雨の1日。当然だけど、終日ヒッキー

 息子が「茄子 スーツケースの渡り鳥」を見ていないというので、DVDを貸したら、内容について訊かれたが、まったく記憶になかった。なので、見直したら、内容をいっさい覚えていなかったことがわかった。いやあ、新鮮なアニメ作品だわあ

 LGBTが問題になり、いろいろと世間が騒がしい。でも、それらを読んでいると、意見がダブルスタンダードになっているものがなんか多いような気がする。

 LGBTとは何かを調べてみると、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字となっていた。このうちトランスジェンダーだけが、手術による性転換と戸籍変更が法的に認められている先天性の異常で、あとはみな性的嗜好である。レズの人が「わたしは女だけど女性しか愛せないのよ」と言う。だから、「女性同士の婚姻も正式に認めてほしい。社会保障も通常の婚姻と同等のものにしてほしい」と言われる。なら、ロリータの人が「わたしは幼い子供しか愛せない。だから、双方が愛し合っているときは婚姻を正式に認めてほしい。社会保障もつけてほしい」と言ってもいいよね。ていうか「わたしは猫しか愛せない。だから……以下略」でもいい。同じ性的嗜好なんだもん。これに対して「レズやホモはわかるけど、ロリータや動物愛は気持ち悪い、理解できない」と反応したら、それは差別ってことになる。これがダブルスタンダード。

 ネットでどなたかが指摘していたけど、「バイキング」で水田議員問題をとりあげたとき、直後にAIの3Dキャラと結婚式を挙げた話題をやって、それまで、さんざん水田議員を「差別だ」とか「理解できない」と言っていた坂上氏以下出演者がみな口々に「だめだろ、これ」とか「ありえない」と非難したということがあったらしい。まさしく典型的なダブルスタンダードである。しかし、これが問題になった形跡はない。フジテレビの社長も「一部にいきすぎた表現があった」とのコメントをだしたりしてはいない(と思う)。

 冷静に考えてみてほしい。「女だけど女性しか愛せない」「男だけど男性しか愛せない」「AIの3Dキャラしか愛せない」「2次元の美少女キャラしか愛せない」「ゲームのイケメンキャラしか愛せない」「猫しか愛せない」「犬しか愛せない」……全部同じじゃん。前者がオッケイなら、後者もオッケイだ。婚姻も、扶養家族登録も、遺産相続も、すべて了承してやれよ。そういう流れになる。性的嗜好を認めるって、そういうことじゃないかな。

 とにかく、わたしが言いたいことは「どんな意見を主張してもいいよ。でも、言うのに、ダブルスタンダードはやめてくれ」。これのみである。むかし、わたしの知り合いで、オートバイが好きすぎて、オートバイのカタログで抜いていたという人がいた(実話)。この人がオートバイと結婚式を挙げても、わたしは驚かないなあ(いや、驚く)。

 9月19日。

 姫様は誕生日が不明なので、仮想誕生日を9月19日と定めた。

undefined

 なので、きょうは姫様2歳の誕生日。人間に換算すると23歳となる。寝顔から見ても、たぶんそれくらいの年齢だろう。

 9月20日。

 不安定な天気だったので、ローラー台を100分

 脚が24時間痺れまくり状態になる前は120分とか、ふつーにやっていたんだけど、いまはこれが限界。ていうか、終わったいまはびりびりに痺れていて、かなり痛い。リミッターを80分に置いといたほうがいいみたい。