日々是口実

日々是口実

HOME
BACK NUMBER

 2004/08/31 (Tue)

 うるさい夜だった。風雨の音で、ぜんぜん眠れない。寝ても、しばしば目が覚める。起きたら、曇り空。風がすごい。当然、多摩川はお休み。午前中は、完全なうつらうつら状態である。まいったなあ。

 午後、ちょっとした用で外出。ママチャリに乗り、多摩サイを利用して府中まで行く。台風が去って晴天になったが、風は強いまま。それでも、けっこうたくさんローディが走っている。よくやるなあ。こんな風じゃ、ちっとも楽しくないと思うんだけど。

 15時ころ帰宅。執筆に入る。しかし、またまた眠くなる。ところどころ、記憶がない。よれよれだね。気がつくと、もう夜だ。8月も終わりだというのに、なんという体たらくであろう。深く反省する。

 2004/08/30 (Mon)

 予報は曇り。起きたら、ちゃんと曇り。しかも、けっこう空が明るい。じゃあ、オッケイというので多摩川に行く。しかし、1往復目の途中で、もう雨が降ってきた。それもほとんど本降りである。で、結局、きょうは1往復で断念。家に帰った。帰ってすぐに自転車の整備をする。シューズもびしょ濡れだよ。

 午後、ぜんぜん走り足りないので、固定ローラー台をひっぱりだした。室内走行である。1時間軽めにまわして、満足。夕方、天気予報を見たら、あしたは気温35度、風速10メートル、湿度80%なんてでている。これは走れないね。たぶん。水曜日に振り替えかな。

 ●オリンピック総集編。

 べつにいいやと思っていたが、ちらりと見たら、NHKのはよくできている。エピソードの入れ方が本当にうまい。妊娠6か月の選手がいたなんて、ぜんぜん知らなかった。で、調子にのって日テレの総集編も見てしまった。うん、これはこれでおもしろい。まったく総集編にはなっていないけど、大笑いはできる。民放だと、こういう切り口以外やれることはないのだから、これもありだね。柔道チームは最高だよ。

 2004/08/29 (Sun)

 雨の1日。外出はなし。気温が低い。明け方なんて、ベッドの中で震えてしまったよ。室内着ものそれに替えた。でも、この台風が通過すると、また夏が一時的に戻ってくるらしい。それに期待しよう。

 ●日曜日。

 外出しないと、本当に書くことがなくなる。多摩川にも行かないしね。原稿を書き、を読み、テレビを見て、ビデオを消化する。それだけだ。ちなみに、アニメビデオはぜんぜん消化できていない。というか、SF大会に行ったりして、逆に在庫が増えている。いつもに比べて、ほとんど見なかったと言っていいオリンピックだけど、やはり、少しだけ在庫増加に影響を与えた。いまの状態だと、テレビアニメについて何か語るのは無理があるなあ。山積みになっているビデオテープを見ると、脱力してしまうよ。

 2004/08/28 (Sat)

 朝から小雨が降ったりやんだり。お悔やみのメールをたくさんいただいた。旭日工房にも、多くの方々から追悼の言葉が寄せられた。深く感謝している。こういう天気なので、きょうは1日、おおむね家の中で過ごした。ちょっとだけ外出したら、いきなり本降りになって、びしょ濡れになった。足の遅い台風というのは、本当に困りものである。

 ●新体操 団体。

 中国チームの演技、音楽は映画「ブラックホークダウン」からと紹介された。まじかよ。純粋に音楽の旋律だけで選んだのかなあ。ちょっと信じられない。いろいろと勘繰ってしまうね。

 2004/08/27 (Fri)

 ありし日のふうちゃん

 ふうちゃん、2004年8月27日午前零時、老衰のため、天寿をまっとうしました。ここに謹んでお知らせ申し上げます。

 2004/08/26 (Thu)

 曇っていたが、雨が降る気配はない。これなら陽焼け止めは要らないなと思って家をでたら、途中で陽射しがでてしまった。予想は外れるためにあるんだなあ。

 きょうは多摩サイで友人に会った。向こうも修行走行である。最初にすれ違ったときに手を振ったのだが、気づいてくれない。折り返してまた会ったが、やはりだめ。さらに折り返して、しつこく振ったら、3度目でようやく気がついてくれた。で、最後、帰るために多摩川原橋に着いたら、出口で自転車を停めて友人が待っていた。しばし立ち話をしてから帰宅。きょうは下りが追い風で、その方向に走るときだけ楽だった。上りはしんどかったよ。

 2004/08/25 (Wed)

 天気予報、大外れ。起きたら湿度の低い、きれいな青空が広がっているはずだったが、空はどんよりと曇っている。それでも、多摩川を走るあいだくらいはなんとかなるだろうと思っていたのだが、だめ。府中四谷橋の手前でばらばらと降ってきた。頭上を振り仰ぐと、厚い黒雲が天を覆っている。即座にこれはあかんと判断し、Uターン。家に戻った。戻って、室内走行に切り換えた。ローラーをまわしていると、外がどんどん明るくなってくる。ああ、またいつものパターンではないか。すぐにやむだろうと決めつけ、強引に走行を続行すると、本降りになる。諦めて帰ると、やんで陽射しがでてくる。きょうも例外ではなかった。がっくりだね。あしたは降らないようにしてほしいなあ。

 ●きょうもヒッキー。

 天候が安定しないので、外出する気にならない。外出する用もない。SF大会で崩れた執筆スケジュールはまだ回復していない。ビデオは溜まりまくり。睡魔はつぎつぎと襲ってくる。早く立て直さないと、まじにやばいね。なんとか、がんばろう

 2004/08/24 (Tue)

 起きたら、雨があがった直後だった。路面が濡れているので、多摩川走行は午後にまわす。午前中は溜まっているもろもろをどんどん片づけた。でも、片づけきれなかった。

 午後、5500で外にでると、微妙な空模様になっていた。雲が多い。しかし、陽射しもある。富士山もくっきりと見えている。そういう天気。晴れとは、ちょっと断言できない。しかも、風がある。横風で、けっこう強い。これはおおいに予想外。いまの季節、午後走行はかなり厳しいね。

 ●野球。

 人生、山もあればもある。同じ谷でも、柔道と野球では大きく運命が変わった。つくづくオーストラリアと相性が悪かったんだね。準決勝の相手がカナダだったら、事情が変化したかも。とはいえ、「もしも」は言ってもしょうがない。気落ちせずに銅メダルだけはちゃんと確保してね。でないと、出場できなかったアマチュア選手に顔向けできないよ。

 ●「ダーティペアの大復活」修正情報3。

 83頁、11行目

 あたしは機体下部の格納庫をあけ、そこから火器をいくつか取りだした。ビームライフルと、ハンドバズーカ。ほかに手榴弾や固形火薬も持ってきた。それぞれのホルスターには、ヒートガンとレイガンが納められている。
     ↓
 あたしは機体下部の格納庫をあけ、そこから火器をいくつか取りだした。超小型レイガンが銃把に仕込まれたビームライフルと、ハンドバズーカ。ほかに手榴弾や固形火薬も持ってきた。それぞれのホルスターには、ヒートガンとレイガンが納められている。

 161頁、8行目

 至近距離まで迫られ、レイガンで応戦した。ユリも同じだ。目の前にこられては、もうハンドバズーカは使えない。
 半数はムギがぶっ壊してくれた。あとの半数をあたしとユリで始末した。受け持った割合は、あたしが六でユリが四だ。たぶん。
     ↓
 至近距離まで迫られ、あたしはビームライフルの銃把から引き抜いた超小型レイガンで応戦した。ユリも同じだ。ハンドバズーカをレイガンに持ち換えた。目の前にこられたら、長銃身火器はもう使えない。
 マフーの半数はムギがぶっ壊してくれた。あとの半数をあたしとユリで始末した。受け持った割合は、あたしが六でユリが四だ。たぶん。

 2004/08/23 (Mon)

 昨夜、22時前にG-conから帰宅した。いまは、写真のチェックなどをしているところ。でも、ろくな写真がない。大会も、見たのはOPEDだけ。とりあえず、調布は小雨状態なので、朝の多摩川走行は中止となった。足がすごくだるいので、大助かりである。

 ●女子マラソン。

 いや、野口選手、すごい。みごとな勝利である。土佐選手、坂本選手も、あの厳しい環境の中、本当によく健闘したと思う。いまにおいても、わたしは陸連の選考方法に誤りがあったと見ているが、それは陸連の問題。選手は関係ない。敢闘し、結果を残してみせた3人の選手に心からの拍手を送りたい。しかし、ヌデレバって、いつ見てもへんな選手だなあ。解説の人も、ヌデレバ選手の動きには混乱しまくっていたね。

 2004/08/22 (Sun)

 6時に起きた。窓のカーテンが薄いので、部屋が明るくなって、目が覚めてしまったからだ。とりあえず朝風呂に入り、目を覚ます。朝食を食べ、チェックアウト。友人の車で2日目の会場に向かった。

 G-conの会場

 この写真、会場の一部である。裏手にまわると、階段状になった屋上庭園を歩くことができる。これが実にいい。眺めも最高。岐阜の町なみが一望できる。浅く水を溜めた池もある。どうやって考えたんだろうと首をかしげてしまうほど、巧みな設計である。でも、そのぶん、内部の使い勝手は悪い。芸術と実用の狭間にあるような建物だね。

 で、企画だが、きょうも見たのはひとつだけ。エンディングである。ほぼ恒例となっていたコスプレだが、今回は一企画として小規模におこなわれたらしく、メインホールではおこなわれない。したがって、記録もしていない。かわりに、暗黒星雲賞のコスプレ部門で次点と3位に入った人たちの写真を掲載しておく。受賞者である「カードキャプターさくら」のふたりは撮影しそこなった。

 セーラーマーキュリー セーラー戦士ふたり 魔女のキキ

 大会が終了したのは、16時と17時の間くらいだったかな。ちょっと記憶があやふやである。また友人の車に乗り、岐阜駅まで送っていただいた。駅で、軽食をとり、東海道線で名古屋まで。少し時間に余裕ができたので、ホーム下の待合室でパソコンを広げメールチェックをした。と、そこへ知人のご一家があらわれ、声をかけられた。もちろん、あちらもG-con参加者である。でも、ちょっとびっくり。

 22時ころ、自宅に着いた。新横浜を通過したとき、窓外が本降りになっていたため少し心配したが、調布はまだ降っていなかった。ぱらぱらと降りはじめていたけど、濡れてしまうほどではない。家に入ったら、足がだるい。何もしないSF大会だったが、あちこち歩きまわることだけはけっこうした。それが響いている。歩行や階段は、本当にに悪いね。

 2004/08/21 (Sat)

 朝6時に起きて、7時前に家をでる。かなり眠い。新幹線で名古屋に行き、東海道線に乗り換えて、岐阜駅に到着。駅前でバスに乗った。大会参加者とおぼしき乗客が、しきりにそれっぽい話をしている。この時点ですでに大会気分状態だね。

 会場の長良川国際会議場に着いたら、すでにいつもの顔があちこちに見える。前日からきている人も多いのだろう。とりあえず、オープニング開始までたらたらとして過ごす。安藤忠雄氏のデザインという会場は、まるで迷路のようだ。どこかどうつながっているのか、さっぱりわからない。オープニングが長くなることがプログラムを見てわかったので、食事をさっさととることにした。このままだと昼食を食べそこなう恐れがある。隣接するホテルに行き、大会参加者用の弁当を買って食べた。

 G-conの看板

 オープニングは、本当に長かった。この時間帯に星雲賞の発表までやってしまうのは、かなり異例である。写真を何枚か撮ったが、どれもうまく写っていなかった。かろうじて何が写っているのかわかるのが、大会の看板。とにかくこの下で、オープニングアニメや、授賞式や、開会宣言や、諸注意の説明というのがおこなわれ、14時にセレモニーは完了した。

 メインホールからでて、館内のそこかしこを見てまわり、15時過ぎに会場を離れた。宿は長良川沿いにある温泉旅館である。そこに向かった。

 長良川 金華山と岐阜城

 長良川にかかる長良橋を渡り、左手に金華山と岐阜城を見て、宿に着く。歩いて10分くらいかな。チェックインして、すぐに着替え、風呂に入った。うん、やっぱりSF大会は温泉に限る。部屋に戻ってビールを飲みながらテレビを見ていたら、同宿の仲間がふたりあらわれた。ひとりは大会参加者ではない。日程を合わせ、岐阜観光にやってきた友人である。さらにビールを飲み、ごろごろして夜を待った。

 夜は仲間たちとの宴会。秋田組から日本酒の差し入れ多数。これが大好評である。窓からは鵜飼い開始合図ともなっている花火の打ちあげが見え、いろんな意味で盛りあがる。22時以降は、大部屋に戻って宴会のつづき。お開きは24時であった。

 2004/08/20 (Fri)

 きょうも強風。が、夜中に台風の最接近が終わってしまったため、風そのものはきのうよりも強くなかった。天気は快晴。富士山もびしっと見える。足だるだるに変化はなかったけどね。

 帰宅後、昼食をとってから駅前に行き、自転車雑誌を買う。そのあと、さらに反転してリカーショップに向かい、特売のダイエットコークも買う。さらに、足だるだるになってしまった。

 夕方以降は、あしたの準備とオリンピック視聴を交互におこなう。その合間に原稿も書きたかったが、さすがにそれはむずかしい。ちなみにあしたの準備とは日本SF大会、G-conに行くための準備である。朝6時起きなんだよね。むかしなら、すごくつらかった時間帯だけど、いまは毎日7時起きなので、わりと平気。しかし、やっておくべきことが多い。行く前に疲れきってしまったぞ。ああ、ぐったり。

 2004/08/19 (Thu)

 予報が大当たりで、風が吹き荒れている多摩川になった。きょうは、ぜんぜんだめ。まったく足がまわらない。強い向かい風を感じると、わたしはいきなりめげちゃうんだよね。おかげでぐったり状態になり、そのまま怠惰な1日となっってしまった。しかも、柔道では井上選手があっさり負けてしまうし、実にもうまずいね。あ、阿武選手が決勝に進出した。ちょっとほっとしたぞ。

 2004/08/18 (Wed)

 夜中から朝にかけて激しい雷雨。雷鳴も雨音も、めちゃくちゃうるさい。何度も目が覚めてしまう。おかげで、ちょっと寝不足だよ。でも、起きたら、もう快晴になっていた。風が強い。気温も高い。フェーン現象だね。これは。午前中は書斎。午後、手続きを頼まれて市役所に行く。久しぶりの焼けるような陽射しである。まだまだ夏だねえ。帰宅後は、また書斎に直行。夕方からオリンピックの野球を見る。なんじゃ、これという試合だ。日本チームの投手って、上原と松坂だけなのかな。

 ●あすの天気予報。

 台風の余波によるフェーン現象で、あしたも強風という予報になっている。横風だと、やだなあ。向かい風も、すごくいやだけど。

 2004/08/17 (Tue)

 アメリカはシアトルに移住された声優の佐々木るんさんが一時帰国されたというので、上井草まで会いに行ってきた。午前中、ロードで50キロ走ったあとである。しかも、雨が降るという予報がでている。となれば、ママチャリで行くのがいちばん。会う時間は15時。おお、そうなると、なかなかいい時間に西荻窪を途中通過する。じゃあ、お昼は坂本屋のカツ丼だ!

 てなわけで、西荻窪をめざした。で、13時半過ぎに坂本屋の前に到着した。シャッターが閉まっている。貼紙がしてある。

 18日までお盆休み。

 がっくりである。おなかはすきまくり。仕方がないので、すぐ近くにあったモスバーガーに飛びこみ、ハンバーガーを食べた。ついでに仕事もした。コーヒーがおいしかったから、2杯飲んだ。空腹感が消えたので、少し立ち直った。

 15時に上井草の駅前で、るんさん一家と合流。話をしようということで適当な喫茶店を探すが、いまの上井草には青柳以外に店がない。喫茶店、むかしはけっこうあったのに、すっかり様変わりしてしまって、こちらは浦島状態である。青柳は、わたしと会うまでるんさん一家が時間をつぶしていた店だったので避けたかったが、そういうことなら、どうしようもない。青柳に入った。

 アメリカのアニメコンのことなど話が弾み、じゃあと席を立ったのが、17時である。店の外にでると、が降っている。でも、すぐにやむとたかをくくり、そのままママチャリにまたがった。結果、かなり濡れて帰宅。まあ、濡れてもいい恰好で行ったので、問題はなかったんだけど。しかし、足はだるだるである。ここの更新をするだけでも、けっこうしんどい。今夜は、早く寝てしまおう。

 2004/08/16 (Mon)

 涼しいというよりも、ちょっと肌寒いくらいの朝だった。天気もいい。富士山がきれいに見える。ああ、もう夏が去ってしまうんだろうか。いやだなあ。もっともっと夏がつづいてほしい。寒いのは大の苦手だよ。

 午後。きのうと同じく、ずうっと書斎。当然、書くほどのことはまったくなし。オリンピックは柔道を見るも、きょうは残念な結果。昨夜、録画しておいた自転車女子ロードレースは3時間半の試合をわずか30分強に圧縮したもので、見ても、ぜんぜん物足りない。とはいえ、まったく放送されなかった男子ロードレースよりはましである。地上波、衛星第1、BS-Hi+民放(衛星デジタルを含む)とチャンネル数はけっこうあるのに、同じ競技ばかりあちこちで流している。これではなんの意味もないね。ひとつの競技の放送はひとつのチャンネルだけで十分である。地上波以外で放送される競技を見たい人はチューナーを買うか、CATVと契約すればいい。ダブり放送は皆無にすべきだ。でないと、NHK-BSは全部やるなんてキャッチフレーズ、大嘘になってしまうぞ。

 2004/08/15 (Sun)

 朝から。昼すぎにはやんだけど、けっこうな降りだった。当然、家の外にはでない。ひたすら書斎で過ごす。ああ、書くことが何もない。

 ●オリンピックほか。

 きょうの野球(日本対イタリア)はよかった。こういう試合ばかりだと、わたしの心臓もダメージを受けない。でも、そういう種目や組み合わせばかりじゃないので、午後は新日本プロレスを見たりする。天山選手の優勝は意外だったけど、どれもいい試合だったね。柔道は、その合間にちらちらと眺めた。で、気になっていたプライドの試合結果はネットニュースでチェック。ハッスル小川選手が予想どおり惨敗していた。これはこれで仕方がないね。総合格闘技はこれでおしまいにして、プロレスに専念したほうがいいと思う。そのほうがキャラクターが生きるから。

 2004/08/14 (Sat)

 午前中はオリンピックの開会式を見る。さすがに夜中の生放送視聴は無理だった。午後は、ちょっとだけホームセンターを往復した以外は、ずうっと書斎でヒッキー。原稿を書く。合間に競技をおそるおそる見る。きょうは柔道だね。野村選手の開始14秒での一本がいちばんよかった。それ以上長い試合は心臓によくない。頼むから、組んだら即座に投げ飛ばしてよ。長引くと、どきどきしちゃうのだ。格闘技は、秒殺に限る。

 ●ミラクルC。

 競輪が提供しているテレビ東京の番組。土曜日の朝10時半から11時まで放送されている。「ケロロ軍曹」のつぎの時間帯だ。で、きょうは「筑波8時間耐久ロードレース」の参戦記。中野浩一監督率いる2チームは、一部を除くと、選手の顔ぶれがすばらしい。今週はチーム結成からスタートまで。本格的なレースレポートは来週である。展開が、かなり楽しみだ。

 2004/08/13 (Fri)

 きょうの多摩サイ修行は友人と一緒。多摩サイを5500で毎日走るようになってから1年と9か月。ずうっとソロで走ってきた。誰かと組んで走るのは、これがはじめてである。とりあえず、国立でいったん多摩サイが切れるところまで走った。最初はドラフティングの練習ということで先頭交替しながらの走行だったが、途中からソロになった。うしろを見ると、友人の姿がない。ちぎってしまったのだ。多摩サイ慣れしているわたしとかれとでは、どうしてもペースに差がでる。同じ速度では、なかなかうまく走ることができない。もう何人かいて、本当の集団走行になっていたら、もっときれいなトレインができたかもしれない。今回は、いろいろと勉強になった。

 ●新聞記事。

 今朝の産經新聞に、こんな記事が掲載されていた。一部を紙面から引用してみよう。

 韓国放送公社(KBS)は12日、1965年の日韓国交正常化の際に、日本側が植民地支配下の強制動員被害者らへの個別補償を申し出たが、韓国側が「政府が一括支払いを受け、処理する」として、これを拒否していたことが分かったと発表した。補償問題は、韓国政府が植民地支配に関する請求権を放棄する代わりに、日本から経済協力資金を受け取る形で決着した。(ソウル 時事)

 これ、けっこう重要なニュースじゃないかなあ。内容自体はよく知られていることだが、なんといっても、これは韓国側からの報道である。一面に載っけてもおかしくないと思ったけど、掲載されていたのは、海外面の片隅だった。新聞によってはまったく報道していないところもあるような気がする。こういうニュースは互いの国のためにも、大きく扱ったほうがいいよ。裁判沙汰になったりしていることなんだから。

 ●「ダーティペアの大復活」修正情報2。

 185頁、9行目

 ユリの声は、もう下のコンソールでムギが完了させている。
     ↓
 ユリの声は、もう下のコンソールでムギが登録を完了させている。

 ●お願い。

 出版作品で不備を発見された方は、高千穂遙宛にメールで直接お知らせください。よろしくお願いします。

 2004/08/12 (Thu)

 いい天気だが、やけに多摩サイ、自転車が多い。なるほど、お盆だったんだ。目立つのはトレインを組んだ集団走行のローディ。散歩らしき人の姿も増えている。ただし、土日ほどの人出ではない。みんな、せっかくのお盆休みなんだから、東京なんかに留まらず、あちこち行楽地に行けばいいのに。わたしはもちろん、自宅で仕事である。きょうも多摩川以外は外出なし。書斎にヒッキーとなった。

 ●睡眠不足。

 欲求に従い、昼間けっこう断続的にうつらうつらしつづけていたら、夜、覿面に眠られなくなってしまった。それでも、朝はいつもどおりに起きる。当然、眠い。しかし、がんばって目をあけておく。今夜は大丈夫かなあ。

 ●スウェーデン食わぬは女の恥。

 オリンピックがはじまってしまった。やはり、心臓に響くゲームを見ることはできない。女子サッカーの予選第1試合も、頭だけ見て、さっさとチャンネルを替えた。齢を重ねるごとに、心臓が弱くなっていく。今回のオリンピックは、見る競技を大幅に減らそう。心臓に負担のかからないのだけを生で見る。あとは、結果がわかってからダイジェストですませる。でも、放送競技一覧の中に射撃が見当たらないなあ。前はえんえんとクレー射撃を最初から最後まで放送するなんて粋なマネをNHKはしてくれた。チャンネル数は増えたのに、サービスはどんどん悪くなる。「全部やる」というのなら、割愛せずに、すべてちゃんと放送しろ。安くない聴取料をきちんと支払っているんだから。

 2004/08/11 (Wed)

 起きたら、いきなり豪雨。どしゃどしゃと降ってきたなあ。幸いにもきょうは休修行日だったので、影響は皆無だった。雨は午前中にやみ、午後からは陽射しもでてきた。そこで、頼まれたものを買いだしに、ホームセンターまで行ってきた。完全に干上がっていた野川に水が戻っている。あの程度の雨で、ちゃんと川になってしまうんだね。ちょっと驚いた。

 ●最近いちばん注目したエンターテインメントニュース。

「中華一番」を「少林サッカー」の監督が実写映画化する。

 公開されたら、見にいくかも。しかし、時代考証はするんだろうか?

 ●「ダーティペアの大復活」修正情報1。

 214頁、8行目。

 小さな表層雪崩程度だが、それでも馬鹿馬鹿とミサイルを撃つ。
    ↓
 小さな表層雪崩程度だが、それでもばかばかとミサイルを撃つ。

 2004/08/10 (Tue)

 きょうもきのうと同じような1日になった。多摩川から帰宅して、そのままヒッキーである。天気はちょっと不安定。強い雨が数分間だけ降った(らしい)。書斎にこもっているから、ぜんぜん気がつかない。なんか、淡々と日々が過ぎていくなあ。

 ●発電所事故。

 旭日工房を読んでいる人はもう目にしたと思うが、美浜原発の事故、これはいわゆる原発の事故ではないと思う。蒸気タービンを備えた発電所(原子力、石油火力、地熱)で起きた、より普遍的な事故だと、わたしは捉えている。したがって、各地の原発を停めて緊急点検をするだけでは不十分である。蒸気タービンを持つ、すべての発電所の点検をしなくてはいけない。そのため、見出しも「発電所事故」とした。報道も、そういったことを考慮してほしいね。4人もの死者がでた大事故なんだから。しかし、1週間後に点検をする予定になっていた矢先の事故ってのは、まじに「マーフィの法則」だねえ。「大きな事故は、常に点検の直前に起きる」。これだな。

 2004/08/09 (Mon)

 朝、多摩サイを走ったあとはずうっとヒッキーの1日。アイデア構成のため、ファミレスにこもろうかなと思っていたが、結局、書斎からでることはなかった。夕方、ヘリコプターがうるさいと家人が言う。言われてみると、たしかにそこらじゅうからヘリコプターのエンジン音が響いてくる。練馬で人を刺した男が、調布インターで車に立てこもるという事件があったらしい。すぐに解決したが、それでもヘリコプターはなかなか去っていかない。せっかくうつらうつらしていたのに(おい)。

 ●たくい人びと。

 昨今、テレビを見ていると、意外なところに「あんた、たくいね」という人がでていることに気づく。日テレの「donna」というミニ番組でている讀賣新聞の女性記者さんなんかがそうだ。自分で、堂々とおたくであることを口にし、その手のネタをしばしば扱う。世間でいろいろと言われてきたおたくだが、なんか、着実に市民権を得てきているんじゃないかな。いい感じである。もっと、たくい人びとがあちこちで目立つようになってほしい。

 そういえば、作曲家の黛敏郎さんも、たくいことを隠さなかった人だったなあ。黛さんは国産特撮映画のマニアで、公開されると、必ず映画館に行って見ていたことをご自分で語られていた。でも、「宇宙からのメッセージ」を見たときは、その音楽に腹を立て、映画鑑賞どころではなかったらしい。この映画の音楽を担当された方は、ある大作曲家のファンで、トリビュートとしてその作曲家の名曲をサウンドトラックに取りこんでしまっていた。これは、その人本人が最初から公言していたことなのだが、黛さんは、それをまったく知らず、「盗作だ。けしからん」と怒ってしまわれたのである。あの映画は、音楽以外にクレームをつけるところがいっぱいあったんだけどなあ。黛さん、さすがである。

 2004/08/08 (Sun)

 昼食前にホームセンター。頼まれものを買いにいったのだが、ない。品切れになっている。すごすごと手ぶらで帰宅。夕方まで仕事やら、あれやこれやをして、16時前に再外出。べつのホームセンターに行き、必要なものを見つけてきた。でもって、途中で友人のフォールディングバイク(DAHON)も見てきた。うーむ、軽い。本当に楽に持ち運べる。やっぱ、折り畳み自転車は、こうでなくちゃだめだね。

 ●ペットショップ。

 はじめて入った某ペットショップ。入口近くで、いきなりミニブタを売っている。ミニブタといっても、ふつうのブタよりは小型というだけで、ペットとしてのサイズ的には十分にでかい。これを町なかの家で飼うのは勇気が要るなあ。食費もけっこうかかりそうである。しかし、びっくりした。

 2004/08/07 (Sat)

 ごくふつうの土曜日になるはずだったが、朝起きると、喉が痛い。かなり痛い。どうやら、寝ている間に喉が炎症を起こしてしまったらしい。これは、まずい。へたをすると、発熱に至ることもある。急いで対処した。ビタミンCもたっぷりと補給した。おかげで、夕方過ぎにはかなり回復することができた。今夜は喉を守って寝よう。

 ●蘇東成老師のサイト。

 開設された。こちらである。老師の技を映像で見ることもできる。ここに公開されているのは、老師の技のほんの一端に過ぎないが、これだけでも老師のすごさがわかる人にはわかるんじゃないかな。

 ●アジアカップ決勝。

 前半だけで10対0くらいにしてくれないかなと思っていたんだけど、やはり、そんなふうにはならないね。心臓に影響するので、テレビ観戦はしない。ちらちらとネットの速報を覗いている。

 2004/08/06 (Fri)

 いい天気。富士山も見えた。途中、長距離走の練習をしている陸上部らしき一団がいた。このマナーがすごく悪い。やたら選手に向かって怒鳴りまくるコーチだか監督だかとともに、道幅いっぱいに広がって休んでいたりする。さすがに耐えかねて一喝した。こういう気配りのないコーチはだめだね。選手を指導する前に、自分が誰かに指導されるべきである。今回のことで、少し反省してくれるといいのだが。

 サイクルベースあさひさん。

 自転車及び自転車パーツ通販の最大手である。そのあさひさんが、大失敗をやらかした。メールマガジンをつくったのだが、それを告知するためサブジェクトに「未承諾広告」と記したDMをユーザーすべてに勝手に送ってしまったのだ。しかし、この失態は失態として、激昂している人たちのことがよくわからない。口を極めて「ウイルスメールかと思った」とか「一方的なDMは不快だ」とか罵り倒しているのだが、そんなに「未承諾広告」メールが嫌いなのなら、どうしてそれを排除する設定をしておかなかったのだろう。

 サブジェクトに「未承諾広告」と記述されたDMはぜんぜん珍しくない。うちには毎日、何通もくる。もちろん、わたしもそういうメールに用はないから、到着と同時に削除ボックスに行くよう、メーラーで設定してある。うちの場合、これはプロバイダ側でも設定できる。それをしておけば、サブジェクトに「未承諾広告」とあるメールは、わたしのもとに届くことすらない。目に触れることなく、捨てられる。わたしは「未承諾広告」であっても必要なメールがくることがまれにあるので、メーラーでの排除設定に留めているが、そういう事情がなければ、当然、プロバイダ側でその設定をする。でも、いまはそうしていないから、配信されても送信者を罵らない。

 今回のあさひさんの行為は明らかに誤っていた。誤っていたが、それと「未承諾広告」を徹底的に嫌うのとは話がべつである。それは自分で排除できることだ。でも、怒りまくっている人たちは、「未承諾広告」メールは「いたずらやウイルスメールの可能性があり、届くだけで気分が悪くなる」と言って、えんえんと騒ぐ。理解不能だなあ。そんなに忌み嫌う危険なものを、なぜ通常のメールボックスに届く設定にしているのかしらん。わたしには、それが不思議でならない。もしかして「未承諾広告」メールは嫌いだけど、そういうメールをだした相手をひたすら糾弾するのは大好き。そういうことなのかな。やはり、理解できないことだけど。

 2004/08/05 (Thu)

 天気予報は晴れに変わっていたが、我が家の上空には黒雲が多く、いまにも降りだしそうな空模様の1日だった(でも、降らないんだな、これが)。で、午前中はひたすら眠くて、ただうつらうつら。午後は家の用で外出し、16時ころに帰宅。その後は、ずうっと原稿を書いていた。しかし、とにかくやたらと眠い。とくに睡眠不足というわけではないのだが、どうしてこんなに眠いんだろう。理由がまったくわからない。

 ●茶豆の味。

 おいしかった。ゆで具合も最高。ガッテンガッテンガッテンである。でも、この味のよさは豆の質にかなり依存しているような気がする。今度、ふつうの枝豆を買ってきて、同じようにゆでてみよう。ちなみに手抜きゆでをしているので、サヤ切りはしていない。かわりにゆでたあと、1時間以上おいて食べた。これも、ガッテンの指示どおりである。血圧を気にしているので、ゆでたあとの塩足しはしなかった。

 2004/08/04 (Wed)

 とりあえずあしたの天気のことを考えて、きょうも多摩川を走ってきた。で、帰宅後すぐに再外出。駅前の書店に行って「並木橋通り アオバ自転車店」の12を買った。しかし、この書店、毎回アオバが入荷するたびにその置場所を替える。おかげでぜんぜん見つからない。同じタイトルは、いつも同じ場所に置いてほしいなあ。結局、店員さんに教えてもらうことになっちゃったよ。

 昼食後は、ツールの再放送。きょうからはじまった。すでに見終えているから、仕事中のBGVにちょうどいい。夕方までアイデア構成に専念した……と思う。ところどころ、記憶が欠如しているけど。

 ●黒埼茶豆。

 森下一仁さんから茶豆をいただいたので、さっそくゆでてみた。ゆで方は「ためしてガッテン」で紹介された手順を用いた。こちらがそれである。ただし、この更新を終えてから食べるので、味の報告はいまできない。あしたになる。

 ●再びお尻。

 きょうはかなり楽になっていた。痛くないわけではないが、それほどつらくもない。じりじりと馴染んできているね。ちょっと安心した。来週あたりが楽しみである。

 2004/08/03 (Tue)

 地平線にかすかに富士山が見えるレベルの晴れ。とはいえ、そのわりに青空は少ない。気温もさほどではない。朝、多摩川を走り、帰宅してからはずうっと書斎にこもりきり。仕事の進みがいまいち以外は、とくに何もなかった1日である。天気予報がずれて、天気の崩れる日が木曜日になった。こうなると、あした走っておくべきかどうかで少し悩む。どうしようかなあ。

 ●お尻。

 痛いよ。OVで負ったダメージが消えていないまま走りつづけているので、いつまでも痛いのかもしれないが、依然として痛い。休修行日もママチャリやフォールディングバイクで、つい走ってしまうから、尻だけは休ませられないんだよね。おまけに1日中、書斎の椅子にすわりっぱなしだし。

 2004/08/02 (Mon)

 空気が乾いているので、気温のわりには暑さを感じない。しかし、それもきょう限りかな。あしたの天気予報があまりよくない。とりあえず、午前中は大丈夫みたいなので、多摩川走行に影響はでないみたいだけど。

 きょうの午後は、忙しかった。家の用ででたあと、そのままドンキホーテにまわってネコ砂を買う。いったん帰宅し、すぐに再外出。今度は市役所で書類の提出である。書斎に戻ったら、眠い眠い。夕食までうつらうつら状態で過ごしてしまったよ。まいったなあ。

 ●またまたサドル。

 どうしてもお尻が痛いので、5500のサドルをSLR Tiに替えてみた。ああ、これだとぜんぜん痛くない。トランザムと違い、真ん中にがあいていないので、多摩浦(意味は各自で考えること)があたってしまうが、それもそんなには気にならない。こうなると、OVはやはりわたしの骨格との相性が悪いんだな。取りつけの関係で、今回はシートポストもフォーから以前使っていたミレニアムに戻した。また、これでしばらく走ってみよう。

 2004/08/01 (Sun)

 先ほどまで「NHKスペシャル 調査報告 日本道路公団 〜借金30兆円・膨張の軌跡」を見ていたのだが、胸くそが悪くなるような人たちがつぎつぎと画面にでてきていたなあ。この番組、NHKは朝、昼、夕方、ゴールデンタイムで連続再放送したほうがいいよ。8月3日深夜の再放送だけでは絶対に足りない。そう思う。とにかく、日本国民は、ひとり残らずこの番組を見たほうがいい。見て、道路公団が何をしてきたのかをきちんと知ったほうがいい。自分の手で稼いだのではない金を手にすると、人間はとんでもないことを平然とする。実にもう無責任になる。NHKはすべての公団に対して、こういう番組をつくってほしい。道路公団だけで終わっちゃだめだよ。

 ●きょう1日。

 きのうの決意どおり、終日、書斎で過ごした。アニメはアニマックスで放送した「アズサ、お手伝いします!」という作品を見た。懸賞シナリオの最優秀作をアニメ化したものらしい。他の作品ではあまり見られない「脚色」というクレジットが入っていた。ふつうはコンテで、脚色どころか大幅改変してしまう例も珍しくないんだけどね。