日々是口実

日々是口実

HOME
BACK NUMBER

 2006/02/28 (Tue)

 6時起き。曇り。起きて朝食を食べようとしていたら、足もとにまとわりついてきたサスケを思いっきり踏んでしまった。サスケ、悲鳴をあげて跳ね飛んだので、わたしはひっくり返りそうになった。いざというときの猫の馬鹿力、なかなかのものである。サスケとは、5分後に和解した。

 11時半に多摩サイへ。寒い。とにかく寒い。ひたすら寒い。足なんか、ぜんぜんまわらない。まわす気にもならない。足も手も、指先から感覚が消えた。ずうっと「寒い。寒い」と叫びつつ、坂抜きコースを走り終え、帰宅。すぐにママチャリに乗り換えて再外出。駅前の書店に行く。あとスーパーとコンビニもまわる。寒い。何をしても、きょうは寒い。

 戻ってすぐにテレビを見る。ちょうど永田議員の謝罪会見とやらがはじまったところだった。でも、これはぜんぜん謝罪会見ではない。言い訳会見である。この期に及んで、まだ世迷言をほざいている。当然、議員をやめる気もない。首を吊る気もない。民主党、やはり最低の政党だな。松下政経塾で学んだ議員、石油ファンヒーターの欠陥問題で松下がどのように対処したかを調べ直したほうがいいよ。あちらも最初は少しどじったけど、すぐに危機管理法を学んで失地を回復した。十分に参考になると思う。

 会見後は夕方のニュース。民主党の狙いどおり(?)、トップニュースは荒川選手の帰国である。民主党の茶番劇は、そのつぎ。局も少しは考えてほしいなあ。で、夜は自転車の整備と鑑定団。22時からニュースをザッピング。さすがにこの時間帯のニュースは民主党の醜態が先である。こうでなくちゃだめだよ。ニュースなんだから。23時10分に就寝した。

 2006/02/27 (Mon)

 6時起き。早寝したため、ひょっとしたら5時起きになるかなと思っていたが、しっかりと6時まで寝てしまった。曇り。気温は高め。寝違えたのか、右上腕三頭筋が痛い。起きてすぐにサスケのおしっこの採取に成功する。さっそく保存して、朝食。合間にオリンピック閉会式の最後の部分を見る。見終えて、書斎へ。

 9時に家をでて、動物病院へ。おしっこを渡してからスーパーをまわり、また動物病院に戻って検査結果を聞く。サスケの血尿、完治していないらしい。まずい。まだしばらく様子見がつづく。

 帰宅して、11時半に再外出。多摩サイである。風が強い。晴れ間もほとんどない。坂抜きコースを走って、家に戻る。書斎に入って、短い原稿を書く。ワイドショー、民主党のまぬけなメール騒動よりも、荒川静香選手を優先している感じがする。にしても、民主党の危機管理能力の欠如は依然としてひどい。はっきりきっぱり、こんな無能政党に日本の政治をまかせることはできないね。うんざりである。

 午後は、でてこないアイデアをなんとかしようとあがきつつ徳山選手の試合を見る。少し退屈な試合。22時からはニュース。就寝は23時。でも、実際に寝たのは23時半だった。

 イナバウアー

 2006/02/26 (Sun)

 また5時半に目が覚めた。寝直そうとしたが、うまくいかない。やむなく6時前に起きた。外はもう雨が降っている。降りだしは昼からじゃなかったんだ。ちっ。とりあえず、9時から10時までアニメ。10時から男子回転。10時半からインターネットで競輪中継。でもって、午後は、5500のチェーン交換をする。

 16時あたり、急に忙しくなる。BS-hiでトラックのワールドカップを見ながら、インターネットの東王座決勝、TBSの亀田大毅デビュー戦を同時にチェックする(そういう忙しさかよ)。で、すべてを無事に見終えて、アイデア構成に入る。その後、夕食、入浴を経て「功名が辻」。

 21時からはぼおっとして過ごす。眠い。寝てしまおうかと思うが、それだと生活時間に狂いがですぎるのでやめる。それでも22時半まで我慢が限度。というわけで、22時半に寝た。閉会式は予約録画である。

 ●シェリル・クロウ続報。

 ランスの談話がでている。どうやら、発病のことを知らなかったらしい。早い段階で手術できたらしいので、順調に回復するのではと見られているそうだ。ランスも一安心であろう。

 2006/02/25 (Sat)

 6時に起きるつもりだったが、早寝のせいで5時半に目が覚めた。で、起きだしてテレビをつけたら、ちょうど荒川選手のエキシビションがはじまるところだった。天気は晴れ。朝からくしゃみ。エキシビションを見終えたあとは、書斎でゲラチェック開始。がんがんとチェックする。

 午後、つつじヶ丘まで買物。行きに神金さんに寄り、頼んでおいた小物を受け取る。14時前に帰宅。ゲラチェックを再開。読みながら、インターネットで競輪の中継を見る。tvkが放送してくれないから。ちば、群馬、埼玉は放送しているのに、tvkは競輪に冷たい。

 20時、ゲラチェック終了。誤変換が多かったなあ。一息ついて入浴し、でてからアド街ック天国を見る。きょうの街は明大前。新宿往復の際の通り道である。立ち寄ったことはほとんどない。22時からはインターネットで調べもの、就寝は23時。ちょうど男子回転がはじまる時間だったので、ちょっとうしろ髪を引かれてしまった(髪、ないけど)。

 ●シェリル・クロウが乳癌手術。

 びっくりした。反射的にこんなやりとりが頭に浮かんでしまった。

「あなた、伝染したわね」
「いや、伝染病じゃないよ」
「いいえ、きっとあなたが伝染したんだわ」
「違うってば」
「別れましょう」
「はいはい」

 2006/02/24 (Fri)

 5時起き。晴れ。起きてテレビをつけたら、すぐに安藤選手の演技がはじまった。転びまくりである。素人目でみても、明らかにスタミナが途中で切れたのがわかる。解説者も演技が終わってから、それを指摘した。スタミナ切れは、コーチ(もしくはトレーナー)に大きな責任があるなあ。技術以前の問題だから。まあ、まだ17歳だし、名前が安藤なのでやり直しがきくかもしれない。練習プログラムを1からつくり直して出直しをはかっていただきたい。まずは、減量と体力の確保じゃないかな。技術の洗練は、それからでいいと思う。

 で、荒川静香選手だ。演技、すばらしい。スタンディング・オベーションをしてしまったよ。本当にいいものを見せてもらった。表彰台で国旗掲揚・国家演奏の際、君が代を荒川選手が口ずさんでいる姿も最高だった(わたしは、自宅リビングで起立した)。これだから、オリンピックはやめられないね。重畳重畳。

 10時に外出。スーパーで買物。帰宅後は書斎にヒッキー。つぎの原稿の下準備をする。でも、ぜんぜん進まない。15時から競輪視聴。伊東温泉はもう雨が降っている。東京の空も曇って暗くなった(らしい)。夕方からの女子大回転1本目は見そこねた。21時からの2本目は見た。22時を過ぎたら、すごく眠い。なんとか23時までと思っていたが、だめ。22時半に沈没するように就寝した。

 ●長島議員のブログ。

 お詫びを入れたのだが、これがもう穴だらけ。依然として火だるまである。危機管理の専門家にアドバイスをもらったほうがいいよ。NHKスペシャルで、ブリヂストンの危機管理失敗(ファイヤストーン社のリコール問題)をレポートしたことがあったけど、あれを見てもいいね。謝りながら意味不明の反論をするのは、最低の手法である。

 ●サスケのおしっこ採取、またもや失敗。

 きょうはポットのお湯を捨てているときにやられた。サスケは間隙を衝く天才だね。排尿時だけなのだが。

 2006/02/23 (Thu)

 6時起き。晴れ。暖かい。きょうはサスケのおしっこを採取する予定。しかし、一瞬、目を離した隙にやられてしまった。気がつくと、もうやり終えてトイレ砂をサスケがかきまわしている。なんだ、この電光石火の早技は。いやがらせか?

 昼まで、あれこれ。正午を過ぎたところで、家をでる。きょうは恵比寿でメディア芸術祭の授賞式。吾妻ひでおさんが漫画部門の大賞を受賞されたので、わたしのところにも招待状がきた。

 まずは新宿でちょっとショップめぐり。その後、紀伊國屋本店前で友人と待ち合わせ。車で会場へ向かう。授賞式を見て、それから祝賀会のパーティである。すごい混雑。ちょっと会場が狭い。吾妻さんの姿を探すがまったく見つけられない。時間だけがどんどん過ぎていく。どうやら、吾妻さん、体調不良ということで帰宅されてしまったらしい。残念。となれば、わたしがいる理由もないので、早めに帰宅することにした。車で調布駅前まで送ってもらい、そこからはママチャリ。途中で神金さんにも立ち寄った。家に着いたのは19時過ぎ。風呂に入ってから「新どっちの料理ショー」を見て、ニュース。民主党の醜い姿をじっくりと拝見する。これは文字どおりの醜態だね。往生際の悪さも爆笑レベルである。本当にひどい政党だ。心底、むかつく。うんざりしながら、23時に就寝。

 ●民主党議員のひどさを確認するためのブログ。

 こちらへ行き、「嵐の中の党首討論」「ブログ炎上」「ダン・クエール元米副大統領」あたりの日記と、それに対するコメントをぜひ読んでいただきたい。こういう連中に、税金から多額の歳費が支払われているのである。消えてほしいのは、永田議員ひとりじゃないってことね。

 ●スギ花粉症。

 一気に本番状態へと突入した。くしゃみがつづく。目が痒い。鼻水が止まらない。今季最初のムヒ塗り。まぶたにべたべたと塗る。今年もいつもどおりだなあ。

 2006/02/22 (Wed)

 6時起き。天気は曇りかな。いや、晴れてるね。室温はけっこう高い。テレビをつけたら、女子フィギュアのSPをまだやっている。ならば、見るしかない。食事をしながら観戦した。アメリカのコーエン選手がいいね。スルツカヤ選手もよかったのに、それをしのぐんだもん。

 11時半から多摩サイ。きょうは横風だった。坂はパス。少しずつ脚の感覚が戻りはじめている。でも、天気予報がよくない。残念だね。14時前に帰宅し、経理作業を続行する。途中、党首討論視聴をはさみつつ、夜までずうっと経理。夕食前にひととおり完了した。思ったよりも早く終わったね。入浴後はトリビアを見て、ニュースへ。23時に寝た。

 で、党首討論だが、民主党だめだめだね。あんなメール、いくらでもつくることができる。自民党の誰かに堀江被告からのお金が渡ったという内容でメールを偽造し、それを民主党に持ちこんだら、国政調査権を発動させ、対象者の銀行口座を手あたり次第に調べてくれるんだろうか。それだったら、おもしろい。権力、使いたい放題である。なにせ、あのメール、対象者の名しか書いていないのだ。姓は理由を開示することもなく「判明しています。誰それさんです」と言いきるだけでいい。それで、もうその人が疑惑対象者だということになり、国政調査権の発動を請求できる。もちろん、明らかにしたら贋物であることがばれそうな箇所はすべて黒塗りにしておく。当然、出所は伏せる。教えない。民主党の考え方だと、それで十分に証拠として通用するのである。いやもうすごいなあ、戦前の軍部をしのぐすごさである。もしかしたら、言論の自由を完全に封殺しているいまの中国の支配者よりも高圧的な党かもしれない。こんなゴミ政党、とっとと解散してほしいよ。まったく。

 ●新刊情報。

「自転車で痩せた人」の情報を掲載した。4月10日、刊行予定である。

 2006/02/21 (Tue)

 6時起きのつもりだったが、10分ほどよけいに寝てしまった。曇り。起きたら、カーリングが敗退していた。残念だが、仕方がない。選手は本当によく戦ったと思う。で、朝食後は経理のつづき。9時前にママチャリで外出。銀行とスーパーをまわって帰宅。その後は、また経理。

 11時半、多摩サイ走行。坂抜きでやや短めのリハビリモード。坂はもう少し暖かくなるまで再開できないかもしれない。14時ころ帰宅。きょうも帰路が弱い追い風だった。戻ってからは書斎に入って、経理のつづき。あと数日はかかるね。数字の打ちこみって、すぐに飽きてしまうから。16時から競輪中継。15時から見るつもりだったが、経理に気をとられて忘れていた。夜は、ブラックホスピタルと鑑定団。23時に店仕舞いして、23時15分に寝た。

 2006/02/20 (Mon)

 6時起き。きょうも曇り。少し陽射しなんかもあったりする。食事をし、新聞を読んで、即書斎へ。ここの更新やらなんやらのもろもろを片づける。で、10時前にママチャリで家をでる。駅前に行き、自転車雑誌を買って、スーパーにも立ち寄る。スーパーをでたとき、グローブが片方なくなっているのに気がついた。店内で落としてしまったらしい。あわてて戻り、店の人に訊く。カスタマーカウンターに届けられていた。よかった、よかった。

 10時半に帰宅。家に着く少し前から、かすかな雨粒を皮膚に感じていた。どうやら、予報よりも早く雨になってしまうらしい。じゃあということで、13時から室内走行。1時間ほどローラー台をまわした。それが終わってからは、書斎で確定申告の準備をする。記帳で、いくつかわからないことがある。会計事務所のアドバイス待ち。15時から、競輪の東西王座戦中継を見る。西王座戦のほうだ。

 夕方からは申告準備作業のつづき。テレビはカーリングをやっている。イタリア戦、楽勝かと思っていたら、大苦戦である。これは心臓に悪い。途中で見るのをやめて風呂に逃げた。

 20時5分からは男子大回転。その前にカーリングでの勝利を家内が教えてくれた。やれやれ。男子大回転は、最初の選手が滑るのを見ただけで、コースのむずかしさがわかった。これはすごいことになるのではと思っていたら、後半は旗門不通過(キフ)、途中棄権(トキ)の嵐になった。22時半くらいに中継終了。わたしも店仕舞い。23時に寝た。

 2006/02/19 (Sun)

 6時起き。曇り。気温はそれほど低くはない。食事をして、謎の行動。その後は書斎。とりあえずアニメを見る。で、10時15分前にママチャリで外出。スーパーで買物。帰宅してからは、見そこねたぶんをビデオでチェック。そのまま、ビデオの在庫消化もはじめてしまう。まずい。

 16時からリビングで男子スーパー大回転を見る。ついでにアイデア構成もする。進まないけどね。見終えてからは書斎に戻り、真面目にアイデア構成。でも、やはり進まない。21時からは、「気候大異変」の(2)。女子スーパー大回転もちょっとだけ見た。

 22時過ぎ。店仕舞い直前に、メインパソコンがいきなり不調に陥った。Windowsが例によって何かよけいなことをしたらしいのだが、表示されたエラーメッセージを思いだすことができない。リセットができなくなり、いったんパソコンを終了させ、再起動してからシステムの復元をおこなった。それで復調。メッセージのメモをとり忘れたのが悔やまれる。再現させるのは簡単にできると思うのだが、再現させる気がしない。でも、直ったので一安心し、23時に就寝した。

 2006/02/18 (Sat)

 土曜日だけど、6時起き。朝食後は、謎の行動(いずれ書く機会があるかもしれない)。10時過ぎにママチャリで駅前に。整形外科で足を診てもらう。この前ひょうそうになったのは左足親指だったが、1週間ほど前から右足の親指も痛むようになってきた。左足が癒ったら今度は右かよ、という感じである。しかし、風邪をひいていて外出がつらかったのと、たいした症状ではなかったため、しばらく冷やすことで対処してきた。でも、癒らない。そこで、診てもらうことにしたのだ。

 結果、ひょうそうにはなっていないということで、痛み止めクリームだけもらって帰ってきた。帰宅して、すぐに塗りたくる。なんなんだろうなあ。今度のは。しかし、きょうは風も穏やかで、実にいい天気だ。気温は低いけど。土曜日でなかったら、多摩サイに行きたいところである。

 14時まで書斎。それから家内に写真を撮ってもらう。事情があって、夏のウェアでの撮影である。いやもう寒いったらない。ぶるっちゃったよ。その後、15時半にママチャリで外出。息子とユニクロで買物。16時半に帰宅。以降は、夜まで書斎。オリンピックは男子スーパー大回転を見ていたのだが、悪天候で中断してしまった。仕方がないので入浴し、でたあとは、NHKスペシャルを見る。「気候大異変」の(1)だ。どう考えても、温暖化を止める方向での対策はない。温暖化でも人類が生きられる態勢をつくることだけ研究すべきである。宇宙への進出も含め、もっと大胆な発想がないとだめなような気がする。悲観論だけでは、何も先には進まない。23時に寝た。

 ●クラヴ・マガ 日本セミナー。

 蘇東成老師が協力されているということで、友人から告知の依頼がきた。イスラエルの武術である。興味のある方は参加してみるといいかも。

 日時 2006年3月11日土曜日
 時間 午前の部 9時〜12時30分
    午後の部 13時〜16時30分
 場所 新宿コズミックセンター
 費用 午前か午後どちらかに参加 一人 ¥7500
  午前と午後両方参加    一人 ¥12000

 詳細はこちら

 2006/02/17 (Fri)

 6時起き。小雨。でも、すぐにやんだ。厚い雲はとれない。そのまま書斎へ。何をして過ごしたのか、よく覚えていない。10時にスーパーに行ってきた。それと、ホームセンターにも行ってきた。でもって、正午から多摩サイである。家をでたら、小雨が降っている。おいおいだが、無視して行く。多摩サイに着いたらやんだ。50キロの坂なし短縮コースを走って帰宅する。最後の帰路がけっこうな追い風で、久しぶりに高速巡航をした。リハビリモードなのに。

 家に戻ってからは、すぐに自転車掃除。5500、路面が乾いていなかったので車体が泥だらけになってしまった。夕方までかかって磨きあげ、オイルとグリースで仕上げる。その後は書斎に入ってヒッキー。夜まで何かして過ごした。何をしたのかは、午前中同様、よく覚えていない。椅子にすわって、ずうっとだれていたような気がする。22時半くらいに店仕舞いして、23時前に寝た。

 ●ケロロ軍曹。

「嗚呼」が「鳴々」と表記され、さらに「嗚」が「鳴」になっていた。定番ミスの上に、不思議な表記、DVD化までに直るといいね。

 2006/02/16 (Thu)

 6時起きのつもりだったが、15分ほど立ちあがれなかった。からだがしんどい。眠い。なんとか起きだして、天気を見る。小雨が降っている。食事をして、書斎へ。動きが鈍い。でも、10時からちょっとだけ室内走行。長くはつづかない。昼食後、外出の準備。13時前に家をでて、渋谷に向かう。カフェで打ち合わせ。1時間くらいで終了。16時くらいに帰宅。

 疲れているので、書斎でぐったり。いろいろやりたいことはあるが、動く気にならない。気がつくと、夜である。ぜんぜんだめだね。21時15分から「難問解決!ご近所の底力」を見る。猫特集だ。ひじょうに勉強になった。見終えて、ダウン。22時半に就寝した。喉、あと一歩なんだよなあ。

 ●スギ花粉症。

 目が痒い。「小説すばる」が発売された。あらためて、すごい鼎談だと思うなあ。スギ花粉症患者には一読をお勧めしたいが、ちょっと腰が引けている。わかる人にわかるたとえで言えば、これはWWEのショーである。けっしてプライドやUFCではない。でも、おもしろいよ。笑ってやってくれ。

 2006/02/15 (Wed)

 6時起き。晴れ。気温は高め。体調はまだまだよくない。咳、痰がとれないのと、からだのだるい感じがいやだね。食事をして、書斎へ。Windows Updateをする。913466だけ、インストールエラーになる。リスタートしてやり直してもだめ。仕方がないので、アップデートファイルをダウンロードし、手動インストール。あっさりと完了した。ええい、よけいな手間をかけさせやがって。Windows Updateって、なんか根本的な欠陥があるような気がする。もっとまともなシステムに改良してほしいね。

 と思っていたら、ニュースがでた。Internet Wwatchの記事から引用しておこう。

 -----
 ● MS06-007の自動更新の不具合は解消へ

なお、MS06-007については現在のところ自動更新ができない状況だ。この問題はマイクロソフトでも認識しており、「調査・対応を進めている」という。適用するには同社ダウンロードセンターなどから個別にダウンロードする必要がある。

【追記 13:19】
 マイクロソフトによれば、MS06-007の自動更新の不具合はWindows UpdateおよびMicrosoft Update側の設定ミスだったという。すでに設定を変更しており、「すべてのサーバーで同期が取れ次第、自動更新できるようになる」としている。
 -----

 設定ミスっていうけど、こういうものがでてしまうことが欠陥だと思うなあ。

 10時15分に家をでて駅前の診療所に向かう。10時半着。で、診察がはじまったのが、ほとんど12時だった。いやあ、こんなに待たされるとは思わなかったなあ。待合室にあった雑誌をみんな読んでしまったよ。仕事を持っていけばよかった。で、診察は3分で終わった。

 昼食は、駅近くのラーメン屋。前から行きたいと思っていた店だ。煮卵ラーメンにトッピングがメンマとワンタン。味は……残念だが、もう行くことはないね。1回で十分である。

 食事を終え、ホームセンターにまわる。特売の踏台を買った。でも、ちょっと失敗だった。加工しないと使えない。13時過ぎに帰宅。コーヒーを飲んでい一息つき、書斎に入った。以降は、ずうっと書斎。あ、途中でちょっと自転車をいじったような気がする。たいしたことはしていないけど。

 夜は少しだけオリンピック。女子の滑降である。でだしの片斜面がなかなかだね。カメラ位置の関係だろうか、おもしろい映像になる。滑降のあとは、「その時、歴史が動いた」。視聴後、すぐに寝室へ。22時過ぎに寝た。

 2006/02/14 (Tue)

 バレンタインデー。6時起き。快晴。テレビできのうのスピードスケートの結果を見る。ああ、やっぱり。こういう予想は外れてほしいなあ。で、家内からのチョコはカカオ99%の超ビター。さっそく食してみたが、ほとんど炭だね。うまいとかまずいとか、そういうレベルの問題ではない味である。

 11時に多摩サイ行き。気温が高いというんだけど、そういう感じはあまりしない。心肺機能がかなり落ちていて、坂抜きなのに、後半へたばった。当然、リハビリ走行である。それでもへたばるんだから、処置なしだね。13時半過ぎに帰宅。すぐにママチャリに乗り換えて、スーパーまで買物。足、だるいよ。

 14時半以降は書斎。まだしばらくは調べものがつづく。構成の予備段階だ。20時から本当は怖い家庭の医学。その後は鑑定団。22時30分に就寝した。

 2006/02/13 (Mon)

 冷えこんだ快晴。6時起きはつらい。10分ほど遅れた。オリンピックは予想していたとおりの状況。はじまったとき、家人に「ずうっとオリンピックを見ている人は知っているけど、日本は冬季競技にあまり強くない。というか、すごく弱い。だから、メダルなんて銅がひとつでもとれたらよしとするレベルだ。マスコミは、いつもいつも非常識な期待を選手にかけて、なんの反省もない」と、わたしは言ったのだが、いまのところ、おおむねそんな感じである。たぶん、今後も、こんな感じだろう。応援は応援。楽しく昂奮して声援はがんがん送りたい。でも、マスコミはもっと冷静に報道してほしいなあ(これを書いたのは13日だが、いまこれをアップしようとしている14日になっても状況に変化はなかった。依然として、予想どおりとなっている)。

 9時、駅前のスーパーまで買物。その前、下着を着替えるときに背すじを違えた。左肩胛骨に下あたりが痛い。帰宅して、息子に圧針をしてもらう。その後は書斎にこもり、調べものをして過ごす。部屋の片づけをしたいが、その気力はない。

 11時45分、多摩サイに向かって5500で出発。復帰である。体調はまだ万全ではないが、もう我慢できない。気温も高かったので、坂抜きで60キロを走ってきた。ギヤはいつもより1段ほど低め。感じとしてはリハビリである。14時過ぎに帰宅。以降は書斎にこもって、資料調べ等のつづきをする。夜はスノーボードの女子ハーフパイプ予選。20時からは男子滑降の再放送をハイビジョンで見る。見そこねていた選手をすべて見ることができた。見終えて、即ベッドへ。22時に就寝した。寝る前、家内に「加藤選手のメダルはないと思う」と予想を述べておいた。

 2006/02/12 (Sun)

 7時に起きた。10時間睡眠である。喉の痛みがかなり楽になった。咳がまだ少しつづいている。快晴。とりあえず、ニュースとオリンピックを見る。それから書斎に入り、資料の整理をする。合間に東京国際マラソン、エジプトテーマのドキュメンタリー、オリンピックのスケートなどを見る。ちょっと気抜け状態で、手はほとんど進まない。体調を戻すことに専念するのがいちばんだね。

 と言いつつ、10時に外出してスーパーまで。深大寺の坂をママチャリで登っただけで、息が切れた。うーん、多摩サイ再開時が思いやられるなあ。帰宅してからは、ずうっと書斎にヒッキー。何をするというのでもなく時間だけが過ぎていく。

 夜はオリンピック。ハーフパイプ男子予選。アメリカ強い。そのあと、男子滑降。これは、本当におもしろい。アルペンのトップ競技は滑降である。この中に、スキー技術のすべてがある。自分でやっていたのは回転と大回転だが、競技の頂点は、やはり滑降だと思う。でも、ゲレンデスキーヤーが滑降を自分で楽しむことはほとんどできない。カナダのウイスラー・ブラックコムのゲレンデにはワールドカップの滑降コースが組みこまれている。しかし、ゲレンデスキーヤーがそこで滑降をすることはできない。老人や子供も同じコースで滑っているのだ。そこでそんなマネをしたら、すぐにパトロールが飛んでくる。だから、ふつうにスキー場に通っていたら、自分で滑降の凄みを体験することはほぼ不可能である。これが残念だね。

 以前、日大体育会スキー部のキャンプの手伝いをしたとき、練習を終えて下に降りる選手たちが滑降のスタイルで滑りはじめたので、マネをしてそのままついていったことがある。あれは、気持ちよかったなあ。途中、コースの雪が削れ、アイスバーンの雪面が洗濯板状に荒れていた場所があり、そこで板が暴れてビンディングが外れ、わたしはクラウチング姿勢のまま吹き飛んだ。技術のない者が滑降の真似事をするとどうなるか、ひじょうによくわかった。しかし、吹き飛んでも、これはおもしろいのである。20メートルくらい斜面を転がったけどね。

 21時半、きょうも早めにベッドに入った。滑降視聴は途中で打ち切り。体調が体調だから、しょうがないね。

 2006/02/11 (Sat)

 3時に起きようと思っていたが、結局、目が覚めたのは4時だった。すぐに枕もとのテレビをつけた。冬季オリンピックの開会式がはじまっている。布団にくるまったまま、それを見る。聖火の点火がすばらしい。こういう演出、好みだ。最後にパバロッティがでてきた。一瞬、フランシスコ・ザビエルかと思ってしまった。

 6時半くらいに中継終了。ちょっと寝直し、7時に起きる。快晴。朝食を食べ、しばらくオリンピック開会式の再放送を見る。で、10時に家をでてスーパーに行き、買物。戻ってから書斎に入って完成した原稿の総チェックを開始する。ひじょうに重要な作業だ。15時半までかかった。

 午後から夜までは、たらたらとして過ごす。開会式の再放送も何回か見た。微熱は下がらない。で、きょうも早寝ということで、21時に寝た。たっぷりと寝るつもりでいる。

 ●雪崩の続報。

 鶴の湯温泉の平面図が紹介されたので、それで謎が解けた。女性専用露天風呂が裏山に面していたんだね。雪崩に遭われた方々のお見舞いとご冥福を祈る。

 ●サスケ4歳の誕生日。

 サスケ4歳の誕生日

 4歳になった。昨年よりも少し痩せたはずなのだが、見た目はどうだろう? 毎年お祝いに使っていた缶詰のフードは、厳しい食事制限により、食べさせることができなくなった。その余波で、ろうそくもなし。ちょっとさみしいね。

 2006/02/10 (Fri)

 なんとしてでも癒すという意識でベッドに入ったのだが、だめ。6時起きで、天気は快晴。かなり冷えこんでいる。体温は37.1度。ちょっとくらくらする。食事をして書斎へ。熱にめげず、執筆開始。

 外出抜きで、ずうっと執筆。とにかくきょうじゅうに決着をつけたい。その一心で書く。えぐりこむように書く。……というか、タイプする。決着は19時半についた。20時、ふらふらになってベッドイン。ぐったりと寝る。いやもうしんどい1日だった。

 ●鶴の湯で雪崩。

 びっくりである。露天風呂を直撃して、行方不明者もでているらしい。テレビの映像で見たら、昨年の10月9日にわたしが入った露天風呂だよ。難波弘之さんや南山宏さんも一緒だった。地形的に見て、雪崩が起きるような感じがしなかったんだけど、どこからどう落ちてきたんだろう。

 ●ダーティペアの大征服。

 脱稿した。450枚。これから総チェックをして入稿である。チェックは土曜日いっぱいかかってしまうかな。しかし、とにかく書きあげた。しみじみと疲れたよ。

 2006/02/09 (Thu)

 早寝したから、5時くらいに目が覚めるかなと思っていたが、結局6時の目覚し時計のベルで起きることになった。体調はひじょうによくない。寝てもだめだね。それでも、起きて食事をしたら、少しずつよくなってきたので、書斎に入った。とりあえず、原稿を書く。

 9時半、グラミー賞の放送がはじまるので、リビングへ移動。仕事をしながら、見る。U2のひとり勝ちで、いまひとつおもしろくない。放送は13時半ころに終了。書斎に戻り、執筆を継続。そのまま夜まで真面目に原稿を書く。

 21時から「どっちの料理ショー」を見る。きょうは調布のスリジェのパティシエがでる。バースデーケーキなどでお世話になったことのある店だ。21時半からはベッドに入って応援。でも、負けてしまった。残念。見終えて就寝。なんとしてでも、今夜で癒したい。もう喉の痛みはごめんである。

 2006/02/08 (Wed)

 22時に寝たというのにまったく起きれず、6時半過ぎになんとかベッドから這いだして食事をし、薬を飲んだ。天気は快晴。体温は36.7度。少し高い。喉の痛みはかなりひどく、咳もでている。こりゃだめだと思いつつも原稿を書き、15時くらいにちょっとダウンする。2時間寝て、17時から再活動開始。以降は夜までずうっと執筆。

 21時、体温は37度あたりまで上昇。こういうときはとにかく寝てしまうに限ると決断し、店仕舞い。21時半にベッドへ。でも、寝室のテレビでトリビアを見てしまう。見終えて、就寝。朝になったら、すっきり快調を期待して寝る。まあ、どう考えてもありえないことなのだが。

 2006/02/07 (Tue)

 6時15分起き、15分は布団からでられなかった時間。天気は小雨。雪が積もっている。予報どおり、夜中に降り積もったらしい。喉の痛みは、昨夜寝る前よりも悪化している。雪もあることだし、完全にからだを休ませるシチュエーションになっている。朝食をとって、書斎へ。ヴィックスを舐めながら、原稿を書く。

 15時、中山蛙さん来宅。仕事の打ち合わせ。それが終わるころ、ナショナルのサービスマンがやってきた。5日に衣類乾燥機が壊れた。で、6日の朝、サービスに電話したら、6日にうかがいますということになり、きてくれたのだ。ナショナル、対応が早い。さっそくみてもらう。ファンベルトが切れていた。修理代は出張費こみで1万円ちょっと。10年以上経っている機種だが、ナショナルはそれくらいの使用期間ならぜんぜん気にしない。ユーザーとしては、ひじょうに助かる。

 作業は40分ほどで終了。わたしも書斎に戻り、執筆のつづきに入る。体調を戻したいので、21時半に店仕舞いし、22時にベッドに入った。喉、いよいよ痛い。こういう症状は、寝て癒す。これしかない。

 2006/02/06 (Mon)

 6時起きだが、寒かったので、ベッドからでられたのは6時15分くらい。天気は曇り。天気予報では15時くらいから雪と言っている。うーん、多摩サイ、どうしよう。悩みつつ、9時前にママチャリで駅前のスーパーに行く。30分で買物を終えて帰宅。寒い。書斎に入り、執筆開始。

 11時、多摩サイに行く。天候悪化を考慮して早めにでたのだが、家に戻ってから、天気がすごくよくなった。着替えて外にでてみると、快晴である。なんなんだ、この天気は。多摩サイは寒くて、本当につらかった。きょうは文字どおり修行という感じだったね。

 夜まで、書斎で執筆。夕方あたりから喉の痛みが少し強くなってきた。咳もでている。これは、まずい。薬を飲み、早めに寝ることにした。22時半に店仕舞い。23時にベッドへ。このタイミングで風邪というのは、最悪だよ。NHKのテレビ小説じゃないんだから。

 2006/02/05 (Sun)

 7時起き、快晴。いろいろ対処して寝たのだが、喉はまだ痛い。きのう同様、冷えこみがきつく、とても寒い。靴下を2枚重ねにして対応する。食事をして、すぐに書斎行き。アニメを見ながら、執筆を開始。その後は、外出もいっさいせずにひたすら原稿を書く。集中力は相変わらずいまいちだが、とにかく書く。

 夜は「功名が辻」「あるある大事典」。入浴は22時から。風呂からあがって、さらに少し書き、23時15分に就寝。こういうおもしろみも何もないスケジュールが、あと数日はつづく。というか、本当は作家の生活ってこういうものなんだよね。すっごくつまんないけど。

 2006/02/04 (Sat)

 7時に起きたら、喉が痛い。とりあえず、ヴィックスで対処する。夜中に吹き荒れていた風はおおむねやみ、天気は快晴である。冷えこみがきつくて、すごく寒い。休修行日なので、食事をして、すぐに書斎に入る。昼間で執筆。

 13時過ぎに家の用を頼まれ、スーパーへ行く。ついでに店内探訪をして14時過ぎに帰宅。再び書斎にこもって執筆を続行。山場がつづいているので、生活に変化がない。テレビは19時からK-1。判定で決着する試合ばかりである。21時にNHK衛星第2で「アメリカ映画のヒーローと悪役 ベスト100」にチャンネルを替えるが、ついついアド街とザッピングをしてしまう。番組がおもしろすぎると、執筆に影響がでるから。23時半からは書斎でチューボーを見て、24時に就寝。

 2006/02/03 (Fri)

 6時起き。天気は晴れ。朝食。新聞。書斎。と、いつものコースをたどる。多摩サイ行きは11時。気温が高いらしいので、ちょっと早め。たしかに暖かい。で、それならということで、いろは坂にもまわってみる。記念館通りはパス。ものには手続きというものがあるのだ。

 ちょっと途中で時間を使ったので、帰宅が13時45分くらいになった。着替えて、ママチャリに乗り換え、スーパーに行く。つつじヶ丘まで走っちゃったよ。家に戻ってからは、書斎にヒッキー。構成のやり直しをする。けっこうてこずる。

 夜、19時半からNHK衛星第2でゴールデングローブ賞の授賞式を見る。アカデミー賞と異なり、テレビ番組にも与えられる賞なので、いろいろと興味深い。パーティ形式でおこなわれているため、アルコールによるはめはずしもあり、コメントもめちゃくちゃおもしろい。ポール・ニューマンが欠席したのは残念だったなあ。終了した22時以降はNHKのニュース、メントレGとチャンネルを替え、24時に就寝した。そのころになると、外が大荒れである。北風がごうごうと吹いている。気温がどんどん下がり、すごく寒い。湯あがりのからだがちょっと冷えてしまったよ。まずい、まずい。

 2006/02/02 (Thu)

 なんとか6時起き。10分くらい遅れたかな。外は快晴。足はまだ痛い。が、雑誌を買うため、ママチャリで甲州街道のローソンに行く。ついでにジャぱんをふたつ買う。ごはんですよトーストと、みどりかめパン。みどりかめが、わたしの昼食。多摩サイで食べる予定。きょうの多摩サイ行きは11時半。家に戻り、書斎に入ろうとする。そこで、雑誌のレシートを受け取りそこねたことに気がついた。あわててまたローソンに行き、領収書を発行してもらう。朝からどたばただよ。やれやれ。

 帰宅し、一息ついてから書斎で執筆。ふと外を見ると、天気が悪化している。雲が広がり、陽射しが薄くなっている。なんだよ、これ。でも、予定どおり、11時半に5500で出発。一応、陽射しがある。青空も少し見える。きょうも坂抜きで淡々と走った。もちろん、途中でみどりかめパンを食べた。この味は、ものすごく好みである。その一方で、天気はどんどん悪くなっていく。灰色の雲が空を覆い、陽射しが消えて、体感温度がぐぐっと下がる。寒いよおとつぶやきながら、走行終了。

 14時に自宅着。後始末をしてから書斎へ。以降は、夜まで執筆。きょうは進みが悪い。構成がいまいちだ。やり直すことにしたので、足踏み状態になる。22時半まで呻吟して店仕舞い。就寝は23時15分。6時起きの前日は、これくらいの時間に寝ないとすっきり起きられない。獏さん、菊地さん並みの睡眠時間(4〜5時間だと言っていた)というのは、わたしにはちょっと無理だね。

 2006/02/01 (Wed)

 6時半起き。雨。放射冷却がないので、朝の冷えこみはまあまあ。当然、書斎に直行。そのままこもることになるはずだったが、家の用を頼まれ、急遽、外出することになる。10時前、濡れてもいい服を着て、自転車で家をでる。用事ついでにスーパーもまわる。1時間後、びしょ濡れになって帰宅。着替えて書斎に戻り、今度は完全ヒッキーとなる。

 午後から夜まで、ひたすら執筆。特筆すべきことはなし。テレビはNARUTO、ためしてガッテン!、トリビアの泉。ガッテンの途中で風呂に入っていたら、地震で家が揺れた。震度3。湯船につかっているときに地震に遭遇したのは、これがはじめてである。書斎に戻ったら、フィギュアが1体、本棚から落ちていた。22時半にリビングへ。就寝は23時15分。