目黒での座学の前にやまめの堂城校長が神金さんに寄られ、わたしと神金さんのふたりだけが生徒となっての特別講義が開催された。超贅沢。細かいところまで、ひとつひとつ直接アドバイスしてもらえた。

undefined

 スポーツキッドで購入できる、校長愛用の魔法のサングラス、意外なところまで工夫が入っていた。これはふつーの眼鏡では、いくら調整しても対抗できないなあ。

undefined

 12月17日。

 自転車禁止期間が終わって、久しぶりに乗った。朝起きるまではローラー台で再開する気満々だったが、作業ミスを頻発させ、あっという間に午前中が消えてしまった。

 なので、やむなく午後、診療所や薬局にママチャリで行って自転車再開となった。でも、結果的にママチャリでよかったよ。心肺機能がガタ落ちで超しんどかったもん。今回は散歩もしなかったからなあ。

 12月18日。

 微熱のため、お台場のKEIRINグランプリ前夜祭出席を断念。絶対にきのう行った薬局の大混雑が怪しい。となりのおばさん、盛んに咳していたし。しんどいぜ。

 12月19日

 爺、風邪気味だったんですって?

undefined

 一晩寝倒して、なんとか回復しました。

 ダウンはやめて、毛皮を着なさい。

 髪の毛すらないんですよ。

undefined

 しっかりと寝て体調が戻った(らしい)ので、午後から41号で走行。午前中に原稿(夕刊フジのKEIRINグランプリ予想。今年も書きました)を執筆して送り、もう倒れても大丈夫って状況になったので。

 連光寺に行くも、タイムはここ数年のワースト。骨折したあと街道に戻ったときよりもひどいね。あんときは神金さんでズイフトしたりして慎重に復帰したからなあ。

 あと、予想よりも風が強かった。とりあえず、先日のやまめの学校で教わったことを意識してたらたらと走り、走行距離28キロで帰宅。

 とにかくブレーキングで右手中指が痛い。あと、シフトが厳しい(とくにシフトダウン)。Di2なのに。スプリンタースイッチがあってよかったよ。しかし、これでわかった。当分、ピストでローラー台にする。ピストにはブレーキレバーもシフトレバーもないから。年内はそれで脚を戻すことに専念するつもり。