Takachiho Notes

counter

2019/04/20 (Sat)

 腰痛のため、安静を継続中。原因はまだ不明だが、ぎっくり腰の場合はアイシングのあとは48時間、1ミリも動かない安静をおこなう。でも、どー考えても、それは無理。しかし、これをやっておかないと、ぎっくり腰なのか、そうではないのかが判別できない。とりあえず、ゆっくり動けばなんとか歩けるので、「そぉろり、そぉろり」とつぶやきながら、すり足で移動している。

 4月17日。

 ゆうパック待ちということで、サイクルウェアに着替えたものの、家からでられず、待機。補給を自宅ですませた直後、11時ちょい前に届いた。すぐに出撃。

undefined

 工事の様子を見るため、連光寺。まだ工事中だった。そのあと、いろは坂。補給はないのでいつものコース。しかし、途中でトイレに行きたくなり、セブンでストップ。スッキリしてから再スタート。

 水曜日なので、神金さんに寄ることもなく帰宅。走行距離は48.6キロ。気温があがるというのでヘルメットを替えてみたが、はっきりいってぜんぜん高くなかった。気温、がんばれ。

 4月18日。

 動物病院に行ったら、看板猫のポレちゃんが4月5日に老衰で亡くなっていた。享年19。合掌。

undefined

 4月19日。

 平成最後の南哲に行っておこうと思い立ち、9時半に出撃。ちょいと寄り道しながら尾根幹にでて、あと少しというところで、停止し、写真を撮るため自転車の位置を直そうとしたら、腰に電撃。あやうく崩れるように倒れるところを自転車で支え、再スタートした。ダンシングが痛いので、シッティングで南哲に到着。

undefined

 自転車をスタンドに引っかけるのに一苦労。ワイヤーロックするのも一苦労。腰、尻、脚が痛い。うどんを食べ終え、予定を変更してまっすぐ帰宅することにする。しかし、スタンドから降ろすのが痛い。走りだしてしまえば、まあなんとか。が、走りだしてすぐにサドルに違和感。ネジがゆるんでいた。停めて締め直し。

undefined

 あらためて走りだして、尾根幹から右折し、若葉台に向かうところでいきなりサドルがシートポストから外れて落下。まし締めしたときにサドル位置がずれてちゃんと締まっていなかったらしい。あわててダンシングして停止。腰が痛いけど、それどころじゃない。

 サドルとシートポストのやぐらパーツを拾って歩道へ。工具をとりだして、サドルをつけ直す。不自然な姿勢になるので、腰、痛い痛い。泣きそう。

 なんとか修復。ちょっと走ってファミマに入り、休憩。なんてー日だよ、まったく。よたよたと走って家に着き、超慎重に41号を室内に入れて、即アイシングを開始。サイクルジャージのバックポケットに保冷剤を入れると、位置がちょうどいい。尻も冷やすので、レーパンにも突っこんだ。走行距離は48.4キロ。アイシングのあとは安静状態に入る。

2019/04/16 (Tue)

 外が騒がしくて寝られません。

undefined

 選挙がはじまっております。しばし我慢を。

 できな~い。

 で、15日のところに書いたのだが、きょうは留守番を仰せつかったため、終日ヒッキー。快晴であたたかく、穏やかな1日だったんだけど。

 4月13日。

 シュワッチ!

undefined

 どっちかというと、倒された怪獣のほうですな。

 打首獄門。

 4月14日。

 打ち合わせなどをしてこようと思い、外出予定は皆無だったんだけど、神金さんへ。しかし、着いたら、シャッターが降りている。臨時休業じゃん。やむなく帰宅したら、わたしが行った数分後(13時)に開店したらしい。トホホ。

undefined

 というわけで、がっくりしつつ、夜はパリ・ルーベを視聴。

 4月15日。

 昨夜の雨で路面がまだ濡れていたし、晴れても強風って予報だったので、街道はあしたにするかなと思っていたが、奥さんに所用が発生し、火曜日は留守番をすることになった。なので、9時半に出撃。

undefined

 とりあえず、北風を帰りに食らいたくないということで、連光寺を5本くらいやってさっさと帰るかと思っていたが、連光寺、派手に工事中である。車線規制でむっちゃ走りにくい。

undefined

 仕方がないので予定を変更していろは坂を5本。きついよ。終わって補給し、しまむら坂を走って帰宅した。走行距離は35キロ。距離のわりに脚のダメージが大きく、帰宅後は右足土踏まずが攣りまくり。

 しかし、きのうのリベンジがあるので、着替えてMIYATAくんで神金さんへ。もろもろ打ち合わせをして家に戻り、パリ・ルーベのつづきを録画で視聴。ようやく結果がわかった。

2019/04/12 (Fri)

 あしたが今年に入ってからのベスト天気になるという予報だったので少し悩んだけど、土曜日なので、走りたくない。というわけで、出撃した。

 雨が降るかもということで、遠くへ行くのは避けて連光寺を3本。そのあと補給したら、雨降りそうにない感じがしたため、多摩センター駅方面などを周回。

undefined

 連光寺の桜、まだ写真の状態。今年の桜の季節は、めちゃ長いね。補給は久しぶりにパン以外のもの、からあげ弁当。走行距離は51.5キロ。雨は一滴も降らなかった。

undefined

 4月9日。

 強風予報だったが、あしたが本降りの雨になるらしいということで、強引に街道走行。連光寺走って、いろは坂を登って下って補給。で、いつものコースをまわり、三沢川へ。盛りはすぎていたが、ここはきょうもみごとな桜だった。

undefined

undefined

undefined

 神金さんに寄って帰宅。走行距離は45キロ。帰りの向かい風がきつかった。

 4月10日。

 NHKの「おはよう日本」で紹介され、釣られて買ってしまったペット用おもちゃのタワーオブ・トラックスが到着した。

 さっそく姫様の前に設置。

undefined

 ネットでは「夢中で遊んでいる」「1日で飽きた」と評価が分かれていたが、はたしてどうなるか? 刮目して続報を待て。

undefined

 天皇皇后両陛下に捧ぐ感謝の集いの生中継、山中教授のつぎが、北野武監督の祝辞だった。手に汗握ったよ。いきなりネタを3連発でかましたし、怖くて仕方がない。最後までネタをどんどん突っこんで終了。これって両陛下、聞かれていたのかなあ。

 4月11日。

 縁石につまずいて転んだ。てのひらを打撲。外傷はなし。立ちあがって、すぐにサイゼリアでランチ。お仕事もして、さっき帰宅。てのひらがピリピリと痛い。

undefined

 NHKの「きょうの健康」、きのうの放送は脊柱管狭窄症患者のセルフケアということで録画視聴。わたし、腰椎すべり症に伴う脊柱管狭窄患者だから。

 で、何をしろと言うかと思って見ていたら。「自転車に乗りましょう」。乗ってるわい!。

2019/04/08 (Mon)

 落差。

undefined

undefined

「ワンパンマン」の番宣総集編「マジ振り返り!」を録画で見た。ナレーターが戸田恵子さんだったところに本気を感じた。

 4月5日。

 暴風予報に負けた。でも、正午までに帰ってくれば大丈夫だったかも。というわけで、完全ヒッキー。しかも、パソコンに向かっていた時間の半分近く意識が朦朧だった。

 4月6日。

 金曜日が暴風で走れなかったので、土曜日走行しようかなと思い、だったら、桜とケーキだなということで、イタトマ行き決定。多摩センター通り、野猿街道、野猿峠を経て、イタトマに11時ジャスト到着。仲間のTさんと合流した。途中、けっこう桜の写真撮ったりしていたので、最後はちょっとあせった。

undefined

 写真は、いしわらばしの桜(通称、漬物屋桜)、大栗川の桜、そして、Tさんに案内してもらったレアスポット、兵衛川上流端。ここはジモティでないとわからないなあ。

undefined

 イタトマ、ケーキがまさかの30%引きだった。しかも、季節ものの桜ショートケーキと抹茶のケーキである。これでコーヒー付きで700円なのだ。御殿峠、野猿街道、尾根幹経由で神金さんに寄って帰宅した。走行距離は61キロ。桜の写真は野猿街道の熊野神社である。

undefined

undefined

 4月7日。

 ぱっくり忘れていて参加できなかった走行会、いつもより1時間早起きして、朝7時に調布飛行場前でお見送りだけしてきた。写真は大沢のココス前から桜のトンネルを抜けて、調布飛行場まで。この桜のトンネルはいつもながらすごいよ。

undefined

undefined

undefined

 午後は、応援団として所属しているレーシングチームの今期決起集会。武蔵小杉でやると言われ、遠いじゃんと思っていが、乗り換え案内で検索したら、意外に簡単に行けることが判明。スタートも17時半と早めのことから参加を決定した。

 武蔵小杉は50年ぶりである。法政大学は、ここにグラウンドを持っていて、体育の授業はここまでこないといけなかった。当時の記憶が、超遠い田舎だったのだ。

undefined

 バスで調布駅、京王線で稲田堤、徒歩でJRの稲田堤、南武線で武蔵小杉。着いたら、そこは記憶と完全に異なる別世界だった。どっちかといえば、シン・ゴジラの現場である。

undefined

 会場は、イタ飯系の店。チーズフォンデュ食べ放題。酒飲み放題。久しぶりにわたしも飲んだ。終わったのが21時で、帰宅し、風呂入って寝たのが零時半くらい。あしたは絶対につらいなと思いながら就寝した。

Home ← 古い記事

Mail to Takachiho