日々是口実

日々是口実

HOME
BACK NUMBER

 2004/11/30 (Tue)

 冷えこんだ1日だった。とくに昼すぎまでは陽射しがなく、本当に寒かった。多摩川がつらいよ。風もあったしね。小学生のマラソン大会にも困った。高校生のそれよりは、ずうっとましだったが、で、スケジュールは、まだ乱れっぱなしである。復旧のめどは、かけらも立っていない。

 ●BS漫画夜話。

 11月6日付けで掲載した未完のレポートに、こう書いた。

「あがっていたので、うまく言葉がでてこない。ひとつ、すごく中途半端な発言をしてしまった。かなり気になっている。編集で、そこが残っていたら、ここに補足を入れるつもりだ」

 放送を見たら、残っていたので、補足を入れておく。
 いしかわさんが「(歴史的有名人をだしていても)ぜんぜん失敗しているよ、だし方。ぜんぜん生きてないじゃない。物語の中に、うまくはまっていない。だす意味ないじゃない」と言われたことに対し、わたしが「たぶん、歴史を何も知らないからだと思う」と返したところである。この一言、これだけだとひじょうに失礼な発言になってしまうので、収録後に、わたしはいしかわさんに謝罪した。いしかわさんは「まったく気にしていない」と言われたが、わたしは気にしている。
 ここで言いたかったのは、以下のとおりである。

 ある作品に登場する人物のすべてに意味がある必要はまったくない。そもそも、でてくる人物につぎからつぎへと意味があったら、物語がめちゃくちゃになってしまう。それは、ちょっと勘弁してほしい。歴史を知っている読者(視聴者)は、その時代のその場所には、誰それとか誰それなんかがいたことを知識として身につけている。そういう有名人たちが主人公たちの周囲に、単なる点景としてでてくるだけで、それらの読者(視聴者)は、その作品からある種の味を感じとることができる。作者は、そういった登場人物に、あえて主要な役割を演じさせる必要は少しもない。ただ、そういう人をだすだけでいいのだ。わたしとしては、歴史大河ドラマを描く場合、その舞台がどの時代であっても、こういう演出は必須だと考えている。

 ところが、あがっていたため、放送されたような発言をまずしてしまった。言って、あ、これじゃいけないと思ったが、もう遅い。話はどんどん先へと流れていってしまう。多少はフォローを入れたが、ひどくまとまりのつかない、中途半端な意見になった。反省をこめ、この場で、あらためて補足を入れておく。

 2004/11/29 (Mon)

 まだまだたいへん。ただひたすら時間に追われている。でも、NHKの「オーダーメイドは〜幸せ色の紳士服店」は見た。いろいろ言いたいことはあるが、もう少し様子を見よう。出演者が着ている服の出来がいまいちなのが、すごく気になった。

 2004/11/28 (Sun)

 朝からどたばた。いろいろ書きたいことはあるが、まったく時間がない。あしたは、少し余裕ができるかなあ。

 2004/11/27 (Sat)

 今年最初の忘年会。へろへろになって深夜帰宅

 2004/11/26 (Fri)

 あかん。ぜんぜん時間に余裕がない。あっという間にになってしまった。まだきょう書きあげる予定の原稿(短いエッセイ)に手をつけてすらいないのに。残念だが、更新は、さらに先延ばしということにする。たぶん、書けるのは日曜日じゃないかな。土曜日はずうっと外出だから。

 ●それはそれとして。

「じてつう リターンズ」が掲載された「BJ魂」が発売になった。読んでもいいよという方、ぜひ、読んでいただきたい。あとアンケート葉書で協力してもいいよという奇特なお方、よろしくお願いしたい。今回は、まじに切羽詰まっている。

 2004/11/25 (Thu)

 いろいろあって、忙しかった。更新は、あしたおこなうことにする。って、あしたもスケジュールがタイトである。ああ、しんどい

 2004/11/24 (Wed)

 天気がよく、朝は強く冷えこんだ。当然、多摩川行きは11時からとなる。出発前に、HDDレコーダーのメーカーサービスから電話があった。症状を話すと、それはかなり深刻なので、パーツをそろえてから修理にうかがいたいと言われる。うーむ、修理代がいくらになるか、不安になるような回答だ。とりあえず、来週以降に再連絡ということで、話を終えた。

 午後は、修理に予定していた時間があいたので、耳鼻咽喉科に行ってきた。テレビのニュースによると、この暖かさで、10月から11月にかけてスギ花粉が飛び、季節はずれの花粉症患者がたくさんでたという。そうか。あれはブタクサじゃなくて、スギ花粉だったのか。どうりでアレルギー反応が強かったはずである。

 というわけで、鼻アレルギー用のスプレーをもらってきた。医院が混んでいたので、90分も待たされた。これでは、予定丸狂いである。あわてて帰宅し、書斎に入った。夜まで執筆。きょうも、あまり進まなかった。

 2004/11/23 (Tue)

 旗日なので、多摩川はお休み。朝から書斎の大片づけ。HDDレコーダーの修理に備え、デッキをだしやすくした。ついでに、ノイズがでるため使わなくなっていたビデオデッキ2台もラックから外す。うん、かなりすっきりしたね。腰が痛くなったけど。

 午後からは執筆。かなり集中して書いたが、枚数は思ったほど増えていない。はっきりいって、不調だ。一歩も家からでず、5500の洗車もしないでがんばったのに。あしたは修理の人がくるから、集中力が途切れる。なんとか、朝、早いうちに執筆に入れるといいなあ。走行は、11時からを予定している。

 2004/11/22 (Mon)

 富士山が見えるレベルの快晴。朝、冷えこんでいたので、軟弱こいて11時から多摩川を走った。で、帰宅してからママチャリに乗り換え、銀行と書店をめぐる。その後は書斎でヒッキー。夕食前、5500のペダルにグリースを注入した。エッグビーターのツインチタンである。メンテをさぼってずうっと使っていたので、もしかしたら、パーツ交換をしたほうがいいかもしれない。高価なペダルだから、永く使いたいものである。時間ができたら、神金さんに行って相談してこよう。

 ●失敗つづき。

 HDDレコーダーの不具合を修理の人に見せるため、サンプル録画をしているのだが、頭が寝ぼけているせいか、ケアレスミスを連発している。だめ映像をわざとつくるのは、意外にむずかしいね。待避映像のDVD-Rへの保存は、一応、すべて完了したんだけど。

 2004/11/21 (Sun)

 すごくいい天気。ちょっと朝寝してしまった。HDDレコーダーは、また録画をしくじっている。どうやら、HDD初期化の効果はなかったらしい。サポートに電話し、修理を依頼した。ちょっと録画のやりくりに苦労しそう。どうやら、べつの決断が必要になるかも。

 ●還暦記念。

 午後、細かいパーツを買いに、立川のなるしまフレンドまでフォールディングバイクで行ってきた。で、いくつか買ったら、おまけがついてきた。社長の還暦記念の大型電卓である(1000台限定)。大型というだけあって、実際にでかい。使いやすいけど、置場所に困る。どこで使おうかなあ。

 2004/11/20 (Sat)

 サイクルショーに行ってきた。11時くらいに会場に着いたので、すぐに食事をとり、それからじっくりと各ブースをまわった。仲間同士、総勢5人。しかし、まわりはじめたとたんにばらばらになり、携帯電話で連絡をとりあって再集合したのは14時ころだった。いやあ、疲れたよ。それから外の即売場に行って、ちょっと予定外の散財。今月の予算を使いきってしまった。もう何も買えない。即売って、本当に危険だなあ。

 その後、少しお茶をしてから、解散。帰宅したのは、17時くらいだったかな。帰ってからは書斎にヒッキー。執筆をした。なお、少し写真を撮ったが、きょうはもう掲載する気力がない。あした、回復していたら、作業をする。でも、その可能性は低そう

 ●HDDレコーダーのつづき。

 初期化したら、録画できるようになった。が、数タイトル録ったところで、またエラーがでた。もうちょっと様子を見てみるつもりだが、不良クラスタがあるような感じでもある。だとしたら、すごくまずい。

 2004/11/19 (Fri)

 午後には雨があがり、うまくいけば晴れ間もなんて予報が言っていたが、そんなもの、信じてはいけない。曇りにもならず、何時になっても、雨がしとしとと降りつづいている。仕方がないので、きょうは室内走行。2時間まわして、一息。BGDVD-Rは在庫になっていたドキュメンタリーである。2本ほど消化することができた。

 ●HDDレコーダー。

 トラぶった。昨夜のタイマー録画が18分1秒で停まっている。で、その状態であらたに録画しようとすると、10秒で停まる。サムネイルもつくられない。18分1秒のタイトルを削除し、あらたに録画すると動くが、またもや18分1秒で停まる。サポートに電話したら「デフラグが必要な状態に陥っている可能性があるので、HDDの初期化をしてください」と言われた。もろに予想どおりの反応である。やむなく、必死でHDD内部に残っている在庫の一掃作業に入った。いまも続行中である。

 ●ネット書店。

 bk1は重いという意見があったので(うちではとくに重く感じないんだけど)、amazonのアソシエイト・プログラムも入れてみた。ちょっとくどいトップページになってしまったような気がするが、まあ、いいや。しばらく、このままにしておこう。

 2004/11/18 (Thu)

 ローテーションが崩れているので、3日連続で走ろうかと思ったが、それはやめた。空は曇っていて、ひじょうに寒い。とりあえず、かわりにフォールディングバイクでポタをすることにした。多摩サイを下流に向かって、のんびりと走る。1時間走ったら、川崎市中原区宮内近辺に着いた。そこで、Uターンする。11時前に帰宅した。足はほとんど疲れていない。たまには、こういうのもいいね。帰宅後は、そのまま書斎にこもった。

 ●右手薬指。

 まだテープでがっちりと固めてある。したがって、タイピングに不自由している状態に、あまり変化はない。でも、そろそろ指を曲げても痛みが走らなくなってきた。そろそろもう少し簡単な閉鎖方式に切り換えてもいいかな。ラップとテープだけとかね。関節のテープは剥がれやすいので、どうしても大仰になってしまう。そうすると、指が動かなくなる。仕事にすごく影響がでているので、なんとか工夫することにしよう。

 2004/11/17 (Wed)

 家の都合で、多摩川走行の出発時間が11時になった。この時間帯、いいね。暖かいし、なによりも、人や自転車の姿が少ない。通学の学生がいないせいだろうか。実に走りやすい。おかげで、足もそこそこまわってくれた。はここをメイン走行時間帯にしようかな。

 ●ホワイト餃子。

 いわゆるお取り寄せというやつで買ってみた。100個単位でないと送ってもらえない。最少の100個で頼んだ(送料、税込で4000円である! 正直言って、高いと思う)。で、きょう着いたので、さっそく食べてみた。皮にボリュームがあるね。味はみんみんのほうが好み。でも、おいしいよ。残りは水餃子にしてみよう。

 2004/11/16 (Tue)

 添木は昨夜、寝る前に外した。しかし、テープで固定してあるので、キーボードはまだまだ打ちにくい。現に、この1行を書く間に5回くらいミスタッチをした。関節近辺の傷は対策がむずかしいね。

 多摩川走行を再開した。って、1日しかローテーションを崩していないんだけど。しかも、きのうはだった。きょうはいい天気だったが、あまり気持ちのいい晴れ方ではなかった。台風がくる直前の晴天みたいに、ときどき黒雲が流れてくる。午後まではそんな天気だった。

 午後は、風呂場のブラインドの交換をした。早くしないといけない状態だったが、とつぜんの発熱で先送りになっていたのだ。ネジのサイズが合わなかったりして、予想以上に時間がかかってしまった。ちょっとまずい。夜、一息ついて、ようやく自分の仕事に戻ることができた。あしたからは、またヒッキーでがんばるつもりである。たぶん。

 2004/11/15 (Mon)

 午前中は強い降りの雨。午後から晴天。体調はほぼ完全に戻った。やれやれである。ところが、夜。ちょっとした不注意で右手の中指を怪我してしまった。関節のところなので、曲げると傷口がひらいてしまう。閉鎖療法もやりにくい。そこで割箸でつくった添木をかました。これはすごく具合がいいのだが、副作用として、キーボードが打ちにくくなる。いまは1本指打法でしのいでいるが、ミスタッチがやたらと多い。こんな調子では仕事をするにも不自由するので、とっとと寝てしまうことにする。あしたは指を曲げた状態で固定しようかな。

 新作情報のところに「じてつう リターンズ」のそれを入れた。正念場なので、多くの読者を求めたい。というか、必要なのは、アンケート葉書なんだよね。漫画雑誌は、本当にシビアである。

 ●bk1。

 16日発売予定の疋田智さんの新刊「日本史の旅は、自転車に限る!」を注文しようとamazonに行ったら、リストにぜんぜんでてこない。近刊予約もだめ。仕方がないので、bk1に行ったら、あっさりと購入できた。amazon、ちょっとがっかりである。そこで、推奨ネット書店をbk1に変更した。ついでなので、ブリーダー契約もしてバナーもでかいのを入れてみた。めったにないけど、ここで紹介した本がおもしろそうだと思ったら、バナーをクリックしていただきたい。べつに購入者にメリットはないけどね。

 2004/11/14 (Sun)

 やはり、インフルエンザの予防接種をした翌日に55キロ走るのは、からだによくなった(石川酒造の新酒祭りに、フォールディングバイクで行ってきた)。身に沁みてわかったよ。昨夜はたぶん39度台まで行ったともう。きょうは38度台。擬似インフルエンザ状態なのに、なかなか回復しない。こういうときは、天気が悪いのを歓迎するね。

 というわけで、これから夕食を食べて寝る。節々が痛くて、起きているのがつらい。

 ●祝! 紀宮様、ご婚約。

 むかし、神田でサイン会をやったとき、控室で書店の方から色紙を渡され、紀宮様宛にサインを書いたのがついこのあいだのようである(クラッシャージョウを愛読されていたらしい)。ご婚約は実にめでたい。心からお祝いを申し上げる。

 2004/11/13 (Sat)

 へろへろ。何もする気が起きない。寝よう

 2004/11/12 (Fri)

 雨。午後まで降りつづけた。多摩サイ走行は中止。いろいろ予定があるので、室内走行もなし。午前中は細かいもろもろを片づけ、午後から外出。駅前の医院でインフルエンザの予防接種を受けてから家の用で三鷹方面に行く。15時以降はもうまったく降ってない。ときおり青空も覗く。ほんの少しだけど。帰宅してからは、書斎で執筆。予防接種の影響か、四肢がちょっとだるい。きょうも早く寝るしかないかな。

 2004/11/11 (Thu)

 わりと空が明るめの曇り。足はきのうよりも回復した(絶好調にはほど遠いけど)。多摩サイから帰っても、そんなに眠くならない。全身のけだるさも少し消えた。53歳になると1泊旅行の疲れを解消させるのに3、4日かかるんだね。まいったなあ。

 帰宅してからは、書斎にこもって執筆。きのうまでの遅れをとりもどさなくてはいけない。途中、友人に頼まれたものを買いに神金さんまで行ってきたが、あとはひたすら書斎にヒッキーである。が、予定の半分ほどで力が尽きた。勝負はあしただな。

 ●漫画夜話ツアーレポート。

 6日のぶんの半分ほどをとりあえず書いた。一気にすべてを書くことは、とてもできない。連載になる。トホホだね。

 2004/11/10 (Wed)

 相変わらずだるい。でも、きょうは休修行日。足を完全に休ませた。外出は、家の用で近所のコンビニに行っただけ。あとはずうっと書斎にこもり、うとうととしていた。……って、執筆じゃないのかよ。

 実は、まだ眠けがとれないのだ。とにかくひたすら眠い。気がつくと、テレビの番組が変わっている。椅子から落ちそうになっている。こんなふうになるのは久しぶりだね。とくに症状はないけど、風邪でもひいているのかな?

 ●トリビア。

 ディクトン、毎日使っているよ。ローディの必需品だよ。こんなネタでも、応募すれば採用してもらえるんだね。びっくりである。

 2004/11/09 (Tue)

 きょうは秋晴れ。たっぷり眠って休んだが、疲労はとれていない。したがって、足もまわらない。もっとも、きのうよりは少しまし。チェーンも外れなかった。帰宅後は書斎にこもってあれこれ。途中、ちょっとだけ神金に顔をだしたが、あとはずうっとヒッキーである。スケジュールは、まだ乱れっぱなしだ。レッドアラーム状態である。

 ●焼きたて!! ジャぱん。

 牛乳からつくったバターがアレルギーのもとになるというので、主人公がヤギの乳からつくったバターでフランスパンを焼くエピソード。ひじょうにまずい。危険な内容といってもいい。11月4日、ヤギの乳からアレルギー物質が検出され、牛乳アレルギーの強い人ほどその症状が強くでる可能性があるという研究発表が新聞、ネットニュースに載った。タイミングが実によくない。1週間経っていないんだもんね。けっこう大きく報道されたので、局のほうで何か考えるべきだったと思うが、そういう配慮はなされなかった。大袈裟かもしれないけど、この放送を見て、牛乳アレルギーの人がヤギ乳なら安心だと思い、それを飲んでショック死を起こす恐れもゼロではない。できれば、来週、このことを番組内で告知し、注意をうながしていただきたい。何かあってからでは遅いよ。

 なお、このニュースは、こちらこちらで読むことができる。

 2004/11/08 (Mon)

 山口出張の余波は大きかった。今朝の多摩サイは、最悪の走りになった。天気が悪い。曇りで、ときおり雨がぱらつく。全身がだるい。足がまわらない。おまけにチェーンまで外れてしまった。帰宅しても、頭がぼんやりしている。気がつくと、意識がない。目が覚めても、からだが動かない。

 というわけで、きょうはもう休む。あしたに期待しよう。

 2004/11/07 (Sun)

 53歳の誕生日である。山口から帰宅したのは、16時少し前。きょうも朝、2回ほど温泉に入ってきた。昨夜は3回、入った。足がちょっと疲れている。もう寝てしまうつもりだ。詳しいレポートは、あした以降になる。書けたらね。

 2004/11/06 (Sat)

 5時半起き。けっこう簡単に起きることができた。朝食がわりにバナナ2本を食べて、家をでる。新宿から山手線で浜松町。そこからモノレールで羽田空港に至る。1時間くらい早く着いてしまったね。コーヒーを飲んで一休み。それから搭乗ターミナルに行く。椅子にすわってぼおっとしていたら、NHKの人がきて挨拶をした。どうやら、時間も場所も間違えてはいないようだ。最近はこういうのが心配なんだよね。記憶の保持に難があるから。

 滑走路にゴミが落ちていたとかで、出発が20分ほど遅れた。飛行機嫌いなので、こういう待ち時間がつらい。さっさと飛んで、さっさと着いてほしい。しかし、離陸してからは快調。さほど揺れることもなく、宇部空港に到着した。ロビーにでると、迎えの車がきている。そこでいしかわさん、岡田さん、夏目さんらのレギュラー出演者とも合流。司会の笹峯さんもきている。大月さんは姿がない。別途、現地集合である。

 車で会場に行く。どこだったっけ。あ、山口情報芸術センターだ。控室に入り、まず弁当を食べる。それから打ち合わせ。リハーサル。わたしはかなり緊張している。レギュラー組はもう9年も、この番組をやっていて、形が完全にできている。その中にゲストとして入っていくのは、相当にむずかしい。しかし、まあ知らない人ばかりではないので、なんとかなるだろう。

 本番がはじまった。あがっていたので、うまく言葉がでてこない。ひとつ、すごく中途半端な発言をしてしまった。かなり気になっている。編集で、そこが残っていたら、ここに補足を入れるつもりだ。こう言いたいと心で思っていても、あせってしまい、違う一言がでてしまうんだよね。で、時間がないので、その発言のフォローができない。気がつくと、もう話題が横に移っている。これがSF大会のパネルなら、強引にもとに戻してしまうのだが、テレビじゃ、そうはいかない。そのまま流れていく。で、我に返ると、もう本番終了だ。反省しきりで、控室に帰った。

 つづく

 2004/11/05 (Fri)

 快晴がつづく。でも、きょうはきのうほどきれいに富士山が見えなかった。地平線にがかかっている。風はほとんどない。足はまわらない。工事車両がときどき多摩サイをふさぐ。こりゃ、数か月はだめだね。やになっちゃうなあ。

 ●あわただしい。

 山口行きのため、どたばたしている。それに打ち合わせや家の用が重なり、きょうは右往左往しまくっていた。あしたは朝5時半くらいに起きないとまずそう。まだ荷物ができていないんだよな。ふつうの人の倍くらい荷物をもって移動するから、たいへんである。

 2004/11/04 (Thu)

 快晴で寒い朝。吐く息が白い。富士山もよく見える。しかし、きょうはとにかく忙しかった。多摩サイから帰宅し、昼食をすませたら、あとは夕方まであちこち飛びまわった。すべて家の用である。一息ついたのが、17時過ぎ。でも、そのあとまだ家の中であれこれやることがあり、なかなか書斎にこもれない。なんか、一足早い師走状態だなあ。これで、本当の師走がきたら、どうなってしまうんだろう。とりあえず、きょうはこれだけ。更新の文章を書く時間も惜しい。

 2004/11/03 (Wed)

 きょうはちょっとだけ早起き。まずカーポートまわりを片づけ、自動車が置けるようにした。8時前、友人ふたりが車に自転車を載せて到着。そう。きょうは友人たちと多摩サイを走るのである。コースは、わたしのいつもの修行ルート。距離も同じ。用意ができたところで、わたしの先導で出発。多摩サイに着いたところで、3人一緒に走りだした。でも、スタートしたら、各人のペースで走るのがわたしたちの仲間のやり方である。当然、あっという間にばらけて、ちりぢりになった。ただし、道案内のため、要所要所で待つことにしているので、行方不明になることはない。

 にしても、きょうは気温が高かった。冬型の服装で行ったら、暑いくらいだったよ。おかげで、待ち時間にからだが冷えなかったので、よかったんだけど。

 多摩サイを2往復し、いろは坂にも行って、11時過ぎに帰宅した。うちでコーヒーを飲んで解散。わたしは昼食をとり、書斎に入った。あとはずうっと書斎である。テレビは、もちろんアメリカの大統領選挙開票速報。しかし、16時からツール・ド・北海道の総集編がはじまり、そちらとのザッピングになってしまった。これは、まずい。原稿に集中できないよ。けど、両方とも見たい。したがってザッピングになる。ああ。原稿が……。

 2004/11/02 (Tue)

 朝からいい天気。でも、きょうは多摩サイを走らない。いろいろ用がある。午前中は、銀行やらスーパーやら書店やらをまわる。午後は、5500のチェーン交換。しかし、これが難物。まず、狭い場所にビニールを敷き、新聞紙を重ねる。これだけで一仕事。古いチェーンを切り、ディレーラーを掃除する。これがもうたいへん。すごく汚い。油汚れがこびりついている。ディグリーザでぴかぴかにして、注油する。

 掃除が終わったところで、新しいチェーンを張ってつなぐ。これは簡単。最後にチェーンオイルを塗る。そのあと、新聞紙やウエスやビニールシートの片づけ。これがまたもや一仕事である。ああ、広くて、いくら汚してもかまわない快適な作業場がほしい。

 夕方は、打ち合わせで外出。資料を一山持って、東小金井に行ってきた。でもって、帰宅するとき、ホームセンターにも寄った。ママチャリのタイヤを購入。うちに着いたら、へろへろである。でも、執筆をしなくてはいけない。多摩サイこそ走らなかったが、けっこう動いてしまったなあ。あしたは休日だが、多摩サイを走る予定である。ちょっとした事情があって。川原でへんなイベントをやっていないことを強く祈ろう。

 2004/11/01 (Mon)

 起きたときはやんでいたが、その直前まで降っていたらしく、道路はびしょ濡れ状態である。当然、走るのは無理。午前中は書斎に入る。食事を早めにとり、11時半過ぎになるしまフレンド立川店に電話した。昨年2月になるしまで買ったホイールのオーバーホールを依頼するためだ。そのホイールを即納してもらえたのが、なるしまだけだったんだよね。ロードパーツの品揃えは、実にもうすばらしい。

 正午くらいに家をでた。5500のホイールなので、5500に乗っていく。きょうは気温が高い。空模様は朝よりは少しよくなったが、それでもいまにも降りだしそうな雲行きである。30分ほどで到着し、すぐに作業に入っていただいた。後学のため、作業はすべて見学させてもらう。すごく丁寧な作業だ。わたしのホイールだが、前輪はまだ問題ない状態だった。しかし、後輪がだめ。購入してから1年と9か月。走行距離は15000キロに達している。オーバーホールのタイミングとしてはぎりぎりだった。というか、ちょっと遅かったかな。つぎは、もっと早く頼もう。

 作業は2時間近くかかった。これで一安心である。最後に、チェーンの伸びを指摘された。え、ついこのあいだ替えたんじゃなかったかなと思い、帰宅してから調べたら、交換したのは昨年の10月だった。ぜんぜん「ついこのあいだ」じゃないぞ。伸びてて当然である。すでに新しいチェーンは用意してあるので、これはあした自分で替えよう。いやあ、びっくり。まったく時間感覚がないんだね。トホホ。

 ぴかぴかになった5500で家に帰る。しかし、そのまま戻るわけではない。いつものコースを走る。多摩サイを2往復+いろは坂である。心なしか後輪が静かだ。が、途中でついに雨が降ってきた。本降りとまでは言わないが、それに近い降りである。もっとも、この雨はすぐにやんだ。やんで青空がでてきた。府中をすぎると、道路もまったく濡れていない。降ったのはごく一部の地域だけだったみたいだ。それでも、5500は泥だらけになった。帰って、掃除である。だから、雨は大嫌いなんだよお。