聴。グレンラガン、シナリオがうまい。ワンピースもよかった。10時半からインターネット中継で競輪。テレビのほうでジロも見る。

 昼食後、13時15分に家をでて、近所の自転車ショップに行き、パーツを買ってきた。で、帰宅後はまたジロのつづき。原稿も書く。TTなので、横目視聴でもオッケイ。夕方、近くのスーパーに入っているシューズショップが閉店セールをはじめたと聞き、息子と行く。安い靴2足を買う。ふだん履いている靴はとっても安いのだ。高い靴は自転車用だけで十分である。

 帰宅して、夕食。すぐに入浴。夜の番組は適当。原稿を書く。22時からジロ。でも、15分でやめる。あしたから早起きするのだ。でないと、週末に間に合わない。というわけで、22時半に就寝した。

 2007/06/02 (Sat)

 7時20分起き。へろへろ。晴れ。足はだるいし、腹具合はおかしいし、睡眠不足で頭はかすんでいるし、すべて自分が悪いので呪うこともできないしで大不調。とりあえず起きて、うなりながらアニメを見る。見ておかないと、あとで溜まってしまうから。

 10時半、家をでて駅前に行く。左手薬指がバネ指っぽいので(跳ねる症状はないが、付け根が痛い)、注射を打ってもらう。その後、牽引治療も受ける。いったん自宅に帰り、昼食。13時過ぎ、再度、家をでて神金さんに行く。ドラッグストアにも寄る。帰宅後は書斎にこもり、ジロを見ながらもろもろを片づける。きょうからはじまった競輪の高松宮記念杯も見る。宮杯は、15時からテレビ中継に切り換える。

 17時半からはラブ★コン。つづいてメジャーと電脳コイル。19時過ぎから5500をいじる。パーツに異常あり。ああ、買ってこないとだめだ。トホホ。19時半、パナソニックからサポートの人がくる。衣類乾燥機のリコールにひっかかってしまったのだ。古い機種だが、この修理で寿命が延びてくれるとうれしいな。コピー機のように。

 夜の番組はさらっと流して、22時からジロを見る。眠い。あまりに眠かったので、何時に店仕舞いして、何時に寝たのかを覚えていない。45分くらいまで粘ったかなあ。困った記憶力である。

 2007/06/01 (Fri)

 6時15分起き。曇り。6時に起きたかったが、無理だった。朝食を食べ、ジロを見る。途中で打ち切り、10時5分に5500で家をでる。もう少し早くでるつもりだったが、雨が降ってきたのだ。これは予想外。あわててネットのレーダーやアメッシュで雨雲の様子を見たら、調布、三鷹、杉並あたりだけの局地的驟雨である。これはすぐにやむと判断。まだ小ぶりだったが、出発してしまう。案の定、多摩サイは乾いていた。

 少し距離を走りたかったので、相模湖に行く。あの近辺を適当に走って、15時半に帰宅した。一休みして、また出発準備。今度は銀座である。はじめて参加するOFF会に出席した。すごく歓迎される。うれしい。体調次第では早く帰ろうと思っていたが、楽しかったので、最後までいすわってしまった。

 12時過ぎに帰宅。久しぶりの午前様だ。帰りついたら、いきなり酔いがまわってきた。まずい。1時過ぎ、ふらふらになって寝た。最近、アルコールに弱い。これは禁酒しろというお告げだろうか。ちょっと考えてみよう。