2020東京オリンピックのロードレースコースが発表されたので、スタート地点から尾根幹ルートまでをトレースして走ってきた。

undefined

 スタート地点は味スタのとなり、武蔵野の森公園である。そこから東八道路を経て、小金井街道を通り、甲州街道まで行く。渋滞、ひどい。

undefined

 府中街道に入り、パレードランが終わって正式スタートになる是政橋を渡る。新大丸交差点ををまっすぐ。最大勾配9%の坂を登って団地の脇を抜け、尾根幹に着く。稲城五中交差点を右折。弧を描いて尾根幹に戻ると、そこはくじら橋である。

undefined

undefined

 アニメ、ヒルクライムガールの舞台にもなった稲城中央公園を過ぎて上谷戸大橋手前で右折。うねうねうねと進んでまた尾根幹。長峰二丁目の丁字路を左折。で、今度は若葉台公園西で左折。このあとすぐに右折なのだが、できない。グリーンベルトがあるから。ここは、対向車線を逆走して右折しない限り、正確なトレースは不可能。なので、通りすぎ、つぎの信号でUターンした。

undefined

 しかし、なぜここで無理に右折させるんだろう。そのまままっすぐでいいんじゃないかと思う。入ってみてわかったが、ここ進んだら、団地の真ん中と住宅地を通るんだよ。保育園もあるし。どういう基準でコースにしたのかが理解できない。

undefined

 ま、それについては後述するとして、つづき。またもやうねうねと走って尾根幹に戻る。多摩東公園交差点を右折。聖ヶ丘四丁目で左折。ここ、道狭い。これも意味不明のまわり道

undefined

 大きくまわりこむように桜ケ丘公園横の道を抜けて多摩馬引沢でおなじみの道路、しまむら坂にでる。登って、またまたまたまた尾根幹。いやあ、どうして素直に尾根幹だけずうっと走ってこないんだろう。謎だ。

undefined

 二度目の多摩東公園交差点を右折。南豊ヶ丘フィールド交差点までは尾根幹走行である。コースはここで右折して多摩センター方面へと向かう。でも、わたしのトレース走行はここまで。足が痛い。ちょっと走って、止まって、降りて、写真撮って、またちょっと走るってのは、めっちゃしんどいね。わたしには本式のポタってのが向いていないのかな。

 帰路についた。きょうの停止時最高表示気温は42.2度。走行時最高表示気温は39度。2020年7月25日の気温はどうなるのだろう。ちなみに、わたしの走行距離はこの時点で40キロに及んでいない。選手はこのあと富士スピードウェイまでさらに200km以上走る。自転車選手ってたいへんだなあ。

 で、問題点だ。

 先にも書いたように、住宅街を通る。びっくりするくらい、完璧で静かな住宅街だ。団地の中も通る。わたしはポタペースだったが、足に覚えのあるレーサーが何人も(とくに土日)時速30~40キロで走り抜けたら、間違いなく住人から反発の声がでる。そう感じた。

 なので、この場で呼びかけておく。試しに走る人、まわりを見よう。そこが住宅街や団地の中だったら、減速しよう。できれば、時速20キロ以下を心がけよう。住人とおぼしき人がいたら、微笑んで挨拶しよう。子供には、よりいっそう注意を向けよう。そこはまだ、レース会場として封鎖されていない場所だ。

 オリンピックのコースが公表されたら、誰だって走ってみたくなる。これは、当然。でも、それはレースじゃないからタイムチャレンジする必要はまったくない。ゆっくり走るべきところはゆっくり走ろう。チームに所属している人は、チームメイトにも呼びかけてほしい。心からお願いする。

undefined

 走行の締めはきょうも神金さん。チェーンリングとバーテープの交換をしてもらった。バーテープは、いろいろあって、すごく複雑な巻き方になってしまった。しかし、おかげで、いい握り具合になった。つぎ試すのが楽しみである。

undefined

 8月9日。

 ご心配をおかけしましたが、姫様の右目、ほぼ治ったようです。

undefined

 あたくしは歴史に生まれた、歴史の姫よ。

 意味がわかりません

 8月8日。

 昨夜、姫様が今度は右目をしょぼしょぼされていたので、目薬をさしながらチェックしたら、目尻からまぶたにかけて打撲痕というか、すり傷が。

undefined

 狭いとこにもぐりこもうとしてぶつけたんですか?

 覚えていません。知りません

 ああ、記憶障害まで。

 ちゃうやろ!

undefined

 きょうは台風が近づいていたので、ローラー台に乗った。久しぶり。60分だけね。あと、税務署が消費増税に伴う軽減税率制度についての解説を送ってきた。読んだら、イートインコーナーのある店の説明なんか本当にこれでいいのかって状況である。どうするんだろう。