日々是口実

日々是口実

HOME
BACK NUMBER

 2003/07/31 (Thu)

 曇りかなと思っていたら、青空を見ることができた。でも、天候はひじょうに不安定。多摩川から帰宅し。昼食をとってから、少し自転車のポジション調整をする。要するに逃避行動ね。ちょっと詰まっていたりするのだ。しかし、けっこう長い逃避になってしまい、夕方からは大あわて。遅れを取り戻そうとあがいたために、ここの更新も1時間ほど押してしまった。とはいえ、とくに書くほどのことは何もない。ビデオ消化もしなかったし、これはという番組も、きょうはなかった。あ、神経痛は少し楽になった。背中からまた左頭頂部に移り、そこでかすかに痛みを残している程度だ。まだ全快 ではない。

 2003/07/30 (Wed)

 朝から。しかし、昼前にあがり、以降はそこそこの晴天になった。とはいえ、休自転車日なので、外にはほとんどでない。ずうっとヒッキーで仕事をしていた。なんて真面目な人生なんだろう。

 ●神経痛。

 数日前から左後頭部にでていた。それが、きのう右後頭部に移った。で、きょうは右肩胛骨下(背中)に移動してきている。とっても痛い。ちょっと真面目に原稿を書くと、すぐにからだが壊れてしまう。これからは本のどこかに「健康のため、書きすぎに注意しています」という表示を入れてもらおうかな。

「住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー」2003年7月12日放送 TVK 毎週土曜日 25時15分〜25時45分

 アニメ新番組。原作者の名前、見覚えがあるなあ。電撃小説大賞で、わたしが審査を担当した人のような気がする。作画が丁寧だね。ギャグのリズムはいまいちだけど、きちんとつくろうとしている姿勢がわりといい。とはいえ、見つづけるかどうかは、いまのところ微妙

「トリビアの泉〜素晴らしいムダ知識」2003年7月30日放送 フジテレビ 毎週水曜日 21時〜21時54分

ユーゴスラビアのワールドカップ代表は、キーパー以外、全員の名前にビッチがついていたことがある」というトリビア。「ビッチはにつく言葉で、意味は息子」という説明に対し、「じゃあ、サノバビッチは孫だね」というボケが誰からもでなかったのが、とても残念。タモリさん、荒俣さんに、すごく期待したんだけどなあ。

 2003/07/29 (Tue)

 多摩川の帰路で雨に降られてしまった。朝の多摩川走行をはじめてからちょうど9か月。はじめての雨である。たいした降りではなかったのだが、それでもはじめて浴びてしまったので、いろいろと感慨深い。これまではちょっとでも降りそうなら、すぐに走行中止にしていたもんね。でも、きょうはそういう気配はまったくなかった。さすがは長梅雨。油断がならない。で、帰宅し、昼食をとっている間にやんでしまった。じゃあというので、駅前に行き、銀行をまわる。その後は、書斎にこもって執筆。1日が淡々と終わった。しばらく、こういう日がつづきそうだね。トホホ。

 *再放送情報「NHKスペシャル 文明の道シリーズ」(変更の可能性あり)

「第1集 アレクサンドロス大王 ペルシャ帝国への挑戦」8/5 NHK総合 24時25分〜25時20分
「第2集 アレクサンドロスの遺産 最果てのギリシャ都市」8/6 NHK総合 24時25分〜25時20分
「第3集 ガンダーラ・仏教飛翔の地」8/7 NHK総合 24時25分〜25時20分
「第4集 地中海帝国ローマ・東方への夢」8/8 NHK総合 24時25分〜25時20分

 2003/07/28 (Mon)

 あいかわらず中途半端な天気。ツールが終わったので、通常の生活に戻り、ただひたすら原稿を書く1日となった。したがって、話題は皆無。何もなし。ビデオは在庫のまま山積みである。いろんな意味で、早くすっきりしてしまいたいね。

 2003/07/27 (Sun)

 晴れたけど、雲が多かった。午後は降りだすかなという空模様にもなった。そんな中、書斎の照明器具のことを相談するため、ちょっとホームセンターまで行ってきた。うーむ、うちの照明器具は簡単に交換できないタイプだね。やろうと思えばできるけど、コードの被覆も劣化している状態だから、ここはプロにまかせたほうがいいかもしれない。蛍光灯を替えてしまったことだし、もう数日、悩んでみよう。

 ●ツール・ド・フランス最終日。

 1プロローグ20ステージの熱戦も、きょうでおしまい。マイヨ・ジョーヌ争いの決着はきのうついているが、ポイント賞のほうは、まだ決戦のただなかである。ランス、本当にすごい。いま、山場にさしかかろうとしているところだけど、きょうはここで更新だね。ああ、激しいアタック合戦だ。

 2003/07/26 (Sat)

 曇りの予報だったが、晴れ間がけっこうでている。さっそく書店に行き、雑誌を買ってきた。で、帰ってきて書斎の明りのスイッチを入れたら、これがぜんぜん点かない。室内は真っ暗である。またかよという感じだ。書斎の照明器具は、とっくに耐用年数を超えている。プラスチック部品など、粉になってぼろぼろ崩れはじめるほどだ。だから、ときどきこういうことが起きる。でも、直すのは簡単、蛍光灯を入れ替えてやればいい。すると、おおむね点灯する。その場合、1、2本は必ず点かない蛍光灯がある。元凶はそれだ。そいつを交換すると、すべて点くようになる。スーパーに行って蛍光灯を購入し、入れ替える。おお、みごとに点いた。しかし、このままにしておくのは、正直な話、やばいんだよね。照明器具そのものを交換しないと絶対にまずい。どうするかを、そろそろ検討しよう。

 ●DVDデッキ。

 リビングのDVDデッキ、いろいろ事情があって、撤去されたままになっていた。が、やはりリビングにないと、けっこう不便である。ワイド画面のタイトルは36インチのスクリーンで見たいしね。そう思っていたら、友人が使用していないDVDデッキを融通してくれると言ってくれた。ああ、うれしい。しかも、D端子付きである。そこで、雑誌を買うついでにD端子ケーブルを買ってきて、テレビに接続した。ばっちりである。実にすばらしい。友人に大感謝。この場を借りて、お礼を申し上げておく。ありがとう

 ●更新できない。

 ランスウールリッヒの決着がつかない限り、もう何もできない状態である(ツール・ド・フランスね)。あ、いま終わった。うるちゃん、転びそうな走りだなあと思ってみていたら、本当に転んじゃったよ。でも、転ぶ転ばないのも技術と勝負のうち、これはどうしようもない。ランス、おめでとう。ロードレーサーをTREKにして、まじによかったよ。るんるん。さあ、更新だ。

 2003/07/25 (Fri)

 梅雨、明けないねえ。でも、雨は降っていないので、多摩川には行ってきた。月曜を休んだため、きょうで4日連続の走行である(水曜日は室内)。さすがに足がまわらない。土日はゆっくりと休み、執筆に専念しよう。温泉ボケで、アイデアがでにくくなっているのが、ひじょうにまずいんだな。

「ぽぽたん」2003年7月17日放送 BS-i 毎週木曜日 24時30分〜25時

 アニメ新番組。オンエアで見たんだけど、取りあげるのをぱっくり忘れていた。ま、そういう印象だったということだろう。絵は、とてもきれい。演出や構成にも、とくに大きな破綻はない。が、いまひとつインパクトに欠けている。それで、つい忘れてしまったのかもしれない。昨夜、第2回を見て、書き忘れていることに気がついた。2回目は、わりといい出来だったよ。この調子で進み、トータルとして佳作になってくれればいいんじゃないかな。

「THE FACE」2003年7月19日放送 テレビ東京 毎週土曜日 10時30分〜11時

 競輪の日本自転車振興会が提供している番組である。今回はアニメ映画「茄子 アンダルシアの夏」の宣伝を兼ねて、高坂希太郎監督が主役(ナビゲータは中野浩一さん。ゲストは砂田弓弦さん)。高坂監督、番組の中で多摩川サイクリングロードを走っている。これ、ついこのあいだ撮った絵じゃないかな。先日、河原にドーリーを敷いている映像スタッフがいたので、また何かロケがあるんだと思いながら通りすぎたんだけど、周辺の景色、画面の雰囲気から見て、どうもこれだったような気がする(多摩川は映像作品のロケがとても多い)。だとしたら、撮影にぶつからなくてよかった。ロケがあると、道路をふさがれてしまうから、たいへんなんだよね。

 2003/07/24 (Thu)

 朝から曇り。しかし、雨があがったばかりという感じで、道路は完全に濡れている。とりあえず様子見ということで、午前中は走行をパス。すると、午後になって天候が回復し、晴れ間も少しでてきた。これはいい。すぐにしたくをして、多摩川を走ってきた。で、帰宅して仕事をしようとしたら、マイクロソフトがセキュリティ情報をだしている。ランクは緊急。かなりやばい。詳細はこちらにある。

 対処法がDirectX 9.0bのインストールのみというのが、すごくいやね。DirectXには、痛い目に遭った思い出しかない。でも、こういう状況なら、9.0bを入れるしかなさそうである。仕方がないので、フルバックアップをとった。きょうは、この作業だけで、午後の時間がすべて消えた。その上で、9.0bをインストールした。結果は問題なし。

 ふう、今回はとっても運がよかった。対策インストールはWindows Updateでできる。可能なら、すぐにやったほうがいいだろう。ただし、これにより何か不具合が生じてもわたしは関知しない。やるときは自己責任でやってほしい。と、一応、お約束の宣言を書いておく。

 2003/07/23 (Wed)

 曇りだといいなあと思いながら起きたら、残念、小雨が降っていた。多摩川は中止。午後から室内走行となった。やっているとき、寝ぐらになっている桶の中で熟睡していたふうちゃんが、いきなりがばっと飛びあがるように身を起こし、桶ががたんと大きな音を立てた。その音を聞き、今度はサスケが仰天してパニック状態に陥った。跳ねながら、だだっと駆けだして、5500の下をすごい速度でくぐりぬける。前輪とチェーンリングの間だ。ひじょうに狭い空間である。サスケのからだが90回転/分でまわっているチェーンリングに触れ、体毛が四方に飛び散った。当然、ペダル漕ぎはストップである。あわててサドルから降り、サスケのからだを調べようとするが、昂奮していて捕まえることもできない。仕方がないので、飛び散った毛を片づけ、室内走行を再開した。サスケのからだは走行終了後にじっくり調べたが、怪我らしきものはなかった。どうやら、無傷だったらしい。ふうちゃんは夢でも見たのかなあ。サスケが音で驚くのは珍しくない。アメショーというのはそういう性格らしく、弟の家で飼っているアメショーも何かの弾みでとつぜん驚き、その場でぴょんと1メートルくらい跳ねることが何度もあるという。でも、きょうみたいなパニックはめったにない。本当に、こっちがびっくりするよ。ふうちゃんはそのあと、何ごともなかったような顔をして、寝直していた。やれやれ

 ●パオパオビールの味。

 意外にも飲める味だった。感じとしては、いわゆるドライ系。麦芽とホップだけでつくったビールで、これだけ軽いふわりとした味がだせるとは……。やればできるじゃないか。>銀河高原ビール
 というわけで、きのうの発言は撤回。これは好みの味である。でも、350mlで235円もするから、もう買わない。健康のため、糖質70%カットの発泡酒でつつましく生きていこう。

「グリーングリーン」2003年7月14日放送 TVK 毎週月曜日 24時5分〜24時35分

 アニメ新番組。シナリオだめ、作画だめ、演出だめの惨澹たる第1話。これは尋常ではない。制作関係で何かあったんだろうか。そのあたりは、回が進めばはっきりするのではと思われる。2、3話見て状況に変化がないのなら、これはそういう作品だったということになるのだろう。

 2003/07/22 (Tue)

 いつもの時間に起きたが、まだからだがだるい。それでも、多摩川に行く。花火大会の片づけがまだ終わっていなくて、トラックなんか出入りしており、けっこう危険。きのうのうちに終えておけよと言いたいなあ。帰宅してからは、ひたすら溜まっていた仕事。でも、溜まっていたビデオもテレビで流す。きょうはツールの休養日なので、ビデオ視聴が可能になっている。こういうときに少し消化しておかないと、だめだね。

 ●パオパオビール。

 アニメ映画「茄子 アンダルシアの夏」の広告企画商品。全国のローソンで22日から発売というので近所のローソンに買いにいったら、置いてない。「企画ものは店長の裁量で仕入れるかどうかを決める」んだって。近所の店にセンスがないとたいへんである。結局、甲州街道のローソンまで行って買ってきた。中身は銀河高原ビールなので、味は期待できない。でも、企画ものだから買ってしまうのさ。ここを更新したら、「エアマスター」を見ながら飲む予定。

 2003/07/21 (Mon)

 大会3日目。何時に起きたっけ? 8時前に起きて風呂に入り、それから朝食に行ったような気がするんだが、よく覚えていない。クロージングは10時から宴会場でおこなわれた。例の立食パーティの部屋である。センター試験の結果発表や、暗黒星雲賞の授賞式などがあった。途中、暗黒星雲賞の自由部門を受賞したホテルニュー塩原の主任さんが感極まって泣きだしてしまうというハプニングがあった。うーん、これはちょっと勘違いされていると思う。暗黒星雲賞って、そういう賞じゃないはずなんだよね。で、そういう賞でないところに価値があるんだよね。しかし、こういう素直な人も悪くないかな。なお、今後の大会スケジュールだが、来年は岐阜、そのつぎは横浜、さらにそのつぎは宮城ということになった。とりあえず、リンクページにG-CONへのLINKを入れておく。

 大会終了。11時半くらいだったはず。即座に帰宅。とにかく19時10分までに帰らなくてはいけない。でないと、ツールの放送がはじまってしまう(それかよ!)。東北道は、帰路もそれほど混んではいない。ただし、SAやPAはべつ。こちらは大根雑。それと、外環道を降りてからが、すごく混んでいた。途中から裏道にまわって、ファミレスに直行。遅い昼食を食べ、15時過ぎに我が家へと帰った。帰宅してからは荷物の片づけなど、あれやこれやをする。で、気がつくと、もう夜。当然、ツールを見る時間である。ランス・アームストロングが転倒するという衝撃的なシーンを見て声をあげ、そのあとのすさまじいスパートを見て歓声をあげるという状態で、きょうのステージは終了した。ああ、大満足。気持ちよく寝ることができた。

 2003/07/20 (Sun)

 午前8時起き。横のベッドにいるOさんを起こしたら、返事をしつつ身を起こしたのは、森岡浩之さんだった。あら、びっくり。わたしか寝たときは、そこにOさんがいたはずなのだが、いつの間にか、入れ替わっていたらしい。不思議なこともあるものである。でも、SF大会だから、いいや。

 鉄腕アトムのケーキ 森岡浩之さん

 *写真:昨夜の立食パーティに登場した鉄腕アトムの誕生ケーキ。きのうの更新で入れそこなったので、ここに押しこんだ。もう1枚は、部屋でくつろいでいる森岡浩之さん。タマちゃんのコスプレではない。

 朝食は、和食のビュッフェ形式。食べたら、風呂。その後、部屋でまったりする。正午にラーメンを食べ、また風呂に入り、自室でまったりする。ビール缶チューハイ日本酒も飲む。企画はぜんぜん覗かない。いやあ、本当にいいSF大会だなあ。

 午後になって、少し動いた。昨夜行った酒場に入り、ビールを飲む。そうこうするうちにSFセンター試験がはじまったので、その様子を見物。問題、すごくむずかしい。試験のあとは、また立食パーティ形式で星雲賞と、ファンジン大賞の発表と授賞式になった。受賞者は……T-conの公式サイトを見ていただきたい。

 パーティの最後はマスカレード大会、小谷真理杯である。要するにコスプレコンテストね。優勝は千と千尋のハクくん。すごくいい。やっぱ、コスプレは大会の華である。もっと参加者が増えるといいなあ。

 優勝したハク 藤原佐為とお茶の水博士

 *写真:マスカレード大会で優勝したハクくんと、それぞれ賞を獲得した藤原佐為お茶の水博士

 23時、今大会はじめての正式企画参加ということで、小さなお茶会に出席した。10人余りの人たちと、お茶をいただきながら雑談をする。時間は90分。長いなあと思っていたら、意外にあっさりと終わってしまった。馬鹿話は時間を忘れてしまう効果があるね。企画終了後はすぐに部屋へと戻り、ツールの結果をWebで見てから就寝した。

 2003/07/19 (Sat)

 いつもどおりの時間に起きて、旅行準備をする。10時に完了したので、ちょいと駅前に行って、自転車雑誌を買ってきた。11時少し前に同行するOさんがくる。さっそく出発。外環道までは少し混んでいたが、東北道に乗ったら連休とは思えぬがら空き状態で、すんなりと塩原に到着した。着いたのは、15時10分くらいだったかな。受付で手続きを終え、部屋に荷物を置いたら。、即、入浴である。入浴したら、即、ビールである。ホテルニュー塩原の岩風呂は雰囲気、湯質などいまいちのレベル。ホテルそのものが、ちょっと古いんだよね。

 小松左京さんと一本木蛮ちゃん 豊田有恒さん

 *写真:特別室で、すでに宴会をはじめられていた小松左京さんと一本木蛮ちゃん、豊田有恒さん。

 18時に、立食パーティ形式で開会式がはじまった。小松左京さん、野田昌宏さんが、挨拶や乾杯をおこなう。わたしも、短くスピーチ。すでに、かなり酔っている。酒、風呂、寝る、酒、風呂、寝る……のSF大会は、もう全開状態だ。

 小松さんと柴野拓美さん

 *写真:開会挨拶をされる小松左京さん。テーブル席に着かれているのは、柴野拓美さん。

 パーティが終わったのは20時過ぎあたりだったと思う。もはや覚えていない。風呂に入ったり、通信をしたり、テレビを見たりしながら飲んでいたら、企画の酒場に行こうということになり、部屋をでた。酒場に入ったら、もう動かない。ほかにどういう企画をやっているのかは、まったく不明。そうこうするうちにお召しがかかって、小松さんの部屋に行く。そこでさらに飲んで、深夜になった。さすがに24時を過ぎると、もう眠い。自室に戻って、寝た。

 2003/07/18 (Fri)

 あわただしい1日。起きて、すぐに多摩川へ行く。予報と違って、雲の低い曇天である。途中で霧雨になったので、関戸橋でUターンした。5日連続の走行で、さすがに足が重い。帰宅後、昼食をとってから、新宿に向かった。買物などをして、17時から某編集部と打ち合わせ。19時半に家に戻って、夕食。その後は、あしたの準備である。21時からはツールがはじまり、個人TTを横目で見ながら、あれこれする。ビデオの予約がいちばんたいへんだね。ツールがあるので、ビデオデッキの確保がむずかしい。なんとかやりくりして、すべての予約を完了した。行く前から、もうくたくただよ。

 ●つぎの更新。

 たぶん、22日(火曜日)になると思う。H"がつながれば、旭日工房にT-CONレポートを入れることができるかも。しかし、飲んだくれて倒れていそうな予感が大である。

 2003/07/17 (Thu)

 毎日、同じような天気(曇りで低気温)がつづく。そして、同じような執筆状況もえんえんとつづく。けっこうトホホ。

 ●ママチャリの改造。

 息子から譲り受けたママチャリ、サドルの高さがいまひとつ合わないことを先に書いたが、結局、通販でシートポスト(とサドル)を購入し、きょう交換した。サドルは、なんと750円である。安い。結果は、大成功。ぴったりの位置になった。しかも、ついでにペダルも替えてしまった。ママチャリといえども、きちんとセッティングすれば、その性能はかなりのものになる。今度、少し距離を走ってみよう。いつになるのかは、いまのところ完全に不明であるが。

 ●蚊に食われる。

 で作業していると、すぐに蚊に食われてしまうようになった。きょうも数分で4か所、食われた。日本で西ナイルウイルス感染がでるとしたら、わたしが第1号になりそうである。途中から蚊取り線香をつけて作業したが、もっと早くつければよかったなあ。蚊を侮ってしまった。反省。

 2003/07/16 (Wed)

 本来は休自転車日だが、週末にSF大会があったりするため、強引に多摩川を走ってきた。気温が低く、陽射しも弱い。ひじょうに快適である。しかも、風がない。もしかして、雨さえ降らなければ、いまの時期がいちばん自転車走行に適しているのではないだろうか。秋や春は、さわやかに晴れても、けっこう強く風が吹くんだよね。とはいえ、きょうは帰宅直後に、いきなり雨が降りだした。一過性の驟雨である。ざざっと降ってすぐにやみ、今度は陽射しがでてきた。うーん、やっぱり、こんなに天候が不安定な時期は自転車走行に向いていないぞ(どっちなんだよ)。

 ●ツールは休み。

 ツール・ド・フランスは3週間のレース期間中に2日、休みが入る。きょうは、その最初の日。意外にも、ツールのある日より仕事が進まない。集中力が長続きせず、気がつくと意識を失っている(つまり、寝てしまっているということ)。やはり、何か芯になるものが仕事には必要なんだね(本当か?)。人間の不可思議さを痛感した1日であった(嘘だろ?)。

「HAPPY★LESSON ADVANCE」2003年7月6日放送 TVK 毎週日曜日 25時〜25時30分

 アニメ新番組。これは前シリーズから視聴対象外作品。

 2003/07/15 (Tue)

 雨の降らない曇り。多摩川は花火大会の準備で、見物スタンドなどの組み立てがはじまっている。おかげで河川敷への車の出入りが多い。作業員も路上をうろうろしている。実に走りにくい。ちょっと迷惑だなあ。

 ●きのうのツール。

 ホセバ・ベロキの落車で衝撃が走った。怖い事故の多いツールになってきているね。先行きが心配である。

 で、それはさておき、生放送をやっているのは、Jスカイスポーツ3だ。このツール放送関連イベントがすばらしい。絶賛してしまう。期間中毎日、豪華賞品のクイズをおこなっているし、サイトには各種情報ページや専用BBSも用意している。それどころか、隠しページで裏ツールイベントまでやっていて、プレゼントを配っている。実は、わたしもこの裏プレを今回獲得した。ツール100年記念Tシャツがいま手もとにある。へっへっへ。

 これまでどんなに要望しても調布ケーブルテレビでは配信されなかったJスカイスポーツ3だが、今年、J-com傘下に入ったとたんに我が家へも配信されるようになった。めでたい。本当にめでたい。生放送を見ているのと見ていないのでは、このサイトと連動した大イベントも、かなりテンションが落ちちゃうんだよね。レースの状況がまったくわからないから。でも、今年は違う。ばりばり参加している。クイズも7回当てた(抽選で全部外れてるけど)。ゴールまでには12勝くらいしてやろう。抽選はべつとして(トホホ)。

「おねがい*ツインズ」2003年7月15日放送 WOWOW 毎週火曜日 18時30分〜19時

 アニメ新番組。「おね*てぃ」の舞台に重ねて、異なるエピソードをあらたに構築しようとする試みをしている。なかなかおもしろい。作画品質はいまいちだが、1話としてもまとまりもよく、「おね*てぃ」のそれよりも好感の持てる構成になっていた。このあとの展開を楽しみにしたい一作である。ただし、男がうじうじするのだけは、やめてよね。見てて、いらつくから。

 2003/07/14 (Mon)

 きょうも眠い。気温が低くて、起きるのがつらかった。で、外は雨。室内走行になる天気である。しかし、午後になってあがったので、強引に多摩川まで5500で行ってきた。水溜まりだらけだね。おかげで5500は泥まみれ。でも、気分はまあまあよかった。走るのなら、やっぱり外がいいなあ。室内走行だと、ビデオ消化ができるんだけど。

 ●依然として。

 ネタはなし。きょうは18時半からツール。クイズがすごくむずかしい。というか、こんなの、わかる人いないぞ(ゴール時の先頭集団は何人か?)。マキュアンの順位を当てたときの方法しかないかな(数字を書いた鉛筆を転がした)。20人以上ってことはないと思うんだが。

 ●ER VIII。

 ツールを優先してしまった。こういうことははじめてである。ERはあした、ビデオで見ることにする(見られるのかなあ)。うーん、グリーン先生、どうなったんだろう。ちょっと気になる。

 2003/07/13 (Sun)

 とても眠い1日だった。さすがに230キロの山岳コースを7時間ぶっ通しで見ていると、選手並みに疲れるよ。からだが走った気になってしまうんだな(嘘)。でもって、きょうもほぼきのうと同じ放送時間となっている。この放送の前には、ワンピースK-1も、みんな飛んでしまう。ただひたすらツールだ(それと執筆も)。しかし、梅雨の明ける気配がないなあ。天に向かって、あと1週間でなんとかしてくれと言いたい。SF大会がはじまっちゃうぞ。

 2003/07/12 (Sat)

 きょうも晴れた。土曜日だけど。午後、ママチャリのシートポストが少し短いので長いのに替えられないかと思い、神金自転車商会に行ってきた。でも、このママチャリのシートポストの径は、なぜか25ミリである。細い。25.4ミリならいろんなものがあるのだが、ママチャリ用として25ミリ径の長いやつを入手するのはちょっとむずかしい。諦めて、帰宅(ユニクロもまわってきたけど)。その後、ネット通販で探したら、1種類だけあった(MTB用で、やぐら付き長さ300ミリ)。どうしようかなあ。これにすると、サドルも替えないといけなくなる。

 ●きょうのツール。

 夕方17時50分から放送スタートである。CMなしで、24時過ぎまでえんえんと生中継がつづく。横目で見ているのだが、ときおり手が止まるのは、いかんともしがたい。山岳は、やっぱりおもしろいね。スプリンターがどんどん脱落していく。ああ、いかん。執筆をつづけないと……。

「D.C.〜ダ・カーポ〜」2003年7月5日放送 TVK 毎週土曜日 24時45分〜25時15分

 アニメ新番組。これは、わたしが見る作品じゃないな。

 2003/07/11 (Fri)

 晴れた、晴れた(午後から夕立になったけど)。しかも、ほとんど無風。実にもう気持ちよく走ることができた。毎日とは言わないから、月火木金だけ、こういう日になってくれないかな。でも、きょうはとんでも老人ふたりにひやりとさせられてしまった。

 ひとりは自転車の爺さん。蛇行しながら走っていて、わたしの自転車に横からぶつかってきた(多摩川ではなく、町なかで)。幸い腕が触れた程度ですんだが、ぶつかりながら、ただ「おうおうおう」とつぶやいているだけ。とにかく、まっすぐ走ることができない。できれば、自転車に乗らないほうがいいと思うよ。

 で、ふたりめが甲州街道の交差点にいたお婆さん。信号が青の間ずうっと交差点前で立ち止まっていて、赤になったら、いきなり渡りだした。この人は単独外出を控えたほうがいいと思う。

 2003/07/10 (Thu)

 また裏切られた。夜半だか早朝だかに降った雨で道路が濡れていたが、とりあえず降っていないし、予報も曇りということで多摩川に行こうとしたら、いつの間にか霧雨が降りだしている。あわてて中止し、室内走行に切り換え。長崎幼児殺人事件を報じるワイドショーを見ながら、ペダルを漕いだ。少年法改正による刑事罰対象年齢の引き下げは必要ないね。それよりも特例を追加すべきだと思う。誘拐殺人、無差別殺人等の凶悪犯罪に限り、年齢に関わらず刑事罰を適用するとすれば、この手の事件への対処は可能なはずである。こういう改正なら、諸手を挙げて賛成したい。

 ●USポスタル強い。

 ツール・ド・フランスはチームタイムトライアルがおこなわれ、ランス・アームストロング率いるUSポスタルが圧勝した。ふっふっふ、トレックがレースリーダーだぜ。やっぱ、ロードレーサーはトレックに限るよ(かなり暴論)。室内でしこしこ漕いでいる状態なんだけど。

「ダイバージェンス・イヴ」2003年7月4日放送 TVK 毎週金曜日 24時30分〜25時

 アニメ新番組。なんだ、この異様な乳は。すごい趣味だね。最初の感想は、それだけ。何がなんだか、ぜんぜんわからなかったから。

 2003/07/09 (Wed)

 きょうの午前中は本当に薄曇りだった。で、そういう日は当然のこととして、休自転車日。むりやり走ろうかとも思ったが、そういうことがぎっくり腰につながるので、強い意志で断念した。でも、午後、雑誌を買うついでに少し野川沿いを走ってきた(ママチャリでね)。あとは、いつもどおり、ずうっと執筆。きょうもネタらしいネタが生まれなかった。なんか、しばらくこういう日がつづくような気がするなあ。トホホ

 2003/07/08 (Tue)

 きょうの予報は薄曇り、降水確率10パーセントで日中は晴れ間も期待できそう。……だったが、やはり外れた。雨というほどではないが、少しぱらついている。しかし、これなら問題なしと判断し、5500で多摩川に向かった。結果はオーライ。ぱらついていた雨はすぐにやみ、いつもどおりの走行ができた。でも、帰ってきたら、けっこうまじな雨になってしまった。あぶないところである。日中の晴れ間っていう話はどこに行ったんだ?

 ●ネタはなし。

 ほとんど自発的缶詰状態という感じで原稿を書いている。ビデオの消化もたいして進んでいない。真面目な作家の日常というのは、極めて退屈なのである。腰が回復し、長時間にわたって椅子に腰かけていてもさほどつらくなくなったのがいいね。おかげで、気分転換のストレッチもほとんどしなくなってしまった。つまらない更新で、申し訳ない。

 2003/07/07 (Mon)

 午前中は曇りの天気予報だったが、例によって外れ、朝からばしゃばしゃと雨が降っていた。こりゃもう室内走行だね。ついでにBGTVで溜まっているアニメを少し消化しよう。というわけで、1時間ちょっと5500にまたがって3本ほど片づけた。その後、真面目に仕事をして、夜はツール。しかし22時からは「ER」に浮気。グリーン先生、早く奥さんに話したほうがいいよ。

 ●アニメ新番組。

 CSやTVKを中心に、いくつかアニメ新番組がはじまっているが、「なるたる」以外は、ぜんぜん見ていない。「なるたる」は特番の先行放送で2話まで見た。でも、展開テンポがゆったりしているので(悪い意味じゃないよ)、まだぴんときていない。キャラがあまり魅力的じゃないって感じである。せりふの語尾に「にょ」とか「にゃ」がつかないのも、ちょっとさびしい(思いっきり嘘)。

 ●昨夜のツール。

 すごい転倒だったなあ。最初に思ったのは「ランスは無事か?」であった。で、どうやらかすり傷ですんだらしい。他の選手のファンには申し訳ないが、トレック乗りのわたしとしては、何よりもまずランスである。これは譲れない。UPSのバイクジャージまで用意して、この日を待ったのだ(ちなみに、ジロのときはドミナ・ヴァカンツェのキャップとバンダナを用意していた)。5連覇してくれないと困るのである。

 2003/07/06 (Sun)

 ああ、眠い。しかし、きょうは25時前に終わってくれそうだから大丈夫(ツールの話ね。昨夜は26時半近くまで放送していた)。放送開始までにひたすら仕事をしよう。そう思ってがんばったが、とても眠い。途中でスーパーまでお使いに行ったりして、意識を保つ。でも、眠い。眠いまま、ツールがはじまり、1日が暮れていく。最悪であるな。トホホ。

 2003/07/05 (Sat)

 休自転車日は晴れるというのがジンクスになりそう。でも、これだけからっとしているとちょっとくやしいので、昼食後に野川サイクリングロードを二子玉川までフォールディングバイクでポタリングしてきた。片道約10Km、30分。行きは、まっすぐに進み、帰りはあちこち道の様子を確認しながら帰った(神金自転車商会にも寄ってきた)。野川ロード、工事中の場所がいくつかあるなあ。狭いのや車止めがたくさんあるのはいつも走っているため慣れているけど、工事はとてもいや。さっさと終わってほしい。陽射しが強かったので、陽焼け止めを腕、顔、足に塗っていき、帰宅してからシャワーを浴びた。まだ梅雨の真っ最中だけど、気分はもうって感じだね、うん。

 ●ツール・ド・フランス開幕。

 ついに、この日がきてしまった。おお、エッフェル塔の下からスタートしている。開幕までに××枚は書いておこうと心に決めていたのだが、まったく達成できていない。困ったものだ。深く反省しながら、観戦しよう。はじまってしまうものは、もうどうしようもないのだから(をいをい)。

「K-1 WORLD MAX2003 世界一決定トーナメント」2003年7月5日放送 TBSテレビ 19時〜20時54分

 いい試合ばかりだったなあ。ヘビー級は最近、負けない試合をやる人が増えてきた印象があるので、ミドル級のこういう活きのいい試合を見ると、爽快な気分を得ることができる。魔裟斗選手、リベンジおめでとう。将来は役者志望らしいけど、まだ引退はしないでね。

 2003/07/04 (Fri)

 どしゃ降りの雨が予報どおり朝までにあがり、起きたら薄日が少し射す曇り空になっていた。当然、この状態なら多摩川に行く。気温は低め。走りだしはちょっと肌寒い。でもって、帰宅し、午後になってからからりと晴れた。気温もかなりあがった。この気温で走るのはけっこうつらいね。やはり多摩川走行は朝に限るよ。

 ●サンケイスポーツの記事。

 本日付のサンケイスポーツに掲載されていた記事である。一読して爆笑してしまった。一部を引用しておく。文中の桑田とは、巨人の桑田投手のことである。

 -----
 左足首捻挫で二軍調整中の桑田の高級国産車が、車上荒らしにあっていたことが明らかになった。(中略)「世の中には心もとない人もいるね」と表情を曇らせていた。
 -----

 ひっくり返っちゃうね。談話は桑田投手のものということだが、「心もとない人」ってなんだよ。「心ない人」だろ。これ、本当に桑田投手がそう言ったのかなあ。記者が、完全に間違えて書いたような気がしてならない。仮に桑田投手がそう言っていたとしても、それを直して掲載するのが記者のつとめである。校正担当者だっているんだし、掲載されるまでに修正できない新聞社の体制そのものが問題だよ。ちょっとあきれてしまうミスであった。

 ●志位和夫委員長、発言撤回。

 きのう書いた自宅外禁酒令を日本共産党があっさりと撤回した。一瞬、体質があらわになったので、あわてたんだろうね。でも、もう遅い。衣の下の鎧は見えてしまった。口先だけの柔軟路線は、さっさとやめたほうがいいと思うよ。

 ●アニメ配信サイト。

 知り合いの会社が関係しているウェブアニメの配信情報が届いた。無料である。萌えキャラアニメではないが、興味ある人は視聴していただきたい。サイトはこちらである。

「成恵の世界 最終回」2003年6月28日放送 TVK 毎週土曜日 25時15分〜25時45分

 ほのぼのとした作品が、ほのぼのとしたリズムで、ほのぼのと終わってしまった。CSのアニメ専門チャンネルを見ていると、こういう感じの作品をたくさんやっている。でも、昨今の新作にはほとんどない。そういったレトロっぽいところが、けっこう受けたのかな。評判はなかなかよかったらしい。めでたい限りである。と、微妙な言いまわしで、この作品の評価はすませておく。ああ、やりにくい。最初から対象外にしておけばよかった。

 2003/07/03 (Thu)

 曇り。でも、ときどき陽射し。かなり涼しい。自転車で走るのには、これくらいの気候がいいね。陽焼け対策もそこそこでいいし、汗まみれになってしまうこともほとんどないから。でも、梅雨は早く明けてほしい。まじに。

 ●「笑っていいとも!」

 タモリさんの声がなかなか癒らない。がらがら声になってから、もう3日目くらいじゃないかな。「トリビアの泉」のゴールデンタイム移行に伴い、仕事も増えているので、かなり無理をされているのかもしれない。正直、あの声はけっこう気になる。早い回復を祈っておこう。

 ●日本共産党の体質。

 セクハラ問題で政策委員長を辞職させた共産党だが、つぎはこんな方針を打ちだした。産經新聞の7月3日付東京朝刊から、その記事を引用してみよう。

 -----
 共産党の志位和夫委員長は二日の記者会見で、筆坂秀世前政策委員長の女性へのセクハラ(性的嫌がらせ)問題について、セクハラ行為は個人的な酒席の場だったとした上で、「党幹部・本部職員が外部で酒席をもつことを禁ずる規則を徹底する」と述べ、不祥事再発防止のため今後は内規を厳格に適用していく考えを示した。

 志位氏によると、内規は党関係者の酒席でのトラブルをきっかけに約三十年前につくられたといい(1)外国からの賓客対応など公的なもの(2)届け出に基づく身内の忘年会-などは認めているが、党本部職員らが帰路に同僚と「ちょっと一杯」やるのは原則としてご法度だという。

「窮屈すぎるのではないか」との質問に、志位氏は「(社会通念に照らしても)問題はない」と反論していた。
 -----

 すごいね。勤務時間外に仕事仲間と居酒屋に行くのもだめって言っているんだよ。サンケイスポーツの記事には「届け出をして、許可をとる必要がある」という解説がついていた。届け出に許可だぜ。笑っちゃうなあ。要するに、セクハラはやめようと言ってもやめてくれないから、規則でがんじがらめにしてしまえっていうわけだ。いかにも共産党というやり方である。党幹部、職員の倫理観を高めて対処するのではなく、力で統制し、むりやり押さえつけていく。旧ソ連、中国、北朝鮮のそれを連想させる方針だ。共産主義者ってのは、本当にこういう方法が好きらしい。ふつうは個人の自由を認めた上で人間性を正していき、セクハラ行為そのものを根本的になくしてしまおうと考えるのだが、そういうまどろっこしい手段はとらない。一気に規制して自由行動を縛り、制限する。こういう党は、政権を奪ったら、きっと国民にもこういうやり方を押しつけてくるんだろうな。なにせ、それがこの党の体質なんだから。

 2003/07/02 (Wed)

 きれいに晴れたが、きょうは休自転車日。郵便物をとりに玄関からでた以外は、ほぼ完全に書斎にこもっていた。できれば、このまま梅雨が明けてほしいけど、そうはいかないみたい。せめて金曜日の午後までは降らないようにしてね。

 ●板橋漫画家刺殺事件。

 デジャビュって感じである。6月30日に放送された「ER VIII」のエピソードそのままだね。アビーは殴られただけだが、それ以外は、まるで模倣犯という印象を受けた。まさか、容疑者があれを見ていたってことないと思うんだけど、ちょっと心配。ERと無関係であることと、凶悪犯罪者の犠牲になられた方のご冥福を祈ろう。

「決定!日本代表ロボットコンテスト 青春奮闘記」2003年7月2日放送 NHK総合 20時〜20時45分

 大学生のチームがつくったロボットで、指定された競技を戦うコンテスト。今回は、8月24日にタイのバンコクで開催される「アジア・太平洋ロボットコンテスト」の日本予選である。競技は、バスケットにタクローボール(タイの球技のボール)を入れるというもの。単純なゲームだが、これがけっこう白熱するので、思わず手に汗を握ってしまう。やはり、接戦というのがいいね。燃えるよ。優勝したのは、初出場の愛知工科大学。本当に強かった。すばらしい。国際大会での活躍に期待したい。しかし、ベトナム(昨年の覇者)はむきになりすぎだぞ。こういうのにも、国民性がでてくるのが、ひじょうに興味深い。

 2003/07/01 (Tue)

 多摩川を走り、帰宅して昼食。その後、午後から雨になった。湿度が高くて、気分が悪い。しかも、眠い。でも、仕事をする。この調子だと、日本SF大会までヒッキーをつづけなくてはいけなような気がする。当然、ネタもない。ここしばらくの楽しみは、ツールだけなんだろうな。トホホである。

 ●膝痛。

 2、3日前、立ちあがろうとして、ほんの少し右膝をひねった。以来、膝生ゴムベルトをつけて生活している。自転車に乗るときは外すけど。片方だけにつけると、かばって反対側の膝も悪くなるので、両膝につけている。しかし、冬季と違い、いまはちょっとつらい。膝の裏にあせもができてしまう。ああ、痒い。液体ムヒを塗りながら、ベルトをつける。おかげで、かなりよくなってきた。今週いっぱいくらいで大丈夫かな。